AMD Ryzen 3 3300XとRyzen 3 3100は全コアで4.6 GHzを実現!?低予算KOC対応CPU

(Source:wccftech)

AMD Ryzen 3 3300XとRyzen 3 3100のCPUは、低予算150USドルCPUでエントリーPCゲーム市場を目指し、今月販売開始されます。AMDの7nm Zen 2コアを搭載したこれらの2つのクアッドコアチップは、既存のクアッドコアパーツに比べてパフォーマンスが大幅に向上し、最近のリークはかなりまともなオーバークロッカーであることを示唆しています。

AMD Ryzen 3 3300XおよびRyzen 3 3100クアッドコアCPUは全コア最大4.6 GHz OCへ

先週、インテルの第10世代Core i3ラインナップ(リーク)と比較して、2つのプロセッサーのいくつかのリークされたベンチマークが非常に優れたパフォーマンス数値を示しているのを目にしました。AMDのRyzen 3000 Quad Coreが競合するIntel i3部品よりも優れている主な利点は、7 nmプロセスノードに基づくZen 2コアアーキテクチャです。プロセッサアーキテクチャにより、ワットあたりのパフォーマンスが向上し、マルチスレッドパフォーマンスが向上します。一方、Intelは14nmプロセスノードを使用しますが、より高速なクロック速度を実現するためのものです。しかし、デザインに関して言えば、すべてのAMD Ryzen 3rd Gen CPUにはロックされていないデザインが搭載されています。一方、Intelは「K」シリーズのチップでのみオーバークロックのサポートを提供しています。IntelはアンロックされたCore i3をまだ発表していません。したがって、第3世代AMD Ryzen 3 CPUに近い価格の2つのCore i3モデルは、122 USドルで販売されるIntel Core i3-10100と、143ドルで販売されているCore i3-10300です。比較すると、Ryzen 3 3100は99米ドルで、Ryzen 3 3300Xは119米ドルです。AMDとIntelの両方のCPUは同時マルチスレッド機能を備えているため、これらのチップが生み出すアーキテクチャとクロック速度がすべてです。

AMD Ryzen 3 3300X CPU仕様

Ryzen 3 3300Xは、SMTを有効にした4つのZen 2コアを使用して、基本周波数が3.8 GHz、最大4.3 GHzのブーストクロックを備えた4コア8スレッドチップになります。IntelのCore i3-10300は、3.7 GHzのベースクロック、4.4 GHzのシングルコアブーストクロック、4.2 GHzのオールコアブーストクロックです。Ryzen 3 3300xは合計18 MBのキャッシュとペアになり、前作のRyzen 3 2300Xにある10 MBよりも80%高くなります。65Wという低いTDPを維持することは、より小さなビルドに魅力的であり、小規模な冷却ソリューションで対応可能です。Ryzen 3 3300Xは、2020年5月21日から販売される見込みです。

AMD Ryzen 3 3100 CPU仕様

Ryzen 3 3100は、4コアと8スレッドのZen 2ベースのデザインを維持できます。キャッシュとTDPは同じままで、合計18 MBと65W TDPです。ここでの最大の変更は、ベースクロックが3.6 GHzで、ブーストクロックが最大3.9 GHzに減少しています。IntelのCore i3-10100は、3.6 GHzのベースクロック、4.3 GHzのシングルコアブーストクロック、および4.1 GHzのオールコアブーストクロックです。Ryzen 3 3300Xを20ドル節約することで、Ryzen 3 3100の99ドルの価格が非常に魅力的なオファーになります。このチップは、2020年5月21日に販売される予定です。

AMD Ryzen 3000 Series CPU Lineup

CPU NameCores/ThreadsBase ClockBoost ClockCache (L2+L3)PCIe Lanes (Gen 4 CPU+PCH)TDPLaunch Price
Ryzen 9 3950X16/323.5 GHz4.7 GHz72 MB40105W$749 US
Ryzen 9 3900X12/243.8 GHz4.6 GHz70 MB40105W$499 US
Ryzen 7 3800X8/163.9 GHz4.5 GHz36 MB40105W$399 US
Ryzen 7 3700X8/163.6 GHz4.4 GHz36 MB4065W$329 US
Ryzen 5 3600X6/123.8 GHz4.4 GHz35 MB4095W$249 US
Ryzen 5 36006/123.6 GHz4.2 GHz35 MB4065W$199 US
Ryzen 5 3500X (China Only)6/63.6 GHz4.1 GHz35 MB4065W$159 US
Ryzen 3 3300X4/83.8 GHz4.3 GHz18 MBTBD65W120
Ryzen 3 31004/83.6 GHz3.9 GHz18 MBTBD65W99

これらの仕様から判断すると、Intel Core i3チップはより高いクロック周波数を提供しているようですが、オーバークロックのサポートがないため、これが最大の限界です。リークがテストされたさまざまな第3世代Ryzen 3チップのいくつかの高水準なオーバークロックの数値を確認しているため、オーバークロックサポートを備えたRyzen 3を持つだけで、AMDの最大のエースになる可能性があります。

Ryzen 3 3300XおよびRyzen 3 3100クアッドコアCPUオーバークロックの数値は、全コア4.6 GHz!

リークしたオーバークロックの数値は、CPUの1つではなく4つの異なるエントリーを投稿したRogameから直接のものであり、すべて非常に印象的な結果を報告しています。エントリーでは、AMDのRyzen 3 3300Xが、すべてのコアにわたって最大4.4 GHzのオールコアオーバークロックで発見されました。CPUは3DMark TimeSpyベンチマークで5472ポイントを獲得しており、Core i7-7700Kよりもわずかに良いものです。

しかし、小さなRyzen 3 3100が何を達成できるかがわかるまで待ちます。このチップは、3つの異なるオーバークロックで発見されました。1つは4.4 GHz、1つは4.5 GHz、もう1つはすべてのコアで4.6 GHzが印象的です。AMDの4.5 GHzのオーバークロックを備えたRyzen 3 3100は、Time Spyベンチマークで5481ポイントのスコアでRyzen 3 3300Xよりも優れており、このチップが発売直後にCore i3のラインナップをノックアウトできる理由を示しています。

明らかに、5月にCPUがリリースされるとき、最終的なオーバークロック数とレビューを待つ必要がありますが、低予算のPCを構築して次のCPUに何を取得するかを考えている場合、AMDにはいくつかの非常に優れたオプションがあります。その第3世代Ryzen 3クアッドコアパーツと、最近更新された第1世代「AF」シリーズのCPUを備えた市場で、Intel Core i3のラインナップと比較して大きな価値を持っています。