AMD Radeon RX6900XTフラッグシップBigNavi GPUベンチマークが再びリーク、GeForce RTX3090とほぼ同じ速さでUSD$500安価

(Source:wccftech)

AMD Radeon RX 6900XTグラフィックカードの「フラッグシップBigNavi GPU」ベンチマークは、TUM_APISAKによってAshes of the Singularityデータベース内で発見されました。12月8日に発売されるグラフィックスカードは、フルファットのBig Navi GPU構成を備えており、NVIDIAのGeForce RTX3090に比べてUSD$500安価に販売され競争します。

AMD Radeon RX6900XTフラッグシップBigNavi GPUベンチマークが再びリーク、GeForce RTX3090とほぼ同じ速さでUSD$500安価

AMD Radeon RX 6900 XTは、レッドチームがこれまでに製造した中で最速のGPUです。これは超コアユーザーセグメントを対象としており、NVIDIAの主力製品であるGeForce RTX 3090と直接競合しています。スペックが大きく異なることを除けば、両方のカードの主な違いは、RX 6900XTの価格がUSD$999であるのに対し、GeForce RTX3090はUSD$1499です。これらは公式のMSRPであり、AMDおよびNVIDIA GPUに影響するすべての供給の問題を考えると、これらの価格でカードを見つけるのは困難であり、グラフィックカードを見つけることができたとしてもです。しかし、AMDはRTX 3090に比べて価格面で有利なので、すべてパフォーマンスに影響するはずです。

AMD Radeon RX 6900 XT AOTS Benchmark Result (Image Credits: Videocardz)

Ashes of the Singularityベンチマークは、Core i7-8700KCPUと32GBのDDR4メモリを搭載したAMD Radeon RX6900XTでテストされました。Crazyプリセットが選択され、1080pの解像度が使用されました。これはGPUに負担をかけるものではありませんが、それにもかかわらず、RX6900XTのスコアは102.1FPSでした。RTX 3090は、わずかに高い105.4FPSを記録しました。これは、RTX3090がRX6900 XTより3.33%高速であることを示しています。RX6800XTは、102.0 FPSでも同じパフォーマンスを提供することが示されています。これは、ベンチマークが1080pでこれらのカードを十分に活用していないことを意味している可能性があります。ここでは、RX6800やRTX3070などの下位層のカードのみが大きな違いを示しています。

AMD Radeon RX 6900 XT Ashes of The Singularity Benchmark Comparison

Graphics CardOverall Score (Crazy 1080p Preset)Average FPS
NVIDIA GeForce RTX 309010400105.4
NVIDIA GeForce RTX 308010300104
AMD Radeon RX 6900 XT10100102.1
AMD Radeon RX 6800 XT10100102

RTX3090とRX6900XTの両方に独自の利点があります。いくつか例を挙げると、RX6900XTは、より高い効率とより優れたラスタライズパフォーマンスを提供し、より高いフレームレートを実現するのに役立つInfinity CacheとSAMのサポートが付属しています。一方、NVIDIAのGeForce RTX 3090は、非常識なコンテンツ作成パフォーマンス、24 GBのGDDR6Xメモリ(RX 6900XTの16GBに対して8GB多い)を提供し、より高速で見栄えの良いレイトレーシング効果を備えています。そのため、AMD Radeon RX6900XTは、より高い解像度でRTX3090より快適であることのようです。これは1つのタイトルにすぎません。RX6800XTは、RTX 3080より快適で、RTX3090に限りなく近いものであることがわかりました。

AMD Radeon RX 6900XT「BigNavi21XT」GPU搭載16GBグラフィックスカード

AMD Radeon RX 6900 XTには、80個のコンピューティングユニットまたは5120個のSPを備えた完全に有効化されたダイであるNavi 21 XTXGPUが同梱されます。このカードは、256ビットバスインターフェイス全体で16 GBのGDDR6メモリ、512 GB / sの合計帯域幅、およびリファレンス仕様で2015MHzベースと2250MHzブーストのクロック速度も備えています。グラフィックカードでレイトレーシングを有効にするための80個のレイアクセラレータもあります。グラフィックカードは、300WのベースTBPを備え、工場でオーバークロックされたモデルは350Wを超えています。

標準メモリに加えて、Radeon RX 6900XTグラフィックカードはGPUダイに128MBのインフィニティキャッシュも備えています。キャッシュは、1080pHDを超える解像度でより高いパフォーマンスを実現するために帯域幅を増やすのに役立ちます。128 MB Infinity Cacheは、標準の512 GB / s帯域幅を3.25倍にブーストし、すべてのBig NaviGPUベースのグラフィックカードで最大1.664TB / sの実効帯域幅を提供します。