Intel 10nm Alder Lake-S 16コア/24スレッドデスクトップCPUの情報、1.4GHzで動作する初期エンジニアリングサンプル

Building on the foundation of the integrated Intel Iris Xe graphics in 11th Gen Intel Core mobile processors and based on the same Xe-LP microarchitecture, Intel Iris Xe MAX is the company’s first Xe-based discrete graphics processing unit (GPU). It addresses an emerging need for content creation performance in thin-and-light laptops. (Credit: Intel Corporation)

(Source:wccftech)

Intelの次世代AlderLake-SデスクトップCPUの最上位構成は、Geekbenchデータベースで発見されたばかりかもしれません。エントリはTUM_APISAKによって発見され、クロック速度は比較的遅いもののコア数とスレッド数が多い非常に初期のエンジニアリングサンプルです。

Intel Alder Lake-SデスクトップCPU、16コア/24スレッド、10nm Golden CoveとGracemont Coresをサポート

Intel第12世代Alder Lake-SデスクトップCPUのラインナップは同じチップ上にGolden CoveとGracemont Cores両方のコアのミックスマッチをフィーチャーします。発見されたこの特定の構成は、合計16コアと24スレッドを特徴としています。コアの実際のパーティション分割は、16スレッドの8つのGolden Coveコアと、8スレッドの8つのGracemontコアで構成されています。

Geekbenchが言及しているその他の詳細は、チップが「Genuine Intel Family 6 Model 151 Stepping 0」の一部であるということです。Intel Alder Lake-S CPUは1.40GHzのクロック速度を備えているようですが、ここではクロック速度が誤って検出され、最大クロック速度が17.6GHzと報告されているようです。CPUは、30MBのL3キャッシュと12.5MBのL2キャッシュも備えています。チップは、LGA1700ソケットマザーボードで構成され16GBのメモリを搭載した内部Intel Alder Lake-S ADP-S DDR4 CRBプラットフォームでテストされましたが、現時点ではメモリがDDR4かDDR5かは確認できていません。

パフォーマンスに移ると、これはクロック速度が非常に遅い初期のESチップであることを考えると、Intel Rocket LakeデスクトップCPUはシングルコアで996ポイント、マルチコアベンチで6931ポイントを獲得しました。これはわくわくすることではありませんが、クロック速度を考慮すると、予想されていました。最終的なチップが発売間近に表示されると、パフォーマンスが大幅に向上するはずですが、現時点でわかるのは、Intelが2021年後半に発売に向けて第12世代コアファミリの準備を開始したことだけです。

次世代のAlderLakeCPUファミリーについて

Alder Lake CPUは、10nmプロセスノードを搭載した最初のデスクトッププロセッサフ​​ァミリになるだけでなく、新しい設計手法も搭載する予定です。これまでのところ、IntelはさまざまなIPに基づくCPUコアを組み合わせて含めることを計画しています。Alder Lake CPUには、標準の高性能「Cove」コアと、小型でありながら効率的な「Atom」コアが付属します。このbig.SMALL設計手法は、しばらくの間スマートフォンに組み込まれていますが、高性能セグメントで実際に動作するのはAlder Lakeが初めてです。

IntelがAlder Lake CPUに利用する予定の「Cove」または「Atom」アーキテクチャの世代の詳細はありませんが、それらのロードマップは、2021年までにGolden CoveおよびGracemontアーキテクチャが利用可能になることを示しています。これらのコアは、最初はデスクトップCPUプラットフォームで動作しますが、Lakefieldの後継でも使用されます。Alder Lake SKUのさまざまな構成について詳しくは、こちらとこちらをご覧ください。以下は、Intelの2021アーキテクチャラインナップから期待できるアップデートの一部です。

インテルGolden Cove(コア)アーキテクチャ

  • シングルスレッドパフォーマンス(IPC)の向上
  • 人工知能(AI)のパフォーマンスを向上させる
  • ネットワーク/ 5Gのパフォーマンスを向上させる
  • 強化されたセキュリティ機能

Intel Gracemont(Atom)アーキテクチャ

  • シングルスレッドパフォーマンス(IPC)の向上
  • 周波数の改善(クロック速度)
  • ベクトルのパフォーマンスを向上

CPUに加えて、LGA 1700プラットフォームは、DDR5メモリ、PCIe 5.0、新しいThunderbolt / WiFi機能のサポートなど、最新のまったく新しいI / O技術を備えていると言われています。いくつかのSOCが同様のコア階層を備えているのを見てきたので、チップ設計の方法論は新しいものではありませんが、高性能デスクトップCPUラインナップで同様の外出を見るのは間違いなく興味深いものです。

Intel Desktop CPU Generations Comparison

Intel CPU FamilyProcessor ProcessProcessors Cores (Max)TDPsPlatform ChipsetPlatformMemory SupportPCIe SupportLaunch
Sandy Bridge (2nd Gen)32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge (3rd Gen)22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell (4th Gen)22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell (5th Gen)14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake (6th Gen)14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02015
Kaby Lake (7th Gen)14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake (8th Gen)14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake (9th Gen)14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake (10th Gen)14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake (11th Gen)14nm8/16TBA500-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02021
Alder Lake (12th Gen)10nm?16/24?TBA600 Series?LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2021
Meteor Lake (13th Gen)7nm?TBATBA700 Series?LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2022?
Lunar Lake (14th Gen)TBATBATBA800 Series?TBADDR5PCIe Gen 5.0?2023?