CPU

Intelの10コアCore i9-10900KがAMDの12コアRyzen 9 3900Xに対してもう一度テスト

(Source:wccftech)

Intelのフラッグシップである第10世代デスクトップCPUであるCore i9-10900Kが再びテストされ、メインストリームセグメント向けで次世代の高速なチップに期待できることを示しています。Intel Core i9-10900KはCore i9-9900Kに代わるもので、より多くのコア、より多くのスレッド、より高い周波数を提供しますが、AMDの7nm Ryzen 3000デスクトップに対する位置を損なう可能性があります。より高い電力消費とより高い排熱仕様です。

Intel Core i9-10900K 10コアフラッグシップCPUがもう一度テスト

Intel Comet Lake-S第10世代Coreファミリは、 14nmのSkylakeマイクロアーキテクチャを再利用するために、最後のCPUのラインナップとして期待されています。Skylakeアーキテクチャは2015年から使用されており、Intelはデスクトップコンシューマー向けにそれを置き換える必要があります。このアーキテクチャでは、4コアと8スレッドから10コアと20スレッドへの増加につながるいくつかの最適化と主要な改良が見られました。同じ14nmプロセスも改善され、フラグシップのCPU速度が4.20 GHzから5.20 GHzに大幅に向上しました。しかし、これらすべてに問題がないわけではありません。以前の数世代の14nmプロセスとSkylakeアーキテクチャは、なぜそれが長期間持続できないのかを示し始めています。競争が効率化をリードし続けている間、より高い排熱と消費電力があり、Intelは別の場所を探す必要があり、これにはまったく新しいプロセスノードへの移行が必要です。できる限り早く新しいアーキテクチャを入手し、そのプロセステクノロジーが成熟して、Tick-Tockサイクルが本来機能するように意図されていた方法と同じように新しいアーキテクチャに移行するまで待ちます。

これについては後で少し詳しく説明しますが、最初に、今日のCore i9-10900Kのベンチマークについてお話ししましょう。その前に、Core i9-10900Kについて知っていることを要約しましょう。

Intel Core i9-10900K 10 Core CPUの仕様

仕様に関しては、Core i9-10900K  は10コア、20スレッド、20 MBの合計キャッシュ、125W TDPです。チップの基本周波数は3.7 GHz、ブースト周波数は5.1 GHzです。ただし、IntelのTurbo Boost Max 3.0テクノロジーを使用すると、チップはシングルコアで最大5.2 GHzをブーストでき、さらに良いのは4.9 GHzの全コアブーストです。この特定のチップの機能には次のものがあります。

  • 最大4.8 GHzの全コアターボ
  • 最大5.3 / 4.9 GHzの熱速度ブーストシングル/オールコアターボ
  • 最大5.2 GHz Intel Turbo Boost Max 3.0
  • 最大10Cおよび20T
  • 最大DDR4-2933 MHzデュアルチャネル
  • 強化されたコアとメモリのオーバークロック
  • アクティブコアグループの調整

ここに興味深い部分があります、チップは現在の主力部品と同様に、熱速度ブーストも取得します。Core i9-10900KなどのこのアルゴリズムをサポートするCPUは、5.3 GHz(シングルコア)および4.9 GHz(オールコア)のさらに高速のブースト周波数を備えています。ただし、その名前が示すように、熱速度ブースト機能を完全に利用できるのは最上位の冷却ソリューションだけです。したがって、ハイエンドのAIO液体クーラーやクローズドループ設定をロックしない限り、速度が持続的にブーストするのではなく、しきい値に到達するまでブーストが短いと予想してください。この機能が提供する機能の全範囲と、Core i9-10900Kが一般的にどのような種類の冷却を必要とするかを知ることは必要です。

TUM_APISAKによって報告されたベンチマークについては、Core i9-10900KがCore i9-9900KSおよびAMD Ryzen 9 3900Xと比較されるGeekbench 5があります。これらのCPUのスコアは次のとおりです。

Geekbench 5シングルコアCPUテスト

  • Intel Core i9-10900K 10コア/ 20スレッドCPU(シングルコア)-1437 ポイント
  • Intel Core i9-9900KS 8コア/ 16スレッドCPU(シングルコア)-1412 ポイント
  • AMD Ryzen 9 3950X 16コア/ 32スレッドCPU(シングルコア)-1308ポイント
  • AMD Ryzen 9 3900X 12コア/ 24スレッドCPU(シングルコア)-1279 ポイント

