Intelの10nm次期24コア/ 48スレッド「Whitley」CPUの GeekbenchとSisoft Sandraベンチマークがリーク

(Source:wccftech)

Intelの今度のWhitley Lake-SP CPU のGeekbenchとSisoftのリークがVideocardzによって発見され、Intelから興奮する何かを示しています。10 nmプロセスで製造されたWhitleyプラットフォームは、Purleyの後継となり、インテルのサーバーエコシステムを(最終的に)10 nmに移行します。これらのベンチマークに基づいて、顧客とクライアントは、旧世代のXeon部品と比較して、パフォーマンスの絶対的な大幅な向上を期待できるようです。

IntelのIce Lake SP「Whitley」プラットフォームがAMD Milanに戦いを挑む

これらのベンチマークは非常に初期のエンジニアリングサンプルに基づいており、確実に変更されます。この時点ではドライバーの最適化は行われていないため、誤読もよくあります。ここに示されているパフォーマンスは最終的なパフォーマンスを示している可能性があります。Intelは14nmプロセスに長い間立ち往生しており、競争が7nm(Intelの10nmとほぼ同等)に移行する間、「最適化」を実行せざるを得なくなりました。その10nmの旅は、失敗を重ねてきましたが、ようやくTMGを探し始めているようです。

Sunny Coveアーキテクチャーに基づくIntelのIce Lake CPUは、同社のCPUアーキテクチャーの最初の根本的な新しい書き直しをもたらし、パフォーマンスと電力効率の大幅な向上を示すことがすでに期待されていました。IntelはSunny Coveが革命的であるという考えにすでに多少の打撃を与えていましたが、私たちは初めてその程度を見てきました。Intelの既存のサーバー側プラットフォームはPurleyと呼ばれ、Purleyの後継となるIce Lakeの派生製品はコードリーWhitleyと呼ばれています。今日ここにあるのは、本質的に最初のWhitleyパーツのGeekbenchリークです。10nmプロセスに基づくIntel Ice Lake SP CPUです。

巨大なRAMアレイとMicrosoftサーバーOSから明らかなように、プロセッサのサーバーアプリケーションを検討しています。問題の部分は、24コア/ 48スレッドのCPUであり、Ice Lake SP(Whitley)ラインナップの中央に配置されます。あなたが気づくもう一つのことは、CPUが2.9 GHzのターボを持っていたことです。これは、最新のIntelプロセッサによって達成されたクロック速度よりもはるかに遅いですが、私たちが期待していたものです。クロック速度はプロトタイピングとテスト後にほぼ確実に向上しますが、プロセスの成熟の明らかな理由により、Ice Lake CPUは14nm未満のパーツをクロックすることが期待されます。

このCPUがどれだけのパフォーマンスを発揮できるかに驚いた。Intel Whitley Ice Lake SP CPU ESサンプルは、ほぼ42,000ポイントのマルチコアスコアを獲得しました。これは、コア用の以前のPurleyプラットフォームコアとクロック用のクロックのほぼ2倍です。電力効率も同様に屋根を通り抜けたと私はかなり確信しています。シングルコアのパフォーマンスは4000ポイントで問題ありませんが、クロック速度が遅いことが原因である可能性があります。マルチコアのパフォーマンスは実際にはPurleyの150%以上です(これは、完全なクロックからクロックに合わせてまだ正規化されていません!)。IntelはAMDのジムケラーを密猟しており、建築ウィザードを雇うことの成果が現れ始めているようです。歴史的には、Intelはプロセスアーキテクチャに関してはアドバンテージを持っていましたが、AMD Milanをベースにした第3世代プロセッサでリードを失いました。このベンチマークが最終製品(それはおそらくそうである)をリモートで示している場合でも、Intelの10nmプロセッサはAMD Milanに戦いを挑むことができます。

関連記事