NVIDIA Ampere GPU GTC 2020で発表か?!

(Source:wccftech)

NVIDIAのAmpere GPUは、過去1年間で多くの憶測や噂が飛び交っています。ついに発表する準備ができているという話です。過去のリークも2020年3月の発売のタイムフレームを示しており、Jensenは「あなたは失望することはない」と主張しており、これはついに時期が来たということのようです。GTC 2020でAmpereを開始する予定の場合、すぐに通常のソースからのリークを確認する必要があります。

NVIDIA Ampere GPUはGTC 2020で発表か?

NVIDIAのCEOであるJensenは本件に関して、世間の注目を浴びていませんでした。最近の四半期決算会議で、彼はすべての人をGTC 2020に招待しました。おもしろいのは、彼が少しお誘いで締めくくった時のことです。「あなたは失望することはないでしょう」。Jensenは虚偽の約束をするものではないことを考えると、私たちは来たるGTCカンファレンスでのローンチ(紙またはそれ以外)の多くを見るだろうと確信しています。NVIDIAはまた、価格が(比較的)正常化するにつれて、同社はより多くのゲーマーをTuring GPUに移行させることを求めていると述べました。同社は、以前の暗号通貨に支えられた高値にまだ達していませんが、Ampereはまさにそれを実現するアーキテクチャであることが証明される可能性があります。同社はかなり長い間16nm(12NFFノードは16nm FFノードに改名)にとどまっています。AMDが既に7nmになっているため、事態は過熱し始めています。同社がAmpere GPUを搭載した7nmに移行した場合、より低いプロセスの経済性を活用できるだけでなく、カードの絶対パフォーマンスも向上させることができます。

これまでで把握できている事

NVIDIAのAmpere GPUがEEC認定に合格した事を以前聞いたことがありますが、それ以降は何も出てきませんでした。ただし、現在は暫定的なスケジュールがあります。2020年年内に発売される予定です。NVIDIAがRTX哲学を継続し、Ampereで次のレベルに引き上げる可能性が高いです。現在、Turing GPUは1080p 30 fpsのレイトレーシングが可能で、ライトから中程度のパスレイトレーシングワークロードを実行できます。Ampere GPUはさらに先へ進むことができます。Samsungの7nm EUVプロセスに基づいているという事実は、パフォーマンスの利点と電力効率の利点を検討していることを意味します。それだけでなく、信じられないかもしれませんが、実際には、7nm EUVは標準的なUVマルチパターニングの努力よりも簡単に製造できるはずです。EUVは、会社が新しい光源に移行する際の難易度曲線の一種のリセットと考えてください。ただし、これには大規模なリツールが必要になります。経済規模的には確実に価値があることが証明されています。少なくとも、考慮されているすべてのものと消費電力が50%増加する事を確認しています。

NVIDIAはTSMCの最大の顧客の1つであり、ほぼ現代のゲームテクノロジーの初期段階から忠実な後援者となっています。彼らが実際にSamsungの7nmテクノロジーへの移行を計画している場合、それは会社だけでなくTSMCにも影響を与えます。ここで起こっている可能性のあるものは2つあります。Samsungが金銭的により良い取引を提供している、またはNVIDIAがSamsungの7nm技術が優れていると信じる理由があります。これが当てはまる理由の1つは推測できます。現在、TSMCの7nmプロセスはEUVに基づいていませんが、EUVノードが計画されています。NVIDIAがSamsungに移行する予定のプロセスはEUVです。これは、サムスンのEUVプロセスがTSMCベースのプロセスよりも目標を達成するのに役立つと考えられる理由があることを意味します。もう1つの潜在的な理由は、TSMCが大量のボリュームを提供できない事です。Apple Incのような優先順位を決して付けないことを好んでいるとも考えられます。一方、Samsungの工場は十分な能力を備えており、Samsung Electronicsの巨大企業を考えると、歩留まりの問題にお金を投じて消滅させることができます。Samsungとみなされるものはすべて、NVIDIAと同様に野心的な企業にとって論理的なパートナーです。現在、Intel工場の能力に大きな疑問符があり、TSMCが足を引っ張ったため、SamsungはNVIDIAが活用できる唯一の最先端工場です。