Geekbench 5マルチコアCPUテスト

  • AMD Ryzen 9 3950X 16コア/ 32スレッドCPU(マルチコア)-14313ポイント
  • AMD Ryzen 9 3900X 12コア/ 24スレッドCPU(マルチコア)-12134ポイント
  • Intel Core i9-10900K 10コア/ 20スレッドCPU(マルチコア)-11390ポイント
  • Intel Core i9-9900KS 8コア/ 16スレッドCPU(マルチコア)-9458ポイント

ここではシングルコアのパフォーマンスは確かに印象的ですが、AMD Ryzen 4000 CPUはそれほど遅れておらず、マルチコアテストで大きなリードを獲得しています。そうは言っても、新しいチップのシングルコアのパフォーマンスは約3〜5%向上するはずですが、マルチコアのパフォーマンスは、コアとスレッドが25%増え、クロック速度が上がると、20〜30%向上すると言われています。Intelはまた、以前にリークされたスライドの各チップのPL2電力状態をリストアップしました。これは、すべてのコアがターボ周波数に達しているときの最大TDPを示しています。Core i9-9900Kは95Wおよび210W(PL2)チップで、i9-10900Kは125Wおよび250W(PL2)チップです。

業界関係者やマザーボードベンダー自身は、Z490ボードはコメットレイク-Sラインナップの高電力入力用に特別に設計されており、チップが300Wの障壁を超えていることに気付きました。以前のベンチマークから、以下にリストされているIntelおよびAMDの現在の世代のラインナップのいくつかの長所を結論付けることができます。

Intelの第10世代コアデスクトップCPU特徴

  • より高いシングルスレッドパフォーマンス
  • より高いクロック速度
  • 優れたオーバークロック機能
  • 固体メモリのサポート

AMDの第3世代RyzenデスクトップCPU特徴

  • より高いマルチスレッドパフォーマンス
  • より多くのコア/スレッド/キャッシュ
  • 7nmアーキテクチャ(新機能)
  • 箱から出して印象的な価値
  • Intelと同等のシングルスレッドパフォーマンス
  • 発熱低く実行し、消費電力を抑えます

Intel 10th Gen Core Comet Lake Desktop CPU Family

CPU NameCores / ThreadsBase ClockSingle-Core Boost ClockTurbo Boost Max 3.0 (Single-Core)All Core Boost ClockCacheTDPPrice
Intel Core i9-10900K10/203.7 GHz5.1 GHz 5.3 GHz (Velocity)5.2 GHz4.8 GHz 4.9 GHz (Velocity)20 MB125WTBD
Intel Core i9-10900KF10/203.7 GHz5.1 GHz 5.3 GHz (Velocity)5.2 GHz4.8 GHz 4.9 GHz (Velocity)20 MB125WTBD
Intel Core i9-1090010/202.8 GHz5.0 GHz 5.2 GHz (Velocity)5.1 GHz4.5 GHz 4.6 GHz (Velocity)20 MB65WTBD
Intel Core i9-10900F10/202.8 GHz5.0 GHz 5.2 GHz (Velocity)5.1 GHz4.5 GHz 4.6 GHz (Velocity)20 MB65W
Intel Core i9-10900T10/202.0 GHz4.5 GHzTBDTBD20 MB35WTBD
Intel Core i7-10700K8/163.8 GHz5.0 GHz5.1 GHz4.7 GHz16 MB125WTBD
Intel Core i7-10700KF8/163.8 GHz5.0 GHz5.1 GHz4.7 GHz16 MB125W
Intel Core i7-107008/162.9 GHz4.7 GHz4.6 GHz4.8 GHz16 MB65WTBD
Intel Core i7-10700F8/162.9 GHz4.7 GHz4.6 GHz4.8 GHz16 MB65W
Intel Core i7-10700T8/162.0 GHz4.4 GHzTBDTBD16 MB35WTBD
Intel Core i5-10600K6/124.1 GHz4.8 GHzN/A4.5 GHz12 MB125WTBD
Intel Core i5-10600KF6/124.1 GHz4.8 GHzN/A4.5 GHz12 MB125W
Intel Core i5-106006/123.3 GHz4.8 GHzN/A4.4 GHz12 MB65WTBD
Intel Core i5-10600T6/122.4 GHz4.0 GHzN/ATBD12 MB35WTBD
Intel Core i5-105006/123.1 GHz4.5 GHzN/A4.2 GHz12 MB65WTBD
Intel Core i5-10500T6/122.3 GHz3.7 GHzN/ATBD12 MB35WTBD
Intel Core i5-104006/122.9 GHz4.3 GHzN/A4.0 GHz12 MB65WTBD
Intel Core i5-10400F6/122.9 GHz4.3 GHzN/A4.0 GHz12 MB65W
Intel Core i3-10350K4/8TBDTBDN/ATBD8 MB125WTBD
Intel Core i3-103204/83.8 GHz4.6 GHzN/A4.4 GHz8 MB65WTBD
Intel Core i3-103004/83.7 GHz4.4 GHzN/A4.2 GHz8 MB65WTBD
Intel Core i3-101004/83.6 GHz4.3 GHzN/A4.1 GHz8 MB65WTBD
Intel Core i3-10100T4/82.3 GHz3.6 GHzN/ATBD8 MB35WTBD
Intel Pentium G64002/43.8 GHz3.8 GHzN/ATBD4 MB65WTBD
Intel Pentium G6400T2/43.2 GHz3.2 GHzN/ATBD4 MB35WTBD
Intel Celeron G59002/23.2 GHz3.2 GHzN/ATBD2 MB65WTBD
Intel Celeron G5900T2/23.0 GHz3.0 GHzN/ATBD2 MB35WTBD

