Intel Tiger Lakeに搭載されているXeグラフィックスは、AMDの7nm Vega統合GPUを超えている

(Source:wccftech)

IntelのTiger Lake CPUは今年後半Q4に発売される予定で、同社の新しいXeグラフィックスアーキテクチャベースの統合GPUを搭載しています。Xeグラフィックスアーキテクチャに関する多くの噂と憶測がありましたが、初期のサンプルからの最新のパフォーマンスリークは、AMDのRenoir Ryzen 4000 CPU内蔵の7nm Vega GPUを簡単に上回ることを示しています。

Intelの第11世代Tiger Lakeプロセッサー内蔵Xe GPUは、AMDの7nm Vega統合グラフィックスよりも優れる

昨日、最大4.30 GHzのブーストクロックで動作する第11世代Intel Tiger Lake CPUを報告しました。今日リークした製品は、以前に報告したバリアントよりも高速ではありませんが、少なくとも総合ベンチマークでは、グラフィックワークロードをどのように処理するかを確認できます。この特定の製品は、以前見たすべてのTiger Lake-Uリストのような4つのコアと8つのスレッドを特徴とし、ベースクロックは2.70 GHzです。チップの最大ターボコアクロックは2.8 GHzと報告されています。これは、ブースト機能が無効になっているか、3DMarkワークロードで使用されていないことを意味します。

一方、GPUはXe(Gen 12)グラフィックスアーキテクチャに基づいています。GPUのコアクロックについては言及していませんが、Tiger Lakeチップには96個のEUが装備されており、DG1クラスのGPUに搭載されているものと同じ数です。DG1 GPUは、ウルトラモバイル、PCモバイル、およびミッドレンジディスクリートグラフィックスカードへの参入で利用されるXe LPマイクロアーキテクチャに基づいています。Xe GPUを搭載したIntel Tiger Lake CPUは、AMD Ryzen 9 4900HSに比較テストされました。AMDRyzen 9 4900HSは、入手可能な最もハイエンドのRenoirモビリティ製品です。CPUは、8コア、16スレッド、3.0 GHzのベースクロック、4.3 GHzのブーストクロック、および12 MBのキャッシュ(4 MB L2 + 8 MB L3)を備えています。グラフィックス側には、拡張された7nm Vega GPUが含まれており、12nmの「Picasso」Vegaグラフィックスと比較して、CUあたり50%以上のパフォーマンスの向上を実現します。チップには8つのVega CUが付属し、1750 MHzでクロックされる合計512のストリームプロセッサに対応しています。注意すべき1つのことは、Intel Tiger LakeチップがRyzen 4000ベースのラップトップでLPDDR4Xメモリ(8 GB)と3200 MHz LPDDR4メモリ(16 GB)メモリを使用していたことです。

パフォーマンスの数値を見ると、CPUのパフォーマンスは、AMDのRyzen 4900HSのパフォーマンスよりも低いと予想できます。これは、クロックとコアの数が少ないためです。対15W-28W超低電力Tiger Lakeチップ。CPUテストは、AMD Ryzen 9 4900HSがIntelのTiger Lake-Uよりも最大64%高速であることを示していますが、そのグラフィックスコアについては、私たちが本当に話す必要があります。グラフィックテストでは、Intel Tiger LakeのXe GPUは、AMDの7nm Vega GPUよりも最大10%高速です。また、2番目のグラフィックステストでは最大14%高速であり、これらはまだ最適化されたドライバーと最終版の改善されたクロックで間違いなく改善される暫定的な数値です。つまり、Intel Tiger Lake-UチップとAMD独自のRyzen 4000 Uシリーズプロセッサを比較できます。Proラインナップの3DMark Firestrikeスコアはしばらく前にリークされたため、比較に使用できます。Ryzen 3 Pro 4450Uは、2.50 GHzのベースクロックと3.80 GHzのブーストクロックを備えた4コアと8スレッドを備え、Ryzen 5 Pro 4650Uは、2.1 GHzのベースクロックと4.0 GHzのブーストクロックを備えた6コアと12スレッドを備えています一方、Ryzen 7 4750Uは、ベースクロックが1.7 GHz、ブーストクロックが4.2 GHzの8つのコアと16のスレッドを備えています。ここでは、Intelチップが6コア/ 12スレッドのRyzen 4000 Proプロセッサーよりも優れた性能を発揮し、4コア/ 8スレッドのRyzen Pro 4450Uを34%リードしていることがわかります。

Xe GPUはすでにRyzen 4000 Hシリーズチップの7nm Vegaグラフィックスを打ち負かしているため、Uシリーズの部品よりも先になり、15W TDPの制約のために35-45Wの部品よりもわずかにパフォーマンスが低下する可能性があります。Intel Tiger Lakeプロセッサは2020年に登場する予定であり、アーキテクチャにいくつかの新しい変更が加えられます。まず、Ice Lakeプロセッサーで現在搭載されているSunny Coveコアに代わる新しいWillow Coveコアを使用します。新しいコアに加えて、前述のキャッシュの再設計、新しいトランジスタレベルの最適化、および強化されたセキュリティ機能が提供されます。Intelはまた、Xe GPUをTiger Lakeチップに搭載し、現在Ice Lakeチップに搭載されているGen 11 GPUの2倍のパフォーマンスを実現します。

また、Xe GPUアーキテクチャと組み合わされた10nm +ノードは、Ice Lakeチップに搭載された10nm +アーキテクチャの最初のイテレーションと比較して、増加したクロックを提供するはずです。10nm Tiger Lake CPUは、2020年後半にAMDの7nm Zen 2ベースのRyzen 4000「Renoir」ファミリーに取り組むことになるでしょう。また、Phantom CanyonやPanther Canyonのラインナップの一部として2020年後半に登場する新しい第11世代ベースのNUCも期待できます。