AMD Ryzen 3 3300XおよびRyzen 3 3100クアッドコアCPUベンチマークがリークでIntelの第10世代Core i3シリーズに競合

(Source:wccftech)

数日前、AMD は第3世代Ryzen 3 CPUのRyzen 3 3300XおよびRyzen 3 3100を発表しました。低価格帯プロセッサーは、米国の150ドル未満の市場に5月21日販売開始され、Zen 2コアをより多くのユーザーに提供します。AMDはこれらのクアッドコアチップのパフォーマンス結果を提供していませんが、最初のベンチマークはすでに明らかにされているようです。

AMD Ryzen 3 3300XおよびRyzen 3 3100クアッドコアCPUベンチマークは、Intel 10th Gen Core i3シリーズに競合

第3世代AMD Ryzen 3のラインナップは、2つのSKU、つまり$ 99 US Ryzen 3 3100と$ 119 US Ryzen 3 3300Xを備えています。どちらのプロセッサーも、SMTが有効になっているクアッドコア設計を備えています。これは、Ryzen 3 1300XやRyzen 3 2300Xなど、第2世代および第1世代のラインナップのエントリーレベルのRyzen 3 SKUの機能ではありませんでした。Ryzen 3 3300XとRyzen 3 3100の両方の仕様を以下に示します。

AMD Ryzen 3 3300X CPU仕様

Ryzen 3 3300Xは、SMTを有効にした4つのZen 2コアを使用して、基本周波数が3.8 GHz、最大4.3 GHzのブーストクロックを備えた4コアの8スレッドチップになります。Ryzen 3 3300xは合計18 MBのキャッシュとペアになり、前作のRyzen 3 2300Xにある10 MBよりも80%高くなります。65Wという低いTDPを維持するこのすべては、より小さなビルドに魅力的であり、非常に控えめな冷却ソリューションを必要とします。Ryzen 3 3300Xが2020年5月21日から市場に登場します。

AMD Ryzen 3 3100 CPU仕様

Ryzen 3 3100は、4コアと8スレッドのZen 2ベースのデザインを維持できます。キャッシュとTDPは同じままで、合計18 MBと65W TDPです。ここでの最大の変更は、ベースクロックが3.6 GHzに、ブーストクロックが最大3.9 GHzに減少したことです。Ryzen 3 3300Xを20ドル節約することで、Ryzen 3 3100の99ドルの価格が非常に魅力的なオファーになります。このCPUも、2020年5月21日販売開始予定です。

AMD Ryzen 3000 Series CPU Lineup

CPU NameCores/ThreadsBase ClockBoost ClockCache (L2+L3)PCIe Lanes (Gen 4 CPU+PCH)TDPLaunch Price
Ryzen 9 3950X16/323.5 GHz4.7 GHz72 MB40105W$749 US
Ryzen 9 3900X12/243.8 GHz4.6 GHz70 MB40105W$499 US
Ryzen 7 3800X8/163.9 GHz4.5 GHz36 MB40105W$399 US
Ryzen 7 3700X8/163.6 GHz4.4 GHz36 MB4065W$329 US
Ryzen 5 3600X6/123.8 GHz4.4 GHz35 MB4095W$249 US
Ryzen 5 36006/123.6 GHz4.2 GHz35 MB4065W$199 US
Ryzen 5 3500X (China Only)6/63.6 GHz4.1 GHz35 MB4065W$159 US
Ryzen 3 3300X4/83.8 GHz4.3 GHz18 MBTBD65W120
Ryzen 3 31004/83.6 GHz3.9 GHz18 MBTBD65W99

ベンチマークを見ると、最初に両方のチップのTUM_APISAKからのGeekbench結果が得られますが、バージョンは異なります。Ryzen 3 3300Xは Geekbench 4ベンチマークでテストされ、マルチコアテストでシングルコアと20948ポイントで5874ポイントを獲得しました。シングルコアで約4400ポイント、マルチコアテストで約12,500ポイントを獲得するRyzen 3 2300Xと比較すると、これはシングルコアで33%増加し、マルチコアパフォーマンスで66%増加します。

AMD Ryzen 3 3100は Geekbench 5ベンチマークとスコアシングルコアで1095ポイントとマルチコアテストでは4507点でした。比較すると、Core i3-9100はシングルコアで約1100ポイント、マルチコアテストで3700ポイントです。これは、第9世代Core i3チップで利用できるマルチスレッド設計がないためです。AMDプロセッサーは、シングルコアのクロック速度が3.9 GHzと低いにもかかわらず、マルチコアテストと同様のシングルコアパフォーマンスで21%リードしています。 Core i3-9100は4.2 GHzで最大になります。

残りのベンチマークは、同じCPUがCinebench R15およびCinebench R20でのそれぞれのスコアとともに言及されているCPU-Monkeyからのものです。結果は次のとおりです。

AMD Ryzen 3 3300X & Ryzen 3 3100 Cinebench Benchmarks

CPUAMD Ryzen 3 3300XAMD Ryzen 3 3100AMD Ryzen 3 1300XIntel Core i3-10300Intel Core i3-10100Intel Core i7-7700K
Cinebench R20 (Single-Core)491444360457448466
Cinebench R15 (Single-Core)199181146197191199
Cinebench R20 (Multi-Core)234121541357233022842257
Cinebench R15 (Multi-Core)112099555310271001995

これらのベンチマークは、Ryzen 3 3300Xが群を抜いて最も速いCPUであることを示していますが、Ryzen 3 3100は、なんとか同様のパフォーマンスを提供するか、わずか99ドルの価格でそれらに非常に近くなっています。低予算のPCセグメントの主な要因になります。AMDの第3世代Ryzen 3 CPUはすでに価格とともに詳述されていますが、もしIntelが既存の部品と同じ価格体系に従うとしたならは、売れ難いものになるでしょう。たとえば、Core i3-10100は、122 USドルで販売されているCore i3-9100の後継となります。そのため、価格的にはRyzen 3 3300Xと同等ですが、Ryzen CPUは、高いチップパフォーマンスを提供し、オーバークロックをサポートします。Core i3-10300は、約150 USドルで販売されているCore i3-9300に取って代わるものです。これは、Ryzen 3 3300Xより30 USドル高く、少し遅いですが、オーバークロックのサポートも提供していません。

唯一のOC可能なCore i3 CPUであるCore i3-9350KFは、約$ 160 USの価格で提供されます。これは$ 40 US高く、4.6 GHzのより高いクロックを提供し、後継者がさらにそれらを押し上げる可能性がありますが、価格は高すぎます、AMDが第3世代Ryzen 3 SKUで支配する必要がある150ドル未満の壁を超えています。したがって、これらの価格に基づくと、Intelが10代目コアで大幅な価格変更を計画しない限り、AMDが150USドル未満のセグメントでパフォーマンスとバリューのリーダーシップを維持する一方で、Intelの10代目コアi3ラインナップのパフォーマンスはそれほど高くありません。