AMD Radeon RX 6000 ‘Big Navi’グラフィックスカード(写真)、Samsungの16 GB GDDR6メモリと256ビットバスを備えた初期テストボード

(Source:wccftech)

AMDの今後のRadeon RX 6000シリーズグラフィックスカードを初めて見た可能性のある最初の写真が、(@ Avery78を介して)Bililibiliからオンラインでリークされました。この画像は、AMDの愛好家クラスのグラフィックスカードにも利用される次世代RDNA 2 GPUを備えた初期のテストボードを示しています。

写真のAMD Radeon RX 6000グラフィックスカードは、初期テストボード、16 GB GDDR6メモリ、256ビットバスを搭載すると噂

リーカーによると、写真は、赤いチームが10月28日に発表する予定の多くのAMD RDNA 2ベースのRadeon RX 6000シリーズグラフィックスカードの1つのテストボードです。グラフィックスカードには標準の長方形のPCBが付属しており、これが初期のテストボードであることを考えると、最終的な製品版は大きく異なります。そうは言っても、いくつかの詳細が述べられているので、PCBが提供する必要があるものをより深く見てみましょう。

この特定のPCBはBig Navi “RDNA 2” GPUを備えていると述べられています。特定のSKUについては言及されていませんが、ボードには「XT」ラベルが付いているため、クーラーの下にあるGPUダイ全体を見ている可能性があります。PCBの背面が描かれているので、GDDR6メモリのPCBマーキングをはっきりと見ることができます。AMDのBig Navi GPUがHBM2eメモリを利用できるという噂がありましたが、これはそうではないようです。256ビットバスインターフェイスに搭載されている16 GB GDDR6メモリを使用しているようです。3 + 3 + 2レイアウトでは、PCBの前面に合計8つのGDDR6ダイがあることになります。

これはまた、カードのプロ仕様の製品は、最大32 GBのメモリを備えた両面メモリを搭載できることになります。256ビットバスは、AMDがバスの数を12に減らす予定がない限り、Radeon RX 6000シリーズのラインナップ内に大きく異なるコア構成の2つの16 GBモデル、または16 GBと8 GBオプションを搭載することになりそうです。両面メモリを使用せずに16 GBの容量を実現するために、AMDは2018年の初めから生産されており、最大16 Gbpsの速度を達成できる16Gbダイを採用する予定です。16 Gbpsのメモリ速度は、この特定のカードに512 GB /秒の帯域幅を提供します。ただし、これはまだテストボードであり、最終バージョンでは異なるメモリ仕様の異なるPCBが提供される可能性があるため、仕様はまだ確定ではありません。カードの他の興味深い詳細には、GPU LEDを示すLEDが含まれます。これは、以前にいくつかのハイエンドRadeon RXグラフィックスカードで採用されていたGPU Tachの一部であり、GPUにかかる負荷の量を示す負荷メーターとして機能します。テスト環境で診断を実行するための特定のコネクターもあります。

冷却に関しては、NVIDIAとAMDの両方のテストボードでよく見られる反転型タワーヒートシンクを見ることができます。ヒートシンクは、両側にファンが付いた大きなアルミニウムフィンブロックと、GPU自体に接続されているいくつかのヒートシンクを備えています。

AMDのRDNA 2ベースのRadeon RX Navi 2XデスクトップGPUについて

AMD RDNA 2ベースのRadeon RX Navi 2XのグラフィックスカードファミリもRyzenは、CPU全体の景観をこれまで以上に期待されている4Kゲームセグメントを破壊することが喧伝されています。これはAMD自身からのかなり大胆な主張ですが、リークや噂は、これがAMDの次世代Radeon RXグラフィックスカードの場合に当てはまる可能性があります。

AMDは、RDNA 2 GPUがZen 1を超えるZen 2のような第1世代RDNA GPUと同様のパフォーマンスを提供することを発表しました。 RDNA 1で同じことを行うと、ワットあたりのパフォーマンスがさらに50%向上します。

