.

NVIDIA Ampere GeForce RTX 30 GPUの莫大な不足は1億7500万ドル相当を暗号マイナーに販売した事が要因?!

(Source:wccftech)

先月発売されたAmpere GPUアーキテクチャに基づくNVIDIAのGeForce RTX 30シリーズグラフィックスカードは、販売以来供給が不足しています。金融アナリストからの報告によると、NVIDIAはゲーム用Ampere GPUの大部分を鉱山労働者に販売しており、これにより莫大な不足になり2021年まで適切な小売供給が見込めないようです。

NVIDIA Ampere GeForce RTX 30 GPUの莫大な不足は1億7500万ドル相当を暗号マイナーに販売した事が要因?!

RBC Captial Markets and Barronsの金融アナリストによると、NVIDIAはAmpere GPUを利用して少なくとも1億7500万ドル相当のGeForceRTX30グラフィックスカードを鉱山労働者に直接販売したと推定されています。NVIDIAは、21年度第3四半期の収益レポートで、ゲームセグメントが前年比で37%と非常に力強い成長を遂げたと報告しました。同社はゲームセグメントだけで22.7億ドルの収益を上げました。つまり、マイニング収益を差し引くと、実際にはゲーミングから21億ドルの収益を上げましたが、NVIDIAはゲーミングセグメント内のマイニング売上を報告しています。ゲームだけで21億ドルの収益があり、それでも次の四半期でNVIDIAの収益セグメントのトップになります。ただし、1億7500万ドルは少額ではなく、ゲーム専用のGeForce RTX 30 GPUシリーズの大部分が鉱山労働者の購入により売り切れたことになります。Bitcoin.comがEthereumV2.0が間もなく登場することを示唆しているため、鉱業コミュニティからの需要が高まっており、より効率的なハードウェアに対する需要が高まっています。GeForce RTX 30シリーズの発売前に、マイニングセグメントの復活が見られ、グラフィックカードの需要が高まり、今日私たちが目撃している不足が続くと以前は推測されていました。NVIDIAが鉱山労働者に直接販売しているのは、消費者市場の甚大な不足が原因である可能性があります。これはまた、NVIDIAがGeForce RTX 30 GPUのより良い発売供給を持っていた可能性があることを示唆しています。


NVIDIAのCEO Jensen Huangは、来年には通常の状態に復帰する事を示唆していたものの、CFOが最近、供給が需要に追いつくまでにさらに数か月かかると述べています。全体として、NVIDIAとAMDの両方が次世代GPUの巨大な需要を過小評価していたため、今のところゲーマーにとって本当に残念な状況です。一部の販売サイトでは、注文したゲーマーには、2021年2月までの出荷日が表示されています。

NVIDIAとAMDは、より多くの在庫を確立するために時間をかけることができましたが、可用性の点で最悪のグラフィックカード発売の1つのリカバリに取り組む手段として、「前例のない需要」に遅れをとっています。新しいグラフィックカードで最新のゲームタイトルを楽しみたいだけの世界中のゲーマーにとって、2021年がより良いスタートを切ることができることを願っています。