NVIDIA次世代GPUがベンチマークされ最大7552コアは、TITAN RTXよりも40%高速

(Source:wccftech)

NVIDIAの次世代グラフィックカード(おそらくAmpere)の大きなリークは、Geekbenchから(_ RoGame @ Twitte r 経由で)生まれました。1つではなく2つの別々のGPUがベンチマークされており、NVIDIAの今後のラインナップで2枚のグラフィックカードとなる可能性のあるものを紹介しています。ただし、これらは必ずしもAmpere(またはHopper)であるとは限らず、別の名前(実際にはNVIDIAによる)と呼ばれる可能性があり、会社はこの1時間で命名法を変更することが知られています。

おそらくNVIDIA次世代グラフィックスカード Ampere 7nm GPUがGeekbench 5でベンチマーク

最初のGPUは7552 CUDAコアと118個のSMを搭載したものです。興味深いことに、パフォーマンスとGeekbenchの読み取りは、SM理論ごとに噂されている128コアが間違っており、GPUにはSMごとに標準64コアがあることを意味します。この特定のGPUは1.11 GHzでクロックされたため、現在の速度では16.7 TFLOPになります。もちろん、これは最上位部分ではなく8192 CUDAコアを持っています。このGPUには24GBのメモリがあります。

この特定のNVIDIA GPUは、Geekbenchで驚異的な184096ポイントを獲得しました。これは、TITAN RTXよりもほぼ40%高ポイントです。これらはほぼ確実にグラフィックカードの最終クロックではないことは言うまでもありません。つまり、オーバークロックの可能性がありドーピングされたデータの可能性があります。また、これはデータセンターのものであり、ゲームのバリエーションではありません。2番目のGPUは、6912 CUDAコアと108個のSMを搭載したものです。この低電力の製品は、1.01 GHzでクロックされ、約13.9 TFLOPでクロックインします(RTX 2080 Tiとほぼ同じレベル)。このカードには47GBのメモリが搭載されていることが示されているため、メモリの仕様に関する限り、何らかの誤読が発生している可能性があります。6912 CUDAコア製品は、Geekbenchで141654ポイントを獲得し、RTX TITANよりわずかに高くなっています。NVIDIAがかなり長い間、次の新しいシリーズのカードを発売することを計画していることを考えると、このリークはいくつかの興奮で満たされるでしょう。クロックは、ほぼ確実に7nmノードであることを示しています。古い成熟したノードであれば、相当高いクロック速度が得られるからです。