AMD Ryzen 5000「Cezanne」APUを発見Zen 3および7nm Vegaチップを搭載

(Source:wccftech)

AMDの次世代Ryzen 5000 APUのコードネームCezanneが再び発見されました。今回は、これらのチップのデバイスIDが確認され、Zen 3とVegaの形で洗練されたテクノロジーであるCPUとGPUの両方で期待される詳細が確認されました。

AMD Ryzen 5000 ‘Cezanne’ APUのデバイスIDが確認され、Zen 3およびVega搭載のAPUが2021年までAM4をポート

来年、デスクトッププラットフォームとノートブックプラットフォームの両方でRyzen 5000 APUを強化するCezanne APUファミリについては、情報が少しづつ出ています。Cezanneファミリは、AMDの4月以降ノートブックでリリースされたRenoir Ryzen 4000 APUファミリの後継となり、数か月以内にデスクトップAM4プラットフォームでデビューする予定です。


Komachiは昨日、AMD Cezanne APUが1638デバイスIDに該当し、Rogameによってすでに特定された特定のファミリのPCI IDが少なくとも13あることを確認しました。AMDのRenoirファミリは1636 PCI IDを使用し、APUのカスタム低電力Van Goghラインは163F PCI IDを使用します。

Komachiはまた、CezanneAPUがまだGFX9アーキテクチャに基づいていることを指摘しています。つまり、次世代APUでVegaの拡張バージョンが再び見られることになります。興味深いのは、Cezanne APUがRenoir APUと同じようにまったく新しいCPUコアを備えていることですが、既存のGPUコアの強化されたリビジョンで機能します。また、CezanneAPUがAM4プラットフォームに搭載される予定であることも報告されています。つまり、AM4ソケットは2021まで存続し、AMDは2022年頃にAM5にアップグレードすることが期待できます。これは、Zen 3 ‘Vermeer’デスクトップチップが今年後半に発売され、ラインナップのエンドスペースを埋めるために2021年にはさらに多くのパーツが発売されます。

AMD CPU Roadmap (2018-2020)

Ryzen FamilyRyzen 1000 SeriesRyzen 2000 SeriesRyzen 3000 SeriesRyzen 4000 SeriesRyzen 5000 Series
ArchitectureZen (1)Zen (1) / Zen+Zen (2) / Zen+Zen (3) / Zen 2Zen (4) / Zen 3
Process Node14nm14nm / 12nm7nm7nm+/5nm?5nm
High End Server (SP3)EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
Max Server Cores / Threads32/6432/6464/128TBDTBD
High End Desktop (TR4)Ryzen Threadripper 1000 SeriesRyzen Threadripper 2000 SeriesRyzen Threadripper 3000 Series (Castle Peak)Ryzen Threadripper 4000 Series (Genesis Peak)Ryzen Threadripper 5000 Series
Max HEDT Cores / Threads16/3232/6464/12864/128?TBD
Mainstream Desktop (AM4)Ryzen 1000 Series (Summit Ridge)Ryzen 2000 Series (Pinnacle Ridge)Ryzen 3000 Series (Matisse)Ryzen 4000 Series (Vermeer)Ryzen 5000 Series (Warhol)
Max Mainstream Cores / Threads8/168/1616/32TBDTBD
Budget APU (AM4)N/ARyzen 2000 Series (Raven Ridge)Ryzen 3000 Series (Picasso Zen+)Ryzen 4000 Series (Renoir Zen 2)Ryzen 5000 Series (Cezanne Zen 3)
Year2017201820192020/2021?2021/2022?

AMD Cezanne ‘Ryzen 5000’ APUとZen 3 CPUおよびVega GPUコア

以前の投稿でCezanne Ryzen 5000 APUの詳細についてはすでに触れましたが、話すべき情報がまだあるようです。まず、今年のラインナップのように、Cezanneファミリは、ラップトップ向けに高性能CezanneHと低電力CezanneUの2つのセグメントが用意されます。

プロセッサは、既存のチップと同じFP6 / AM4パッケージを備えています。これはBGAプラットフォームであり、デスクトップユーザーがマザーボードを変更せずに既存のプロセッサから新しいプロセッサにアップグレードできる一方で、同じデザインを維持するため、ラップトップメーカーにとってとても良い事です。CezanneAPUに電力を供給する実際のGPUは、これまでで最も洗練された形式でもある既存のVega GPUの拡張バージョンになります。以前のレポートでは、CezanneAPUはTSMC N7プロセスノードで製造されると述べていました。その見た目から、CPU側が再びメジャーアップデートになる一方で、GPU側は、Renoir APUファミリの洗練された7nm Vega GPUで見たのと同様の機能強化を得るでしょう。Zen 3 CPUコアは、Zen 2アーキテクチャに比べて消費電力効率と仕様が大幅に向上するため、いずれにせよわ次世代のチップに関心がわくことになります。AMDのCezanne「Ryzen 5000」APUラインナップは2021年までに市場に出回ると予想されています。Computex2021を中心に計画されたローンチのCES 2021で発表を聞くことができそうです。