これらのチップの発売に関する限り、以前は第10世代CPUのラインナップが4月から6月に発売される予定であると報告されていましたが、El Chapuzas Informaticoから(Videocardzを介して)発表は4月30日に行われると報告されています販売は後日、おそらく2020年5月に開始される予定です。

Intel 400シリーズプラットフォームおよびLGA 1200ソケットのサポート

Intelは、来年にも導入される400シリーズのボードを搭載した新しいソケットに移行していることが確認されています。LGA 1200ソケットの寸法はLGA 1151ソケット(37.5mm x 37.5mm)と同じですが、ソケットのキーイングが左側に移動し、Comet LakeはCoffee Lakeマザーボードと電気的または機械的に互換性がなくなりました。

Comet Lake用の新しいLGA 1200パッケージとソケットの詳細:

  • Comet Lakeは、より高いピンカウントのパッケージに移行します
  • Comet Lake LGAには、レガシープラットフォームとの下位互換性はありません
  • ILMの寸法や熱ソリューションの保持に変更はありません
  • Comet Lake LGAは、電力供給を改善し、将来のインクリメンタルI / O機能をサポートします
  • ピン1の向きは同じままですが、ソケットキーイングは左にシフトしています

LGA 1200ソケット(H5)の設計図もMomomo_Usによってリークされており、新しいソケット自体の設計を示し、既存のLGA 1151ソケット(H4)と比較しています。

H5 LGA 1200ソケットとH4 LGA 1151ソケットの間のピンおよびソケット固有の変更については、上記の設計図で詳しく説明しています。(画像クレジット:Momomo_US

良い点は、既存のクーラーがLGA 1200ソケットと互換性があるため、これまで使用しているものが流用できます。Comet Lake-Sファミリーは、DDR4-2666メモリUDIMMのサポートを維持し、チャネルあたり最大32 GBの容量のDIMMをサポートします。Intelは、400シリーズファミリーにいくつかのチップセットを展開する予定です。上記の「K」ロック解除SKUをターゲットとするZ490があることは明らかですが、それとは別に、W480(エントリーワークステーション)、Q470(Intel vProの企業)、およびH410(バリュー)チップセットを検討しています。これらは、より多くの企業およびエントリー層のユーザーをターゲットにします。注意すべき点として、H410がW480およびQ470チップセットとピン互換性がないことです。これにより、エントリーレベルのチップが非常に削減された設計であります。

