Futuremarkが3DMarkDirectXレイトレーシングベンチマークを発表、次世代AMD RDNA2およびNVIDIAAmpereGPUの純粋なレイトレーシングパフォーマンスを評価

(Source:wccftech)

Futuremarkは、ユーザーが次世代のNVIDIAAmpereおよびAMDRDNA2ベースのGPUの純粋なレイトレーシングパフォーマンスを評価できる3DMarkDirectXレイトレーシングテストのリリースを発表しました。このベンチマークにより、ハードウェアアクセラレーションによるレイトレーシンググラフィックカードを使用しているユーザーは、自分のPCが他の製品と比較してどれだけ速いかを把握できます。

Futuremarkが次世代NVIDIAおよびAMDハードウェアアクセラレーションRTGPU向けの3DMarkDirectXレイトレースベンチマークを発表

Futuremarkによると、本日のリリースは、リアルタイムレイトレーシングに関するNVIDIAの独占の終わりを示し、ハードウェアアクセラレーションによるレイトレーシング対応グラフィックスを使用するユーザーがPCのパフォーマンスを実行およびベンチマークできるようにします。ベンチマークは、レイトレーシングを制限要因にするように特別に設計されているため、従来のレンダリング手法を使用するのではなく、完全にレイトレーシングされ、1回のパスで描画されるシーンを特徴としています。

3DMarkDirectXレイトレーシング機能テスト

リアルタイムのレイトレーシングは非常に要求が厳しいものです。最新のグラフィックカードには、レイトレーシング操作用に最適化された専用ハードウェアがあります。GPUパフォーマンスの進歩にもかかわらず、ゲームがレイトレーシングだけに依存するにはまだ需要が高すぎます。これが、ゲームがレイトレーシングを使用して従来のレンダリング手法を補完する理由です。

3DMark DirectXレイトレーシングベンチマーク機能テストは、レイトレーシングを制限要因にするように設計されています。従来のレンダリングに依存する代わりに、シーン全体がレイトレーシングされ、1回のパスで描画されます。

テストの結果は、レイトレーシングのパフォーマンスに完全に依存します。

従来のレンダリングと比較して、レイトレーシングは、光がカメラの開口部とどのように相互作用するかをより正確にモデル化できます。

この機能テストでは、被写界深度効果をシミュレートするために、カメラの光線が小さなランダムオフセットで視野全体をトレースされます。フレームレートは、各ピクセルの設定された数のサンプルをトレースしてシェーディングし、結果を前のサンプルと組み合わせて、出力を画面に表示するのにかかる時間によって決まります。サンプル数を変更して、パフォーマンスと視覚的品質にどのように影響するかを確認できます。

テストの結果は、1秒あたりのフレーム数のインタラクティブモードでの平均フレームレートです。

インタラクティブモード

テストには、シーン内を自由に移動してスクリーンショットを撮ることができるインタラクティブモードが含まれています。カメラのフォーカスポイントと絞りを制御して、レイトレーシングを使用してさまざまな被写界深度効果を調べることができます。

3DMark DirectXレイトレーシングベンチマーク(v2.15.7078)現在入手可能

3DMarkDirectXレイトレーシング機能テストが利用可能になりました。テストを実行するには、2020年5月の更新(バージョン2004)を備えたWindows 10、64ビット、およびDirectXレイトレーシングTier1.1をサポートするドライバーを備えたグラフィックカードが必要です。

2019年1月8日より前に3DMarkを購入した場合は、アップグレードして最新のレイトレーシングテストのロックを解除する必要があります。3DMarkポートロイヤルアップグレードDLCは、ポートロイヤル、DirectXレイトレーシング機能テスト、およびNVIDIADLSS機能テストを追加します。3DMarkのアップデートとアップグレードの詳細については、 こちらをご覧ください。