AMD EPYC Embedded 3000 CPUを更新

(Source:wccftech)

AMDは、EPYC Embeddedプロセッサーのラインアップを更新しました。この一連のプロセッサは、主にサーバーおよび組み込みシステム市場で使用されるように設計されているため、AMDの他のプロセッサーと同じアーキテクチャを備えていますが、コア数が多く、PCI Expressレーンが多く、大規模なサポートなどのサーバー機能を備えていますRAMの量。Serve The Homeは、AMDのラインアップの変更に関するこの記事をリリースしました。

AMDはEPYC Embedded 3000シリーズのラインアップを更新

これらのプロセッサーは、Intel Xeon Dと競合するように特別に設計されており、このシリーズのプロセッサーにはデュアルダイソリューションという2つの異なるバリエーションがあります。最初のシングルダイソリューションは、8つのコアと16のスレッドをサポートし、最大32のPCIe Generation 3レーンと4つの10 GbEリンクをサポートします。AMDのEPYC Embeddedプロセッサーの2番目のバージョンは、利用可能なIOを半分にしながら、より多くのコアを備えています。

もともと、このプロセッサラインは3451、3401、3351、3301、3251、3201、3151、および3101モデルを備えています。これらのプロセッサーのソケットはまだ不明です。ただし、このイメージは、プロセッサーのコア、スレッド、およびTDPを示しています。3451、3351のTDPは、当初は構成不可能であったものから変更されていますが、AMDが最近リリースした2番目の画像では、これらのプロセッサーTDPが構成可能になっていることが示されています。これら2つのプロセッサーのTDPは、それぞれ80〜100ワットおよび60〜80ワットです。

TDPの設定から設定可能への変更は、これら2つの異なる画像に示されている唯一の変更ではありません。2番目の重要な変更は、2つのモデルが2番目のスライドにないことです。これら2つのSKUは3401と3301であり、これら2つのSKUは3351と3451 SKUに統合されたようです。これら2つのSKUはデュアルダイパーツであり、これらのSKUはシングルダイソリューションと比較すると異なるソケットを使用します。これらのプロセッサーはそれぞれSP4ソケットとSP4r2ソケットを使用します。

AMDがこのラインナップに追加したもう1つのプロセッサーはEPYC 3255です。このプロセッサーは、他の2つの追加プロセッサーと同様に、構成可能なTDPを備えていますが、シングルダイソリューションに基づいているため、SP4r2ソケットを使用しています。3255プロセッサーには、25ワットという驚くほど低い範囲から最大55ワットまで構成可能なTDPがあります。

関連記事