AMD Cezanne Ryzen 5000デスクトップAPU、Zen 3 8コアが発見され、3.6 GHzクロックと強化された7 nm Vega GPUを搭載

(Source:wccftech)

AMDの次世代Cezanne Ryzen 5000 APUは、8つのZen 3コアとVega GPUの拡張バージョンを備えたものが、Openbenchmarkingデータベースで発見されました。Coelacanth’s DreamのTwitterで、APUは、資格取得のための社内テストボード上で実行されているとXonoticテストスイートにテストされているデスクトップの一部であるように思われます。

AMDのCezanne Ryzen 5000 APU、3.6 GHzで8つのZen 3コアが発見され、拡張されたVega GPUも搭載

AMD Cezanne Ryzen 5000 APUラインナップは2021年近くに発売される予定です。最近のロードマップでは2021年初頭に発売される予定ですが、モビリティラインナップなのかデスクトップラインなのかはわかりません。リークされた製品については、コードネームは ‘100-000000263-30_Y’で、Zen 3コアアーキテクチャに基づく合計8コアと16スレッドを備えています。チップのベースクロックは3.6 GHzで、ブースト周波数は現在不明です。私たちは見てきた初期のVermeerのサンプルは、 4.9 GHzまでのものです。Ryzen 7 4750Gはすでに4.4 GHzでのブースト周波数で動作していて、4.5 GHzの+クロックはCezanneのAPUにはとても大したことでないと考えられます。

GPU側では、APUはRenoir APUと同じVegaリビジョンを備えています。クロック速度が高い高度な7nm +ノードでは、わずかに強化される可能性があります。この特定の亜種は、1800 MHzのクロック速度で実行されていました。

Ryzen 5000 APUはAMD Artic-CNZテストプラットフォームで紹介され、すべての内部Cezanne APUのテストに使用されます。XonoticテストスイートのUbuntu OSにはいくつかのベンチマークがありますが、スコアはRyzen 7 4750Gと比較して低いため、この特定のチップのiGPUドライバーはまだ完成しておらず、発売は予想されていません。

次世代のRyzen 5000CezanneAPUについて

これまでのところ、Ryzen 5000「Cezanne」APUの設計のみが確認されており、前回のレポートで述べたように、Cezanne世代のAPUは、Vega GPUアーキテクチャを再利用しながら、新しいZen 3 CPUアーキテクチャを前進させます。Cezanneファミリは、2020年4月以降ノートブックでリリースされ、今後数か月内にデスクトップAM4プラットフォームでデビューする予定です。Cezanneファミリは、新しいコアテクノロジと強化されたコアテクノロジの両方を利用しながら、モビリティとデスクトッププラットフォームをFP6およびAM4パッケージに依存します。新しいコアはCPU側でZen 3の形で融合され、Vermeerとコードネームが付けられたRyzen 4000デスクトップCPUにも採用されます。Zen 3デスクトップCPUは、モビリティおよびデスクトッププラットフォーム向けのZen 3 APUよりも早く発売が予想されます。CES 2021前後に発表され、その後数か月以内に発売されるのではないでしょうか。

AMD CPU Roadmap (2018-2020)

Ryzen FamilyRyzen 1000 SeriesRyzen 2000 SeriesRyzen 3000 SeriesRyzen 4000 SeriesRyzen 5000 SeriesRyzen 6000 Series
ArchitectureZen (1)Zen (1) / Zen+Zen (2) / Zen+Zen (3) / Zen 2Zen (3)+ / Zen 3?Zen (4) / Zen 3?
Process Node14nm14nm / 12nm7nm7nm+ / 7nm7nm+ / 7nm5nm / 7nm+
ServerEPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
Max Server Cores / Threads32/6432/6464/128TBDTBDTBD
High End DesktopRyzen Threadripper 1000 Series (White Haven)Ryzen Threadripper 2000 Series (Coflax)Ryzen Threadripper 3000 Series (Castle Peak)Ryzen Threadripper 4000 Series (Genesis Peak)Ryzen Threadripper 5000 SeriesRyzen Threadripper 6000 Series
Max HEDT Cores / Threads16/3232/6464/12864/128?TBDTBD
Mainstream DesktopRyzen 1000 Series (Summit Ridge)Ryzen 2000 Series (Pinnacle Ridge)Ryzen 3000 Series (Matisse)Ryzen 4000 Series (Vermeer)Ryzen 5000 Series (Warhol)Ryzen 6000 Series (Raphael)
Max Mainstream Cores / Threads440594405916/3216/32TBDTBD
Budget APUN/ARyzen 2000 Series (Raven Ridge)Ryzen 3000 Series (Picasso Zen+)Ryzen 4000 Series (Renoir Zen 2)Ryzen 5000 Series (Cezanne Zen 3)Ryzen 5000 Series (Rembrandt Zen 3)
Year2017201820192020/20212020/20212022

すべてのプラットフォームでのCezanne APUラインナップのGPU側は、引き続きVegaグラフィックスを使用します。この特定のVega GPUは、Ryzen 4000の「Renoir」APUで見られるようになった7nm iGPUのさらに拡張されたバージョンになります。最初のA0シリコンはVega 20 GPUを特徴としており、これもGPUの内部コードネームです。計算ユニットの数とは関係ありませんが、20個のCUが付属していると考えると、同じパッケージサイズでは実際には不可能です。AMDのRadeon VII GPUにもVega 20 GPUが搭載されており、Vega 20シリーズが7nm GPU IPに基づいているのに対し、Vega 10シリーズは14nm GPU IPに基づいているからです。

Renoirが同じGPU IPを使用していることは、Ryzen 3000 APUに搭載されていた元のVegaコアよりもCUあたりのパフォーマンスが大幅に向上したVega GPUの7 nm拡張バリエーションであることは言うまでもありません。概して、次世代のZen 3コアがCPU側にも大きなパフォーマンスの向上をもたらす一方で、グラフィックス側にはまともなブーストが期待できます。