AMDが共有するロードマップによれば、RDNA 2 GPUは、新しいGPUアーキテクチャの一部となる3つの主要な機能を備えています。何よりもまず、ワットあたりのパフォーマンスの向上は、いくつかの理由によるものです。AMDはTSMCの7nmプロセスからより高度な7nmプロセスノードに移行します。新しいプロセスノード自体は、新しいGPUのトランジスタ効率を向上させながら全体のサイズを縮小し、AMDがより小さなパッケージでより多くのパフォーマンスを詰め込むことを可能にします。ワットあたりのパフォーマンスが50%向上した主な変更点には、クロックあたりのパフォーマンス(IPC)が改善された再設計されたマイクロアーキテクチャー、デザインの複雑さを減らし、クロックスピードの増加などのスイッチング電力と物理的な最適化を支援するロジックの強化が含まれます。

AMDは、RDNA 2 GPUがVRS(可変レートシェーディング)とハードウェアアクセラレーテッドレイトレーシングを特徴とすることも発表しました。AMDは、Turing GPUベースのGeForce RTXグラフィックスカードに上記のテクノロジーをすでに実装しているNVIDIAと同様に追随しています。AMDは、MicrosoftとSonyからの新しいコンソールの発売を間近に控え、次世代のゲームタイトルに統合するための独自の最適化フレームワークを備えたこれらの機能を開発者に提供するよう努めます。

AMDは最近、ハードウェアアクセラレーテッドレイトレーシングを利用するMicrosoftのDXR 1.1(DirectX 12 API Ultimate)デモを実行するRDNA 2 GPUを内部で展示しました。AMDのレイトレーシングへのアプローチは、開発の簡素化と迅速な導入を提供することであり、ゲーム開発者の大多数がその取り組みに注力しているコンソールを通じて確実に可能にします。最近の噂では、NVIDIAがGeForce RTXとGeForce GTXを区別する方法と同様に、AMDのハイエンドRDNA 2 GPUラインナップだけがハードウェアレベルのレイトレーシングテクノロジーを備えているのに対し、エントリー層とメインストリームのラインナップは、より高いパフォーマンス効率に重点を置いています。AMDのCEO、Dr.Lisa Suはすでに、新しいRDNA 2 GPUベースのRadeon RXハイエンドファミリと7nm RDNAリフレッシュファミリが今年発売されることを期待できると述べています。「Navi 2x」のラインナップは上から下にスケーリングし、その名前が示すように、第1世代のRXグラフィックスカードの2倍のパフォーマンス効率の向上をもたらすと述べたプレゼンテーションでも同じことが述べられました。AMDのハイエンドRadeon RX Navi GPUは、Navi 10の最大2倍の速度であり、大容量のダイサイズとGDDR6メモリを備えているという最近の噂をすでに知っています。

第2世代RDNAナビGPUに期待される機能の一部

  • 最適化された7nmプロセスノード
  • 熱狂的グレードのデスクトップグラフィックカードオプション
  • ハードウェアレベルのレイトレーシングサポート
  • GDDR6グラフィックカードの組み合わせ
  • First-Gen Navi GPUよりも電力効率が高い

AMD Big Navi Radeon RX GPUの主要な機能の1つは、RyzenがCPUセグメント全体を破壊したのと同様に、4Kゲームセグメントを破壊することです。これらはAMDによるいくつかの大胆な主張ですが、それらの噂されている仕様が通り過ぎるのであれば、これらの主張はそれほど遠くないかもしれません。

AMDは独自のプレゼンテーションで、RDNA 2ベースのRadeon RX ‘Navi 2X’ GPUの熱狂的なクラスのパフォーマンスを強調したので、それは考慮すべきことです。ただし、AMDが高性能グラフィックスカードを発表するにつれ、反対側からの競争は目を閉じてしまうだけではありません。次世代NVIDIAベースのGeForce GPUは、我々が見てきたことを早期に仕様をもとに、独自の獣になりつつされます。AMDのRadeon RX GPUは、NVIDIAの既存のTuringラインだけでなく、次世代のAmpereラインアップにも耐えられるかどうかを証明する必要があります。今年の後半は、PCの最新のハードウェアを手に入れようと待っている世界中の消費者にとって間違いなく刺激的なものになるでしょう。ローンチが近づくにつれ、今後数か月以内にさらに多くの情報が期待されます。