Intel Core i9-10900K 10コアCPUは、AMDのRyzen 9 3900Xよりわずかに高速

(Source:wccftech)

IntelのCore i9-10900Kは数か月でリリースされ、チップの新しいベンチマークを取得してTUM_APISAKを提供しました。最新のベンチマークは、3DMark FirestrikeおよびTime SpyベンチマークにおけるIntelの今後のDeca-coreチップのパフォーマンスをカバーし、両方のCPUが500ドルの価格を狙うため、10900Kの主要な競争相手と思われるAMD Ryzen 9 3900Xと比較します。

Intel Core i9-10900K 10コアCPUは、AMD Ryzen 9 3900X 12コアCPUよりも僅かに高速だが、消費電力は大幅に増加

第10世代 Core i9-10900Kは、Comet Lake-Sメインストリームデスクトップファミリーに搭載されており、2020年の主力CPUです。これは、Kaby Lake、Coffee Lake、Coffeeなどの無数の改訂版で受け取ったSkylakeアーキテクチャに基づいています。このプロセスも同じ14nmですが、より洗練されたバージョンであるため、わずかなクロック速度の向上とコアの追加を可能にしています。

Intel Core i9-10900K 10 Core CPUの仕様

仕様に関しては、Core i9-10900K  は10コア、20スレッド、20 MBの合計キャッシュ、125W TDPです。チップの基本周波数は3.7 GHz、ブースト周波数は5.1 GHzです。ただし、IntelのTurbo Boost Max 3.0テクノロジーを使用すると、チップはシングルコアで最大5.2 GHzをブーストでき、さらに良いのは4.9 GHzの全コアブーストです。この特定のチップの機能には次のものがあります。

  • 最大4.8 GHzの全コアターボ
  • 最大5.3 / 4.9 GHzの熱速度ブーストシングル/オールコアターボ
  • 最大5.2 GHz Intel Turbo Boost Max 3.0
  • 最大10Cおよび20T
  • 最大DDR4-2933 MHzデュアルチャネル
  • 強化されたコアとメモリのオーバークロック
  • アクティブコアグループの調整

ベンチマークは、Intel Core i9-10900Kが3DMark Firestrikeベンチマークで28462ポイントを獲得し、AMD Ryzen 9 3900Xが約27,000ポイントを獲得するよりも約5%高速であることを示しています。3DMark Time Spyでは、Core i9-10900Kは13142ポイントを獲得し、AMD Ryzen 9 3900Xは約12,6000ポイントを獲得します。ここで考慮すべきことがいくつかあります。

Intel Core i9-10900Kは、すべてのコアで非常に高速なブーストクロック(4.9 GHz定格)を備えていますが、AMD Ryzen 9 3900Xは4.1 GHzの全コアブーストを備えており、サンプルサイズは4.2 GHz近くに制限されています。AMD Ryzen 9 3900Xは、コアを2つ、スレッドを4つ多く提供しますが、クロックが低いため、Core i9-10900Kよりもわずかに遅くなります。Intelの4.9 GHz全コアブーストは、新しいThermal Velocity Boost周波数としても評価されています。これは、最高の冷却ソリューションで実行している場合にのみ可能です。AMDのクロックリードが非常に大きいにも関わらず、IntelのCore i9-10900KはRyzen 9 3900Xを最大5%しか上回ることができません。これは、AMDのメインストリームファミリのトップチップでさえありません。

これは、Intelと比較して、AMDがIPCに関してどれだけ飛躍したかを示しています。もう1つは、電力消費と熱です。以前のレポートで、Intel Core i9-10900KがRyzen Threadripper 3970Xと同程度の電力を消費し、Ryzen 9 3900Xよりも5%優れたパフォーマンスを提供することを見てきました。すべてのコアがロードされると、Intel Core i9-10900Kは300Wの電力障壁を破ります。これは、AMDがプロセスノートを進化させる一方で、老朽化し​​た14nmプロセスノードでデスクトップパーツを製造することにより、Intelが長年にわたって、AMDの7nmに対して失った大きな効率化のリードを許しています。まもなく新しいZen 3コアベースのプロセッサでより洗練された7nm +ノードを提供する予定でますます広がりを見せる一方です。これはまた、Intel Core i9-9900Kがオーバークロック時に90度に達し、競合するAMD Ryzen 3000プロセッサーよりもはるかに高い温度になるため、Intel Core i9-10900Kを最適なレベルで実行するには、コア数とクロック速度が高いため、非常に強力な冷却セットアップと電源が必要です。

