Intel新しいEVOブランディングが流出でCOREブランディング見直し

In April 2020, Intel announces new desktop processors as part of the 10th Gen Intel Core processor family. (Credit: Intel Corporation)

(Source:wccftech)

IntelはEVOの名前でメインストリームプロセッサの新しいブランドを展開する準備をしているようです。商標はTwitteratiによって発見され、同社の次のAlder Lakeプラットフォームから更新されるとされています。IntelがAlder Lakeで展開する大小のコアへの大幅な移行により、EVOという名称は「進化」という言葉と関係があると推測することもできます。商標の編集はVideocardz.comの厚意によるものです。

Intel EVOブランドのプロセッサーは大小のコアを持つAlder Lake CPUから?

Intelはかなり以前から従来のブランディングを使用しており、発見された新しい商標は会社のブランドアイデンティティの美的変化を反映しているようです。インテルのロゴを囲んでいた独特の弧が消え、代わりにミニマルでモダンな外観のインテルのロゴが表示されます。ご覧のとおり、この扱いを受けたのはEVOシリーズのブラン​​ドだけではありません。ほとんどすべてのIntelロゴが更新されます。

Videocardz.comの厚意によりIntelの古いロゴを編集したもの

i?の名称は右下隅に移動し、全体的なデザインは以前よりも正方形になります。Intel COREモデルとIntel EVOモデルの両方が存在することを考えると、i3シリーズは大きな小さな扱いを受けず、i5以上のみがそれを受け取るかもしれません。Alder Lakeは2021年下半期に到着する予定であり、Intelが業界と歩調を合わせるためにサードパーティの生産拠点に手を差し伸べるようになると、Intelの事業と構造の大幅な変化と同時に発生します。

Intelは新しいEVOブランドを取得します。コンパイルはVideocardz.comの厚意による

AMDとIntelがラップトップでこれまで使用してきた従来の大きなコアと比較すると、小さなコアを使用して電力を節約し、バッテリの寿命を大幅に延ばすことができるため、Alder Lakeはバッテリ寿命を大きく変える可能性があります。スマートフォンがどれくらい続くか知っていますか?まあ、彼らはまったく同じテクニックを使用しているので、この技術で充電しなくても2日間持続するラップトップを検討しているかもしれません。イノベーションは常に市場にとって有益であり、激しい競争の中で、IntelはAMDに対峙しています。

Intel Alder Lake CPU構成

Alder Lake Sと呼ばれるAlder Lake のデスクトップ側には、最大125WのTDPと最大8つの大きなコア+ 8つの小さなコアがあります。すべてのコアを同時に使用できるかどうかに応じて、これは8コア設計か、12コア相当の電力設計になります。電力効率の高い小さなコアが存在することで、スタンバイおよびアイドル時の電力消費と、軽度の負荷(軽いブラウジングなど)を減らすことができます。

Alder Lake-S

  • 8 Big Cores + 8 Small Cores with a GT1 GPU
  • 6 Big Cores + 0 Small Cores with a GT1 GPU

Alder Lake-P

  • 2 Big Cores + 8 Small Cores with a GT2 GPU
  • 6 Big Cores + 8 Small Cores with a GT2 GPU

Alder Lake-M

  • 2 Big Cores + 8 Small Cores with a GT2 GPU

古いIntel PシリーズSKUが何らかの兆候である場合、おそらくAtomサーバーシリーズを表すことができるAlder Lake Pもあります。非常に動的なワークロードを持つサーバー(クライアントの負荷をスケーリングできるサーバーと考えてください)も、軽いワークロードと重いワークロードの間のスケーリングがより電力効率がよくなるため、このテクノロジーの恩恵を受けます。Intel Alder Lake Mは、モビリティシリーズになる予定です。これは私たちが最も注目しているものです。軽量コアの存在により、同社はラップトップのバッテリ寿命を大幅に延ばすことができます。軽量タスクで重いコアを使用する必要がなくなるからです。