TSMCはパンデミックに備え機器不足、3nmの生産を6か月延期も5nmはまだフル稼働で予定通りです

(Source:wccftech)

台湾の複数の情報筋によると、TSMCは5nmチップの生産を最大に増産しており、COVID-19の影響は受けていないようです。かわって、COVID-19は、3nmの開発に影響を及ぼしていて、TSMCはリリース日を6か月遅延する予定です。設備の不足により工場をアップグレードできないためで、それよりも長く遅延する可能性もあるといいます。サムスンも同様に、TSMCが遅延を引き起こす機器の不足と同じ問題で苦労しているようです。

TSMCの5nmはまだ予定通りですが、3nmはパンデミックで遅れています

3nmの遅延は6か月と言われていますが、世界の現在の状況により、さらに遅延する可能性があります。メディアの報道によると、6か月かけて工場の金型と試用期間が戻され、12月に開始されます。2022年までは製品チップは予定されていません。試用版は5nm製品も収容するTSMCの工場18で行います。最初の2つの構築フェーズは5nmプロセス専用で、次の2つのフェーズは3nmプロセス専用です。TSMCの5nmチップは、TSMCが5nmを生成するための工場の段取りをすでに終えていたため、最終的にこのパンデミックの影響を受けることはありませんでした。

EUVスキャナーはまだクラシックシステムほど強力ではないため、5nmチップの出力は大幅に低下します。新しいチップでは、10層以上が初めてEUVに露光されます。これは、EUVを中心に完全に設計された最初のプロセスです。N7とN7Pは、液浸リソグラフィの古典的なラインを使用しており、N7 +はプロセスのわずかなバリエーションです。EUVにより、必要な生産時間が短縮され、最終的にこのプロセスの利点が見え始めています。

結局、遅れた唯一のプロセスは、すでに数年先の3nmプロセスでした。5nmは完全に動作しており、これらのチップのいくつかが間もなく市場に出ると期待できます。EUVの開発も3nmでかなり期待されています。