AMDBigNavi「RadeonRX6000」グラフィックスカードは、Infinity Cacheを搭載し帯域幅を支援

(Source:wccftech)

Big NaviGPUベースのRadeonRX 6900XTを含むAMDの次世代RDNA2ベースのグラフィックスカードは、InfinityCacheとして知られる新しいテクノロジーを備えている可能性があります。この技術はしばらくの間は、ほんの噂でしかありませんでした。Videocardzは、次のRadeon RX6000シリーズカードでのInfinityCache実装に関する確認情報を入手したようです。

AMD Radeon RX6000シリーズ「RDNA2」グラフィックスカードはInfinityCacheテクノロジーを搭載?!

Infinity Cacheに関する憶測は、Radeon RX6000シリーズのラインナップの最初の仕様が漏れ始めた少し前に始まりました。RedGamingTechは、AMDが新しいInfinity Cacheテクノロジーを導入して、RX 6000シリーズが採用すると予想されるより小さなバスインターフェイスを前提として、帯域幅を支援できると推測しました。Videocardzは、RDNA 2 GPUで利用可能な、より小型で高速なキャッシュの確認を受け取っただけでなく、数日前に登録されたテクノロジーの商標も見つけました。AMDのInfinityキャッシュは、GPUに高い帯域幅を送り出すのに役立つ可能性が高いため、競合製品と比較してバスインターフェイスと標準メモリ帯域幅が小さいため、GPUが実質的に不足することはありません。

AMDのフラッグシップである噂のRadeonRX 6900 XTは、BigNaviの「Navi21」GPUを搭載する予定で、256ビットのバスインターフェイスを採用していると言われています。このカードは、512 GB / sの合計帯域幅を提供する16Gbpsメモリダイを利用できます。比較のために、NVIDIA GA102 GPUは、384ビットバスインターフェイス全体で最大19.5 Gbpsのダイを備え、1 TB / sに近い帯域幅を提供します。AMDのBigNavi GPUの規模を考えると、512 GB / sでは不十分かもしれませんが、製造コストを大幅に節約できます。同時に、Infinity Cacheの形式のセカンダリキャッシュは、ゲームのパフォーマンスと高解像度ゲームのプロフェッショナルアプリケーションを活用する、さらに高い帯域幅を支援するのに役立ちます。この技術は有望であり、楽しみなものです。発売前にAmpereカード(トラバーサルコプロセッサー)の新しい技術の噂も聞いたため、それが本物かどうかを待つ必要があります。

AMDは、10月28日にRadeon RX6000シリーズグラフィックスカードファミリを正式に発表します。2020年の後半は、最高のハードウェアでPCをアップグレードすることを楽しみにしているすべてのハードウェア愛好家や主流のPCゲーマーにとって間違いなく素敵な時期になるでしょう。