Intelの強力な新しいTiger Lake CPUは、Sony PS4と同様に強力なiGPUを搭載

(Source:wccftech)

クラウド上のベンチマークスイートは、今後のリリースを追跡するためのより信頼性の高い方法の1つであり、Intelの今後のTiger Lakeプロセッサは、非常にグラフィカルな機能を搭載しているようです。1.2 GHzのクロック速度の96 EUを搭載したiGPUは、Sony PS4(ギブまたはテイク)と同じグラフィック馬力を出力することができ、エントリーレベルのグラフィック(NVIDIAのMX 150など)の生活を非常に悲惨なものにするはずです。IntelのTiger Lakeは、エントリーレベルのグラフィックスの市場を完全に排除するよう設定されており、Sisoft Sandraからのこのリークはそれを確認しているようです。

IntelのTiger Lake CPUがSisoft Sandraベンチマークをリーク、96のEUが1.84 TFLOPのグラフィック馬力で1.2 GHzでクロック

Intel Tiger Lake-Uプロセッサには、それぞれ96 EUの大規模なiGPUが搭載されます。EUのSPに対する比率(またはそれらを何と呼んでも)が同じ場合、およそ768コアを見ています。1.2 GHzのクロックで動作するこれらのコアは、1.84 TFLOPのコンピューティングを出力できます。興味深いことに、これは元のSony Playstation 4がパックしたグラフィックスパワーとまったく同じレベルです。誰かがマーケティングでこれを指摘しなければ、Intelは真剣に見逃してしまうでしょう!これ以上苦労することなく、Sisoftのデータベースからあなたが実際に取ったリークを以下に示します。

問題のリークは、使用中のドライバーが「ReleaseInternal」であるため、Intelのラボから直接発生しているようです。Intel Tiger Lake iGPUは、3.1 GHzのベースクロックを持つCPUとペアになっており、ゲームのコンピューティングサイドを十分に処理できるはずです。これらの電力レベルで、IntelのTiger Lakeは統合グラフィックスの見方に革命を起こすように設定されています。同社は1年の大半をドライバーの調整とGUIエクスペリエンスの改善に費やし、Tiger Lake を使用してXe IPは最終的に争いに入り、Intelの最初の約束を実現します。IntelのTiger Lakeモビリティプロセッサは、仕様とアーキテクチャがまったく同じであることを考慮すると、本質的にモビリティフォームファクターのDG1です。唯一の違いは消費電力であり、これが25Wパーツか15Wパーツかによって、大きな違いが生じます。このGPUがNVIDIAのMX 150や、おそらくMX250からも勝るとも劣らないと確信しています。実際、そのために、NVIDIAはエントリーレベルのラインナップの価格を大幅に引き下げると聞いており、MX350をTiger Lake に対抗する準備をしています。少なくともGTX 1650のような本格的な専用GPUを使用するのでなければ、IntelのTiger Lakeグラフィックスは、あらゆるサブパーディスクリートグラフィックス(ahem MX 250)の価値提案を非常に難しい販売にするでしょう。メーカー向け。OEMは、IntelのTiger Lake CPUを搭載したパッケージにほぼ同じ電力レベルを収容できる場合、ディスクリートチップに個別の冷却および電力ソリューションを実装する複雑なプロセスにはおそらく入りたくないでしょう。現時点で懸念しているのは、Intelの需要を満たす能力だけです。これは、NVIDIAのMXラインアップを不要する可能性があります。