NVIDIAがRTX 3090 GPUを備えたTraversal Coprocessor を導入?!

(Source:wccftech)

NVIDIAは、Coretekのビデオによると、Traversal CoprocessorとRTX 3090 GPU(およびファミリ)を備えた両面PCBを含む革新的な新しいアイデアを導入することを計画しています。これが本質的に意味することは、RTX 3080やRTX 3090などの今後のグラフィックスカードは、片側にGPUコアを備え、反対側に2番目のコプロセッサを備えた両面PCBを特徴とすることです。それは技術的なメリットがあるとCoreteksが過去に信頼性があることが証明されています。但し、この投稿はあくまで噂である事に留意してください。

NVIDIAのRTX 3080およびRTX 3090は、Traversal Coprocessorを備え両面PCBなのか?

ビデオでCoreteksはRTX 3000シリーズのユニークな新しいデザインと、それが彼の結論を実際に示唆するものであることを説明します。Igorは、私たちが見たヒートシンクがDVTまたは設計検証テストの一部であることをすでに確認しており、NVIDIAが検討している2〜3の設計の1つにすぎないことといいます。ただし、NVIDIAが設計をわずかに変更したとしても、今回は何か別のことが起こっていることを示す証拠にはなりません。

情報筋によると、NVIDIAの下部に1つのファンと上部に1つのファンがあるのは、1つではなく2つのチップの気流を促進するためです。Coreteksは、PCBの反対側にある別のコプロセッサが、このチップはカードのレイトレーシング機能を支援するTraversal Coprocessorと呼ばれるものだと推測しています。さて、RTX 2000シリーズのチップ内部に埋め込まれたRTXコアを知っていますか?

彼のビデオに技術的なメリットがあると言った理由の1つは、NVIDIAが特許を取得したTraversal Coprocessorが2018年のレイトレーシングを支援することです。これは、GPUのAmpereシリーズに実装するのに十分な時間です。NVIDIAはコプロセッサと標準のGPU ASICをしばらくの間組み合わせることを検討しているようです。そうすることで、より経済的なアプローチでGPUを構築し、コアダイ内にRTXコアを詰め込むことができます。さらにより具体的には、本明細書の例示的で非限定的な技術は、例えばリアルタイム光線追跡のために、加速データ構造を効率的に走査するハードウェアベースの走査コプロセッサに関する。より詳細には、非限定的なテクノロジーの例は、レイトレーシングを加速するための専用ハードウェアを提供します。非限定的な実施形態では、ハードウェアコプロセッサ(本明細書では「横断コプロセッサ」またはいくつかの実施形態では「ツリー横断ユニット」または「TTU」と呼ばれる)は、光線境界ボリューム交差テストを含むインタラクティブ光線追跡をサポートする特定のプロセスを加速する、光線プリミティブ交差テストおよび光線「インスタンス」変換。

このアプローチの方が経済的だと私が言ったときに私が何を意味したかについても説明します。コアGPUダイのRTX領域を確保するという元々のアプローチは、パッケージに収めるのが難しく非常に無駄でした。なぜなら、無視できるほどのレイトレーシングの恩恵を受けないローエンドの顧客セグメントに貴重なダイスペースを浪費しなければならなかったからです。元のGPUコアを純粋に保ちながらレイトレーシングコアを新しいダイに移動すると、NVIDIAはチップをほとんど無駄なく自由かつ経済的にビニングできます。

また、コプロセッサをスタンドアロンAICカードとして出荷することもできます。これは、Coretekが言及していることでもあります。古いPhysX AICカードを覚えていますでしょうか?まあ、この噂が真実であることが判明した場合、非レイトレーシングGPU(おそらくNVIDIAのもの​​のみ)で強力なレイトレーシングパフォーマンスを実現できるRTXレイトレーシングAICカードを入手している可能性があります。これは非常に実現可能なビジネスモデルであり、支払いを望まないユーザーにコストを追加することなく、レイトレーシングに対する同社の取り組みを大幅に強化するものです。