Intelの第11世代Rocket Lake-S 8コアES CPU 1.8GHzを発見 2020年後半にAMD Ryzen 4000対策へ

(Source:wccftech)

Intelの第10世代Comet Lake-SデスクトップコアCPUはまだ発売されていませんが、第11世代Rocket Lake-SコアCPUのリークが現れ始めています。8コアCPUである最初のRocket Lake-Sエンジニアリングサンプルは、ハードウェアリーカーのRogameによって報告されました。

初のIntel第11世代Rocket Lake-S 8コアCPUの初期エンジニアリングサンプルがリーク

Intel Rocket Lake-SデスクトップCPUは、2019年まで遡るファミリーの最初のリファレンスを見つけてから数か月間話題になっています。Intel Rocket Lake-Sファミリーは、来月発売予定のCPU、Comet Lakeに代わる第11世代コアのラインナップとしてブランド化されます。どちらのCPUファミリーも14 nmプロセスノードに基づいていますが、どちらにも大きく異なるチップアーキテクチャが搭載されており、Comet Lake-SファミリーはSkylakeアーキテクチャの最適化されたバージョンを再利用し、Rocket Lake-Sファミリーは新しいCoveのアーキテクチャラインを使用しています。リークの重要な部分に到達すると、Rocket Lake-S ES CPUが3DMarkデータベース内で発見されました。これは、いくつかの未リリースのCPUとGPUのエントリを見つけるために一般的になっています。予想通り、CPUにはIntel(R)CPU 0000コードネームが付属しています。これは、数四半期先のリリースが計画されているリリースの初期のサンプルであるためです。ただし、CPUはIntel Corporation RocketLake S UDIMM 4L ERBマザーボードでテストされており、チップの初期サンプルを検証および評価するためのテストプラットフォームになる可能性があります。CPU自体は8コアと16スレッドのパーツです。IntelのRocket Lake-S CPUファミリーは8コアと16スレッドで最大になるとの報告があり、Intelはすでに主流のデスクトッププラットフォームの最上位構成をテストしています。コアクロックは1.8 GHzベースおよびブーストで報告されます。初期のサンプルがこのように低いクロックで記録されることは非常に正常です。また、Comet Lake-Sのクロックは、最終的な小売り用のチップが誇る5 GHz以上の周波数と比較して、ES状態で大幅に低くなっています。

Intel Desktop CPU Generations Comparison

Intel CPU FamilyProcessor ProcessProcessors Cores (Max)TDPsPlatform ChipsetPlatformMemory SupportPCIe SupportLaunch
Sandy Bridge32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02015
Kaby Lake14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02017
Coffee Lake14nm6'1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake14nm8/16?TBA400/500-Series?LGA 1200?DDR4?PCIe Gen 4.02020?
Alder Lake10nm?16/32?TBATBALGA 1700?DDR5?PCIe Gen 4.0?2021?
Meteor Lake7nm?TBATBATBATBADDR5?PCIe Gen 4.0?2022?

第11世代Rocket LakeデスクトップCPUについて私たちが知っているこのまとめ

まず、Rocket Lake-SデスクトッププラットフォームはLGA 1200ソケットをサポートする予定です。これは、400シリーズのマザーボードではありますが、Comet Lake-S CPUでデビューします。Intel Rocket Lake-Sプロセッサーは500シリーズのマザーボードと一緒に発売されるので、CPUは400シリーズのチップセットベースのLGA 1200ソケットとの下位互換性を維持するのか、それとも独占的になるのか、という大きな問題です。 500シリーズボードのサポート。後者の場合、Comet Lake-Sおよび400シリーズのプラットフォームは、Rocket Lake-Sのラインナップが今年後半に予定されており、Comet Lake-SのCPUが2020年5月から6月頃に販売開始になるため、非常に短命です。 2017年にKaby LakeからCoffee Lakeに移行したときに見られたものよりもはるかに速い代替となります。

Coffee Lakeのラインナップは、同じLGA 1151ソケットでサポートされていましたが、Z370マザーボードでのみサポートされていました。Intelは、Coffee Lakeプロセッサーの新しいピンレイアウトのため、多くのユーザーがこの制限を回避してZ270マザーボードでCoffee Lake CPUを起動したにもかかわらず、更新されたマザーボードが必要であると提案しました。新しいチップの更新されたマイクロアーキテクチャーと設計を考慮すると、Rocket Lake-SとLGA 1200でも同様のことが起こる可能性があります。最近のリークはまた、TDP 35W~125WまでのすべてのSKUを示唆しました。

IntelのRocket Lake-SデスクトップCPUの他の機能は次のとおりです。

  • 新しいプロセッサコアアーキテクチャによるパフォーマンスの向上
  • 新しいXeグラフィックアーキテクチャ
  • DDR4速度の向上
  • CPU PCIe 4.0レーン
  • 拡張ディスプレイ(統合HDMI 2.0、HBR3)
  • x4 CPU PCIeレーンを追加=合計20個のCPU PCIe 4.0レーン
  • 拡張メディア(12ビットAV1 / HVEC、E2E圧縮)
  • CPU接続ストレージまたはIntel Optaneメモリ
  • 新しいオーバークロック機能と性能
  • USBオーディオオフロード
  • 統合されたCNViとWireless-AX
  • 統合USB 3.2 Gen 2×2(20G)
  • 2.5GbイーサネットディスクリートLAN
  • DIscrete Intel Thunderbolt 4(USB4準拠)

ここでも、Rocket LakeがWillow Coveコアを使用していると思うのは、同じアーキテクチャのTiger LakeがXe Gen 12グラフィックスを備え、Sunny CoveコアのIce LakeがGen 11 GPUを使用しているためです。デスクトップチップではキャッシュが異なる可能性がありますので、もう一度確認する必要があります。リークがさらに増えてきたときに議論の余地があります。明らかにIntelのRocket Lake-Sデスクトップファミリーについて知っている多くの情報ですが、数年前から利用可能である既存の14nm Skylake誘導体に対する初期のベンチマークでそれらがどのように機能するかを見るのは素晴らしいでしょう。Rocket Lake-Sファミリーは、AMDのRyzen 4000 ‘Vermeer’ CPUと直接競合します。このCPUは、アーキテクチャが大幅に変更された新しいZen 3アーキテクチャを採用するため、今年後半には多くの激化するCPU戦争が予想されます。