Intel 10th Gen Core Comet Lake Desktop CPU Family

CPU NameCores / ThreadsBase ClockSingle-Core Boost ClockTurbo Boost Max 3.0 (Single-Core)All Core Boost ClockCacheTDPPrice
Intel Core i9-10900K10/203.7 GHz5.1 GHz 5.3 GHz (Velocity)5.2 GHz4.8 GHz 4.9 GHz (Velocity)20 MB125WTBD
Intel Core i9-1090010/202.8 GHz5.0 GHz 5.2 GHz (Velocity)5.1 GHz4.5 GHz 4.6 GHz (Velocity)20 MB65WTBD
Intel Core i9-10900T10/202.0 GHz4.5 GHzTBDTBD20 MB35WTBD
Intel Core i7-10700K8/163.8 GHz5.0 GHz5.1 GHz4.7 GHz16 MB125WTBD
Intel Core i7-107008/162.9 GHz4.7 GHz4.6 GHz4.8 GHz16 MB65WTBD
Intel Core i7-10700T8/162.0 GHz4.4 GHzTBDTBD16 MB35WTBD
Intel Core i5-10600K6/124.1 GHz4.8 GHzN/A4.5 GHz12 MB125WTBD
Intel Core i5-106006/123.3 GHz4.8 GHzN/A4.4 GHz12 MB65WTBD
Intel Core i5-10600T6/122.4 GHz4.0 GHzN/ATBD12 MB35WTBD
Intel Core i5-105006/123.1 GHz4.5 GHzN/A4.2 GHz12 MB65WTBD
Intel Core i5-10500T6/122.3 GHz3.7 GHzN/ATBD12 MB35WTBD
Intel Core i5-104006/122.9 GHz4.3 GHzN/A4.0 GHz12 MB65WTBD
Intel Core i3-10350K4/8TBDTBDN/ATBD8 MB125WTBD
Intel Core i3-103204/83.8 GHz4.6 GHzN/A4.4 GHz8 MB65WTBD
Intel Core i3-103004/83.7 GHz4.4 GHzN/A4.2 GHz8 MB65WTBD
Intel Core i3-101004/83.6 GHz4.3 GHzN/A4.1 GHz8 MB65WTBD
Intel Core i3-10100T4/82.3 GHz3.6 GHzN/ATBD8 MB35WTBD
Intel Pentium G64002/43.8 GHz3.8 GHzN/ATBD4 MB65WTBD
Intel Pentium G6400T2/43.2 GHz3.2 GHzN/ATBD4 MB35WTBD
Intel Celeron G59002/23.2 GHz3.2 GHzN/ATBD2 MB65WTBD
Intel Celeron G5900T2/23.0 GHz3.0 GHzN/ATBD2 MB35WTBD

それだけでは不十分な場合、 AMDのECOモードは、16コアと32コアのチップが電力制限を抑えても非常に優れた性能を発揮する非常に便利な機能であることが示されています。新しい7nm Zen 2コアがAMDにどれだけ大きな効率性をもたらしたかを示しており、Ryzen 4000「Renoir」プロセッサーを搭載したモバイルプラットフォームでデスクトップクラスのパフォーマンスを提供します。Intelは、AMDの現状製品や今年後半に提供される次の製品と競合できないことを認識しており、Intelは第10世代デスクトップパーツのサイレントローンチを行う可能性があります。AMDは、IntelがCore i9を350ドルから400ドルに下げない限り、Ryzen 3000はIntelの第10世代の部品と競争するのに十分な競争力があるため、値下げを提供することさえ考えないかもしれませんが、それでも彼らはそうする財政的な力を持っているので、デスクトップセグメントでの競争力を維持します。Intelの第10世代のラインナップでは、すべての部品でマルチスレッド化とクロック速度の高速化が可能ですが、より多くの電力とより強力な冷却が必要になります。Zen3によりAMDは今年予想されるすべてのセグメントで市場シェアを獲得し、Intelは本当に自分のCPU戦略を再考する必要があります。Intelの第10世代Comet Lake-SデスクトップファミリーとZ490マザーボードは、2020年4月に発売される予定です。