以下は、第10世代のComet Lake-Sファミリーの主要なプラットフォーム機能の一部です。

  • パフォーマンスを強化するための最大10個のプロセッサコア
  • ポートの柔軟性のための最大30 PCH-H高速I / Oレーン
  • 最大40個のPCIe 3.0レーン(16 CPU、最大24 PCH)
  • プレミアム4Kコンテンツをサポートするメディアおよびディスプレイ機能
  • 統合+ディスクリートIntel Wireless-AC(Wi-Fi / BT CNVi)のサポート
  • Intel Wi-Fi 6(Gig +)サポート
  • 拡張されたコアとメモリのオーバークロック
  • 統合USB 3.2 Gen 2×1(10 Gb / s)サポート
  • Intel Rapid Storage Technology(Intel RST)
  • プログラマブル(Open FW SDK)クアッドコアオーディオDSP
  • モダンスタンバイのC10およびS0ixサポート

Intel 400-Series Chipset Family

Chipset NameIntel Z490Intel W480Intel Q470Intel H410
Total HSIO Lanes46 Lanes (16 CPI + 30 PCH)46 Lanes (16 CPI + 30 PCH)46 Lanes (16 CPI + 30 PCH)30 Lanes (16 CPI + 14 PCH)
Total PCIe 3.0 Lanes (CPU + PCH)Up To 40 (16 CPU +Up To 40 (16 CPU +Up To 40 (16 CPU +22(16 CPU + 6 PCIe 2.0)
Chipset PCIe 3.0 LanesUp To 24Up To 24Up To 246 (PCIe 2.0 Only)
SATA 3.0 PortsUp To 8Up To 8Up To 64
Maximum USB 3.2 Ports Gen 2 (10 Gb/s) / Gen 1 (5 Gb/s)4368743687436260/4
Tota USB Ports (Maximum USB 3.2 Gen 1 (5 Gb/s))14 (10)14 (10)14 (10)10 (4)
Intel RST Technology For PCIe 3.0 storage ports3 PCH3 PCH3 PCH0
eSPI2 Chip Select2 Chip Select2 Chip Select1 Chip Select
Overclocking SupportYesN/AN/AN/A
Processor PCIe Express 3.0 Lanes Configuration1x16 or 2x8 or 1x8 + 2x41x16 or 2x8 or 1x8 + 2x41x16 or 2x8 or 1x8 + 2x41x16
Display Support (Ports / Pipes)3/33/33/33/2
DMI 3.0 Lanes4444 (DMI 2.0 Only)
System Memory Channels / DPC2/2 (DDR4-2666)2/2 (DDR4-2666)2/2 (DDR4-2666)2/1 (DDR4-2666)

チップセットの機能に関しては、W480は、ここで説明する3つのチップセットの中で最も機能が豊富です。Z490はマニアやゲームユーザーにとって最も魅力的ですが、主流のチップセットを見てみましょう。W480チップセットは、合計46の高速IOレーンと合計40のPCIe Gen 3.0レーンを提供します。CPUは16レーンを保持し、チップセットは最大24のPCIe 3.0レーンを提供します。最大8個のSATA IIIポート、8個のUSB 3.2 Gen 2ポートまたは10個のUSB 3.2 Gen 1ポート、14個のUSB 3.2 Genポート、およびIntel RSTがサポートされます。3つのチップセットのいずれもZ490チップセットに制限されているため、オーバークロックのサポートを備えていませんが、インテル自体からオーバークロックに関する詳細情報を後で入手します。第10世代ファミリーで期待できるZ490マザーボードの膨大なリストがあり、そのほとんどはatwiki.jpですでにリークされています。

