Intel Xe DG1 GPUグラフィックスのパフォーマンスがリーク、AMD 7nm Vegaよりも最大40%高速

(Source:wccftech)

Intel Xe DG1 GPUは、いくつかのベンチマークデータベースに登場しています。AMDのRyzen 4000プロセッサーに搭載された新しい7nm Vega GPUよりも優れた3DMarkベンチのパフォーマンスを発揮する可能性を示しています。

Intel Xe DG1 GPUは、AMDの7nm Vega GPUよりも最大40%優秀、初期テストでは最大クロック1.5 GHz

Intel Xe DG1 GPUは、最初に公表チップで、今年後半には、市場登場する見込みです。IntelのDG1 GPUに基づくSDV(Software Development Vehicle)グラフィックスカードは、Xeグラフィックスアーキテクチャ向けにソフトウェアを最適化できるように、既に世界中のISVへのサンプリングを開始しています。しかし、DG1の最初のエントリは、さまざまなベンチマークデータベースに既に表示され始めているようです。

IntelのXe GPU(Gen 12)には、Tiger Lake(Integrated GPU)とCoffee Lake(Discrete GPU)の両方で実行されたテストを含むさまざまなエントリがあります。Tiger Lakeファミリーは統合されたXeグラフィックアーキテクチャを備えた最初の製品となりますが、Coffee Lake CPUのエントリは上記のDG1 GPUベースのSDVであるディスクリートグラフィックボードを備えています。

GeekbenchのIntel Xe DG1(ディスクリート)GPU OpenCLベンチマーク

ベンチマークに関しては、Xe DG1 GPUはGeekbench 5 OpenCLベンチマークでテストされています。このチップのTiger Lake-U製品には、報告されているクロック速度1.50 GHzの96個の実行ユニットが搭載されています。このプラットフォームのOpenCLスコアは12444です。TigerLake-Uチップ自体は、2.30 GHzの基本周波数で動作する4コアと8スレッドの製品です。よく見ると、このチップは統合されたGen 12 Xe GPUではなく、個別のXe DG1グラフィックスカードを使用しています。

Intel Xe DG1 GPUは、Geekbench 5 OpenCLベンチマークデータベースに表示されます。(画像クレジット:_Roggame)

Coffee Lake RSのバリアントは、デスクトップの個別のグラフィックカードであり、Tiger Lakeプラットフォームに搭載されているような統合パーツではありません。両方のエントリは、Core i5-9600KとCore i9-9900Kは、それぞれ、11990及び12053の類似スコアを届けます。両方のプラットフォームは96 EU DG1 GPUで構成されていますが、それぞれ1.00および1.05 GHzのわずかに可変のクロック速度を備えています。

Intel Xe DG1(Integrated&Discrete)GPU Graphics Benchmarks in 3DMark

さらに驚くべきことは、_roggameによって再び発見された3DMarkベンチマークです。ベンチマークでは、ディスクリートDG1グラフィックスカードを、Tiger Lake-UプロセッサーおよびAMDのRenoir ‘Ryzen 4000’ APUラインアップの統合バリアントと比較します。全体的なグラフィックスコアでは、DG1 GPUはテストされた他のすべてのチップよりも高速ですが、Ryzen 7 4800Uは非常に近づいています。ただし、Tiger Lake-Uの統合製品は、Ryzen 7 4700Uよりも約18%遅くなります。しかし、同時に、ディスクリートおよび統合製品の両方が96 EUを備えていますが、デスクトップGPUは、統合チップと比較してより高い持続可能クロックを提供する傾向があります。それでも、Tiger Lake CPUとDG1ディスクリートGPUはIntelの2つの異なるチームによって処理されており、Tiger Lake統合GPUはディスクリートDG1グラフィックスボードほど最適化されていない可能性があります。

興味深いのは、4つのグラフィックテストのうち3つです。DG1ディスクリートGPUは、Ryzen 7 4800Uよりも最大40%高いパフォーマンスを管理します。Ryzen 7 4800Uは、8個のコンピューティングユニットにパックされた512個のストリームプロセッサを備えた拡張7nm Vega GPUを特徴とし、各CUは14nm Vegaアーキテクチャよりも最大59%高速です。AMD GPUがリードするグラフィックテストは1つだけです。これは、ボリュームイルミネーションとシャドウに重点を置いた最初のグラフィックテストです。残りのテストはテッセレーションされたジオメトリに焦点を当てており、Xe GPUアーキテクチャは現在、シャドウとライティング固有の最適化を後から行うジオメトリおよびテクスチャ処理に向けて現在最適化されていることを示唆します。これは、ISVが最適化作業のためにIntelの最新のGPUアーキテクチャを手に入れたばかりで、GPUの発売準備が整うまでにジオメトリのGPUパフォーマンスがさらに向上しないことを意味するものではありません

また、3DMark TimeSpyには、ディスクリートXe DG1グラフィックスカードがTiger Lake-Uプロセッサー上の統合GPUと比較される別のベンチマークがあります。特定のクロック速度については言及されていませんが、ディスクリートグラフィックスカードは、同じ96 EU GPUよりも最大9%高速ですが、統合された設計です。ここで考慮すべきもう1つのことは、現在のクロック速度が確定されておらず、これらのテストで見られるように、開発ボードが1.00 GHz前後のはるかに低いクロック速度に設定されているため、最終製品ではさらに高いクロック速度が見られることです。

また、最新のIntel GPUドライバーコードで見つかったレイトレーシング機能の啓示もありました。このコードは、DXR APIのレイトレーシング固有の機能をいくつか参照し、Intel GPUに搭載されるハードウェアアクセラレーションレイトレーシングにも言及しています。これらがXe GPUの最初のイテレーションなのか、それとも第2世代なのかはわかりませんが、今年誰もがレイトレーシングの時流に乗っているのかを考えると、IntelはXe GPUの機会を逃したくないかもしれません。


AMDは主流であろうとHEDTであろうと、デスクトップセグメントでほぼ完全に主導権を握っているため、ラップトップセグメントはIntelにとって重要です。しかし、Tiger Lakeを使用すると、IntelがCPUとGPUの両方のフロントに最新のコアアーキテクチャを搭載した、バランスの取れたチップデザインを提供することになります。これで、AMDとの戦いを望んでいるため、Intelがモビリティファーストファミリにすることに焦点を当てている理由を知ることができます。Intelは来月GDC 2020でXe GPUアーキテクチャの詳細と最新のグラフィックアーキテクチャの強力な新機能を公開する予定です。