AMD RyzenがCPUセグメンに続き、Big Navi Radeon RX GPUが4Kゲームを波瀾を起こす。

(Source:wccftech)

AMDの主力製品であるNavi GPUまたは「Big Navi」は、しばらく開発が遅れていると言及しています。リリース時に、次世代の4Kゲームセグメントを担う魅力あるRadeon RXグラフィックスカードに力を注いでいます。

AMDの「Big Navi」GPUベースのRadeon RXグラフィックスカードが4Kゲームセグメントを波瀾を起こす

現時点で利用可能な大きなNavi GPUの詳細はあまりありませんが、Radeon RX 5600 XTのプレスブリーフィング中に、AMDのRadeon Product Management LeadであるMithun Chandrasekharは、RyzenなどのBeanを流出させ、Big Naviは4Kゲームセグメントに波瀾を起こさせるとしています。

「Radeon 5000シリーズでは、今日のPCゲーマー全体の90%を実質的にカバーしています」とChandrasekhar氏は言います。

「それが、4Kセグメント向けが現在ない理由です。それは、それらの大部分が1440pと1080pであるためです。「それは、4K対応GPUが登場しないという意味ではなく、今後登場しますが、ここでは、大部分のゲーマーに焦点を当てたいと考えています。」

「Ryzenに似ています」と彼は言います。「私たち全員が繁栄するRadeon GPUエコシステムを必要としています。それでは、4Kを追いかけて、同様に4Kを混乱させるのでしょうか?絶対に、あなたはそれに頼ることができます。しかし、私が今言えることはこれだけです。」-PCGamesN

Chandrasekharには、AMDのフラッグシップ4Kグラフィックカードがまだ見られない理由について、いくつかの有効なポイントがあります。彼によると、ゲーム市場の大半(90%)は、1080pまたは1440pの解像度でプレイするPCゲーマーで構成されています。そのため、RX 5700 XT、RX 5700、RX 5600 XT、RX 5500 XTなどのNavi Radeon RX 5000シリーズグラフィックスカードの最初のストリームで、彼らはそれらの市場に取り組み、かなり良い仕事をしました。競争に対する多くのゲームタイトルでヒットまたはミスであるRadeon RX 5500 XTは別として、RX 5600 XT、RX 5700およびRX 5700 XTは、チューリングベースのGeForce GTXに対して1ドルあたりの優れたパフォーマンスを提供する上で非常にうまく機能します。Radeon RX 5700 XTは、GeForce RTX 2080とほぼ一致します。これは、今後のフラッグシップ製品の前兆となるものです。「Big Navi」Radeon RXグラフィックスカードに関して、AMDは、メインストリームおよび高性能CPUセグメントのRyzenプロセッサと同じように、4Kゲームセグメントのマニア向けNaviグラフィックスカードの波瀾を予想できると述べています。AMDはすべて、Naviグラフィックアーキテクチャに基づいて高速で真に次世代の4Kグラフィックカードを提供する準備ができているようです。

過去数週間にわたり、「Big Navi」GPUに関して一連のうわさが出てきました。では  前の記事、私たちは、AMDは間違いなくハードウェアアクセラレイトレーシング、AMDは多額の投資をされてきたものを備えています彼らのハイエンドのRadeon RXグラフィックスカードに取り組んでいたことを報告しました。レイトレーシングはRDNA2アーキテクチャの主要な機能であり、ハイエンドのNaviは、Radeon RX 5000シリーズチップに搭載されている既存のアーキテクチャではなく、次世代のRDNAアーキテクチャを利用することを確認します。それに加えて、ソニーとマイクロソフトの両方の次世代コンソールは、レイトレーシングのサポートとRDNA2 GPUも搭載することが期待されています。

AMDのハイエンドRadeon RX Navi GPUは、Navi 10の最大2倍の速度で、大規模なダイサイズとGDDR6メモリを搭載できる という最近のうわさを既に認識しています。第2世代RDNA Navi GPUに期待される機能の一部は次のとおりです。

  • 最適化された7nm +プロセスノード
  • 愛好家向けのデスクトップグラフィックスカードオプション
  • ハードウェアレベルのレイトレーシングのサポート
  • GDDR6とHBM2グラフィックスカードの組み合わせ
  • 第一世代Navi GPUよりも電力効率が高い

未発表のAMD GPUはまた、VRのベンチマークではNVIDIAのGeForce RTX 2080 Tiよりも最大17%高いパフォーマンスであるという情報が先日ありました。これは、最適化されていないドライバーを搭載したハイエンドのNaviベースのグラフィックスカードの非常に初期のサンプルのようです。最終的に、AMDがRTX 2080 Tiを最大30-40%上回ることができれば、ハイエンドゾーンに波瀾を巻き起こす競争相手になります。RadeonブランドをRyzenブランド同様にうまく動かすために、AMDが今真剣に4Kグラフィックセグメントを必要としています。