Intel 第11世代 Rocket Lake-S CPUラインナップ仕様リーク、フラッグシップi9-11900Kは8コアで5.3 GHzブースト、最大250W

(Source:wccftech)

Intelの第11世代デスクトップCPUラインナップ(コードネームRocket Lake-S)は来年発売され、4つのモデルの仕様が早い段階でリークされています。この情報は、DavidbepoによってTwitterに投稿され、Harukaze5719によって有用なチャートになり、新しいCPUの仕様を確認できます。

Intel 第11世代 Rocket Lake-S CPUラインナップ仕様リーク、フラッグシップi9-11900Kは8コアで5.3 GHzブースト、最大250W

Intel Rocket Lake-SデスクトップCPUのラインナップには、新しいCypress Coveコアが搭載されます。これらのチップのパフォーマンスはすでに得られています。これらのチップの仕様は以下に詳述されています(@OneRaichuによる仕様)。

Intel 11th Gen Rocket Lake Desktop CPU Lineup Specs(予想)

CPU NameCores / ThreadsBase ClockBoost Clock (1-Core)Boost Clock (All-Core)CacheTDP (PL1)
Core i9-11900K8/163.50 GHz5.30 GHz4.8 GHz16 MB125W
Core i7-11700K8/16TBC5.00 GHz4.6 GHz16 MB125W
Core i5-11600K6/12TBC4.90 GHz4.7 GHz12 MB125W
Core i5-114006/12TBC4.40 GHz4.2 GHz12 MB65W

Intel Core i9-11900K8コアおよび16スレッドの仕様

Intel Core i9-11900Kは、フラッグシップの第11世代RocketLakeデスクトップCPUになります。このチップは、8コアと16スレッドを備えています。これにより、16 MBのL3キャッシュ(コアあたり2 MB)と4 MBのL2キャッシュ(コアあたり512 KB)になります。ブーストクロックに関しては、CPUが3.5 GHzの基本周波数で動作していることをすでに確認していますが、ブーストに関しては、CPUは5.2 GHz(1コア)の最大ブーストクロックを備え、全コアブースト周波数は4.8GHzです。また、最大クロック周波数で100MHzのジャンプを実現するThermal Velocity Boostも備えています。これにより、5.3 GHzのシングルコアブーストクロックが実現できます。標準の仕様で高周波数に到達した最初のCPUになります。ただし、Cypress Coveコアの使用に関係なく、Core i9-11900KはIntel Core i9-10900Kよりも低いコアとスレッドを備えていることを忘れないでください。これは部分的に、洗練された14nmプロセスノードでのCypress Coveのバックポートによるものです。CPUは、フラッグシップIntel SKUの標準である125Wの第1ステージの電力制限を備えていると言われ、第2ステージの電力制限またはPL2の定格は250Wです。これは、アドバタイズされた最大クロック速度に達したときに、CPUが実際にPSUから上記の消費電力を引き出し、これまでに製造された中で最も電力を消費する8コアチップの1つになる可能性があります。これは、Intelが第11世代のラインナップで10コアと20スレッドを採用しなかった理由も説明している可能性があります。250Wの電力制限を超えてもチップが壊れて電力を消費するモンスターであることが判明したためです。

Intel Core i7-11700K8コアおよび16スレッドの仕様

Core i7に移行すると、IntelはCore i9より下の層でコア/スレッド数をセグメント化しないことがわかります。Core i7-11700Kは、Core i9-11900Kと同じコア構成を備えていますが、クロック速度が低下しています。このチップは、シングルで5.0 GHz、8コアすべてで4.6GHzのブーストクロックを備えていると言われています。CPUは同じ量のキャッシュを保持するため、何も変更されていませんが、主な違いはクロックと電力制限にあるはずです。このビンの小さいチップは、約225〜250 W(PL2)の制限になりますが、PL1の制限は125Wで標準になります。

Core i9チップとCore i7チップのわずかな違いは小さなオーバークロックで克服できるため、Rocket Lake CPUがどのようにオーバークロックするかを見るのは興味深いでしょう。価格については、Core i7はCore i9よりも安価ですが、Intelが8コアのRocket Lake-SデスクトップCPUの価格をどのように設定するかはまだわかりません。IntelがCore i9で約USD$400、Core i7でUSD$300のチップを積極的に価格設定する可能性があるという報告があります。これは、AMDのZen3ベースの部品にUSD$500未満で対抗したい場合に大きな決断になる可能性があります。