Intel Z490 ‘LGA 1200’ Motherboards

Motherboard VendorASUSGigabyteMSIASRockSupermicro/NZXT/ECS
Z490ROG MAXIMUS XII APEXZ490 AORUS XTREME WATERFORCEMEG Z490 GODLIKEZ490 AQUANZXT N7-Z49XT
ROG MAXIMUS XII EXTREMEZ490 AORUS XTREMEMEG Z490 ACEZ490 TaichiSupermicro C9Z490-PGW
ROG MAXIMUS XII FORMULAZ490 AORUS MASTER WATERFORCEMEG Z490 UNIFYZ490 PG Velocita
ROG MAXIMUS XII HERO (WI-FI)Z490 AORUS MASTERMEG Z490I UNIFYZ490 Phantom Gaming 6
ROG STRIX Z490-A GAMINGZ490 AORUS ULTRAMPG Z490 GAMING CARBON WIFIZ490 Phantom Gaming 4 / 2.5G
ROG STRIX Z490-E GAMINGZ490 AORUS ULTRA-GUMPG Z490 GAMING EDGE WIFIZ490 Phantom Gaming 4 / Ac
ROG STRIX Z490-F GAMINGZ490 AORUS PRO AXMPG Z490M GAMING EDGE WIFIZ490 Phantom Gaming 4
ROG STRIX Z490-Z490 AORUS PROMPG Z490 GAMING PLUSZ490 Phantom Gaming 4SR
GIX 490 -H GAMINGZ490 AORUS ELITE ACMAG Z490 TOMAHAWKZ490 Phantom Gaming-ITX / TB3
ROG STRIX Z490-I GAMINGZ490 AORUS ELITEZ490-A PROZ490 Steel Legend
TUF GAMING Z490-PLUS (WI-FI)Z490I AORUS ULTRAZ490 Extreme4
TUF GAMING Z490-PLUSZ490 DESIGNAREZ490 Pro4
PRIME Z490-AZ490 GAMING XZ490M Pro4
PRIME Z490-PZ490M GAMING X-ITX Z490M / ac
PRIME Z490M-PLUSZ490 WHITE
Z490 VISION D
Z490 VISION G
Z490 UD AC
Z490 UD
Z490 D
Z490M DS3H
Z490M

Intel Desktop CPU Generations Comparison

Intel CPU FamilySandy BridgeIvy BridgeHaswellBroadwellSkylakeKaby LakeCoffee LakeCoffee LakeComet LakeRocket LakeAlder LakeMeteor Lake
Processor Process32nm22nm22nm14nm14nm14nm14nm14nm14nm14nm10nm?TBA
Processors Cores (Max)4/84/84/84/84/84/86/128/1610/2010/2016/32?TBA
TDPs35-95W35-77W35-84W65-65W35-91W35-91W35-95W35-95W35-125WTBATBATBA
Platform Chipset6-Series7-Series8-Series9-Series100-Series200-Series300-Series300-Series400-Series500-Series?TBATBA
PlatformLGA 1155LGA 1155LGA 1150LGA 1150LGA 1151LGA 1151LGA 1151LGA 1151LGA 1200LGA 1200?LGA 1700?TBA
Memory SupportDDR3DDR3DDR3DDR3DDR4/DDR3LDDR4/DDR3LDDR4DDR4DDR4DDR4?DDR5?DDR5?
PCIe SupportPCIe Gen 2.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 4.0?PCIe Gen 4.0?PCIe Gen 4.0?
Launch201120122013-201420152015201720172018202020212022?2023?

Intelは間違いなく第10世代Comet Lake-SデスクトップCPUファミリーのリリースに時間を割いていますが、第3世代Ryzen CPUが主要な小売店で非常識な取引を行っているだけでなく、AMDの次世代Zenを確認したため、状況が少し難しくなります。Ryzen 4000デスクトッププロセッサーは、2020年末(Q4)までに登場する予定です。これにより、AMDがまったく新しいアーキテクチャベースのCPUファミリーで猛威を振るう前に、Intelにはわずか半年の余裕が与えられますが、Rocket Lake-Sが年末~2021年初頭に発表する前に、Intel自体がComet Lake-Sを一般的なリフレッシュにしたいようです。市場にどのくらい出回るのかすらも気になるComet Lake-S、Rocket Lake-Sまで1年無い訳で、Zen3も間近に迫っています。待てる方は来年まで待って購入する方が良いと思われます。

 

関連記事

  1. 第8世代Coreプロセッサはいつが買い時なのか

  2. AMD Ryzen Threadripper 2990X 32コア

  3. AMD Ryzen 5000 Cezanne Mobility APU…

  4. AMD Radeon RX 6900XTフラッグシップ「BigNavi…

  5. パソコン工房 NVIDIA Quadro P4000 とAMD Ryz…

  6. AMD 7nm Zen2 第3世代Ryzen

  7. AMDは、Gamescom 2022でAM5プラットフォームを発表へ

  8. パソコン工房 第8 世代 Core™ i7-8700K …

  9. AM4 プラットフォーム用の AMD Ryzen 7 5700 8コア…

  10. Intel Cascade LakeベースのXeon W 3200 …

  11. AMD AGESA ファームウェアは、クライアント、サーバー プラット…

  12. AMD Zen 3 3D V-Cache Stack チップレットテク…

PAGE TOP