Intel 10nm Alder Lake CPUがスマートフォンのbig.LITTLE哲学をデスクトップに

(Source:wccftech)

Intelの今後の10nmベースのAlder Lakeプロセッサーに関する非常に興味深い投稿が、最近(@momomo_us経由で)中国のPCショッピングフォーラムに投稿されました。Alder Lakeは現時点では、直近の話ではありません。(Comet Lakeに続くのはRocket Lakeになりこのあとと思われます)、スマートフォンで大成功を収めている哲学:big.LITTLE 。言うまでもなく、これは単なるリークです。

10 ++プロセスに基づくIntelのAlder Lake CPUは、LGA 1700ソケットに8つの大きなコアと8つの小さなコアを備える

このリークはデスクトッププロセッサー専用ですが、このテクノロジーがAlder Lakeに導入された場合、ノートブックのCPUにも確実に搭載されます。big.LITTLEの哲学(ARMが発明)により、プロセッサメーカーは、ニーズと需要に応じて、高性能または低エネルギーのクラスターを選択できます。デスクトップ環境ではそれほど違いはありませんが、TDPエンベロープが通常制約され、電力が非常に制限されているスマートフォンアプリケーションでは、非常に大きな影響があります。先に進む前に、関連するスライドのスクリーンショットを次に示します。

ここに示されている3つのタイプは、8 + 8 + 1構成(8個の大電力コア、8個の小電力低電力コア、1個の統合GPU)から標準6 + 1構成(6個の「大」コアと統合GPU)。また、Intelは150Wの設計で調査していると述べています。インテルがデスクトップ環境のパワーエンベロープを心配している理由は不明ですが、大きなコアのクロックをかなり高くすることが予想できます。また、16個すべてのコアが連携して動作できるかどうかを確認するのも興味深いでしょう(通常は一度に8個のみ)。ただし、8 + 8 + 1と6 + 1の両方のSKUが同じTDPを持っているという事実から判断すると、すべてのコアが連携して動作することはおそらく不可能です。このリークが明らかにするもう1つの情報は、Alder LakeがLGA 1700ソケットを利用することです。Comet LakeはすでにユーザーをLGA 1200にシフトしているため、新しいソケットに長く留まることはないようです。Morgan Stanley TMTカンファレンスでのIntelの声明を念頭に置いておくと、Intelは、Alder Lakeが稼働するのと同じ期間に7nmを積極的にプッシュする予定であるようです。Intelは2021年に完全に成熟したAMDからの厳しい競争に直面し、両社が市場シェアを守るために深刻な価格競争が発生する可能性があります。Intelは大きなマージンバッファーを持っていますが、AMDの7nm財務プロファイルはより強力です。とはいえ、Intelはこれまでより高いクロックを達成できており、これが10nm(TSMCの7nmとほぼ同等)になるのかどうかはまだ不明です。

関連記事