Intel Core i5-11600K 6コアおよび12スレッドの仕様

Core i5-11600Kは、12スレッドの6コアチップです。Core i5-11600Kは、驚異的なCPUであるAMD Ryzen 5 5600Xに対抗する必要があります。Core i5-11600Kは、シングルで4.9 GHz、すべてのコアで4.7GHzのクロック速度を備えていると言われています。TVBはCore i9モデルより下のSKUでは使用できないため、Core i7およびCore i5 SKUで周波数制限が拡張されることは期待できません。このチップは、12MBのL3キャッシュと3MBのL2キャッシュを備えています。現在、AMD Ryzen 5 5600Xに対するこのCPUは、価格に対するパフォーマンスのみです。USD$299の希望小売価格のRyzen 5 5600Xは、前モデルと比較すると、価格がわずかに高くなりました。Core i5-11600Kは、小売価格が約USD$260のCore i5-10600Kに代わります。

Intelが既存の価格戦略に固執すれば、Core i5-11600Kは確かに主流のゲーム市場で売れ筋のチップになる可能性があります。そうは言っても、Core i5-11600Kの可用性も考慮に入れる必要があります。技術的には、主流のSKUは、Ryzen 5 5600Xの場合のように供給の問題の影響をあまり受けませんが、在庫がわずかに遅れると、IntelがAMDのRyzen 5セグメントにへこみを作る機会を逃す可能性があります。消費者は、AMDがRyzen 5 3600Xの後継機として提供したものをすでに見てきたので、今度はCore i5-10600Kの後継機で何ができるかを見極めたいところです。

Intel Core i5-11400 6コアおよび12スレッドの仕様

OCの無い、第11世代RocketLakeデスクトップCPUであるCore i5-11400があります。Core i5-11400自体は、Core i5-11600Kと同様のコア構成を備えた6コアおよび12スレッドのチップですが、クロック速度は4.4 GHz(1コアブースト)および4.2 GHz(全コアブースト)と低くなります。このチップは、標準の65W PL1および125W PL2の電力制限を備えています。CPUは技術的にオーバークロックをサポートしていませんが、マザーボードベンダーは、Rocket Lakeチップの非K SKUの電力制限を引き上げるためのBIOSに機能を組み込んでいます。これにより、より高いベースとより安定したブースト周波数が得られます。したがって、全体として、KシリーズのSKUと同様のパフォーマンスを低価格で実現できます。

第11世代Rocket LakeデスクトップCPUについて

IntelのRocket Lake-SデスクトップCPUプラットフォームは、LGA 1200ソケットのサポートを特徴としています。400シリーズのマザーボードの一部では利用可能になるようですが、Intel Rocket Lake-Sプロセッサは500シリーズマザーボードと同時に発売されハイエンドSKUは500シリーズの利用を推奨されるようです。特にPCIe Gen 4.0がZ490の卓越した機能であることを考えると、LGA 1200マザーボードがRocket Lake-S CPUをサポートすることが確認されています。 Rocket Lake-SデスクトップCPUを使用した場合にのみ有効になるマザーボードです。

IntelのRocket LakeデスクトップCPUの主な機能

  • 新しいプロセッサコアアーキテクチャによるパフォーマンスの向上
  • 新しいXeグラフィックアーキテクチャ
  • DDR4速度の向上
  • CPU PCIe 4.0レーン
  • 拡張ディスプレイ(統合HDMI 2.0、HBR3)
  • x4 CPU PCIeレーンを追加=合計20個のCPU PCIe 4.0レーン
  • 拡張メディア(12ビットAV1 / HVEC、E2E圧縮)
  • CPU接続ストレージまたはIntel Optaneメモリ
  • 新しいオーバークロック機能と機能
  • USBオーディオオフロード
  • 統合されたCNViとWireless-AX
  • 統合USB 3.2 Gen 2×2(20G)
  • 2.5GbイーサネットディスクリートLAN
  • DIscrete Intel Thunderbolt 4(USB4準拠)

Rocket Lake CPUのアーキテクチャは、Sunny Cove設計とWillow Cove設計のハイブリッドであると言われていますが、Xe Gen 12 GPUアーキテクチャが特徴です。また、Thunderbolt 4.0をサポートするZ590マザーボードシリーズは今年後半に発表される予定であり、Intelが第11世代のTiger Lakeモビリティファミリーをリリースしたら、Rocket LakeのCPUに関する詳細情報が続々出てくるでしょう。