AMD Radeon RX 5600 XTが高速クロックでNVIDIA RTX 2060に対抗し、複数のAIBから高性能製品出荷へ

(Source:wccftech)

AMDは、Radeon RX 5600 XTグラフィックカードでより速いクロック速度を提供することにより、NVIDIAの最近のRTX 2060の値下げ対抗することを決定したようです。昨日、NVIDIAのRTX 2060は299ドルに値下がりし、次期AMD Radeon RX 5600 XTよりも驚くほど良い価格なりましたが、AMDはそれに対抗するためにいくつかの対策を用意しています。

 

AMD Radeon RX 5600 XTカスタムモデルは、NVIDIAのRTX 2060に対抗するために、出荷時に工場出荷時のクロックを高速で出荷

AMD がRadeon RX 5600 XTグラフィックカードを発表した今月、主流の250- 300ドル商品群は過熱状態になりました。EVGAはすぐに、AMDのRX 5600 XTシリーズに対抗すべくRTX 2060 KOエディショングラフィックカードを投入し279ドルから販売するようにしました。グラフィックスカードはAMDの最新のNavi製品に対して適切に配置されました、パフォーマンス、機能、および効率の面ではるかに多くを提供しています。この動きはEVGAだけからではなく、昨日、NVIDIA自身がRTX 2060グラフィックスカードを299ドルへ値下げを発表しました。NVIDIAの行動に対して、AMDが反応し、AIBが新しいBIOSを介して高速クロックを備えたRX 5600 XTカスタムデザインを出荷できるようにしました。新しいBIOSにより、AIBは消費者にRX 5600 XTグラフィックカードに、AMDとそのボードパートナーが最初に開示したよりも速いクロックを提供できるようになります。コア構成やメモリなどの仕様は、2304ストリームプロセッサ、6 GB GDDR6 VRAM、192ビットバスで同じままですが、クロックは向上しています。

AMD Radeon RX 5000 ‘7nm Navi RDNA’ GPU Lineup Specs

Graphics CardRadeon RX 5700 XT 50th AnniversaryRadeon RX 5700 XTRadeon RX 5700Radeon RX 5600 XTRadeon RX 5500 XT
GPU Architecture7nm Navi (RDNA 1st Gen)7nm Navi (RDNA 1st Gen)7nm Navi (RDNA 1st Gen)7nm Navi (RDNA 1st Gen)7nm Navi (RDNA 1st Gen)
Stream Processors2560 SPs2560 SPs2304 SPsTBD1408 SPs
TMUs / ROPs160 / 64160 / 64144 / 64TBD88 / 32
Base Clock1680 MHz1605 MHz1465 MHzTBD1670 MHz
Boost Clock1980 MHz1905 MHz1725 MHzTBD1845 MHz
Game Clock1830 MHz1755 MHz1625 MHzTBD1717 MHz
Compute Power10.14 TFLOPs9.75 TFLOPs7.95 TFLOPsTBD5.19 TFLOPs
VRAM8 GB GDDR68 GB GDDR68 GB GDDR66 GB GDDR68 GB GDDR6
Bus Interface256-bit256-bit256-bit192-bit128-bit
Bandwidth448 GB/s448 GB/s448 GB/s288 GB/s224 GB/s
TBP235W225W180WTBD110W
Price$449 US$399 US$349 US$279-$299 US?$169 US (4 GB) $199 US (8 GB)
Launch7th July 20197th July 20197th July 2019January, 2020?7th October 2019

Videocardzは、AMDのAIBパートナーの1つであるSapphireがRX 5600 XT PULSEグラフィックカードの新しいクロック速度をすでに設定しており、最初は1560 MHz(ゲーム)と1620 MHzブーストクロックを備えていましたが、1615 MHz(ゲーム) 1750 MHzブーストクロック。メモリ速度も12 Gbpsではなく14 Gbpsにアップされ、総帯域幅は336 GB / sのRTX 2060と同等になりました。

これにより、カードの電力消費が150Wから160Wに増加したものの、ブーストが8%増、ゲームクロックが3%増、最初に展示されていたゲームパフォーマンスが5-10%増となり、RTX 2060に近いものになりました。RTXカードにはさらに優れた機能でチューリングベースのGPUが提供する高効率性能も搭載されています。

Sapphire Radeon RX 5600 XT PULSEグラフィックスカードのオーバークロックされたパフォーマンスはすでに3DMarkに登場しています。

GTX 1660 TiおよびGTX 1660 SUPERを279ドルの価格帯で上回ると予想される、カードのさまざまなパフォーマンスリークを既に確認しています。以下は、3DMark GPUベンチマークです。

  • RX 5600 XT 3DMark Time Spy-  6446グラフィックススコア、5884総合スコア
  • RX 5600 XT 3DMark Time Spy Extreme-  2815グラフィックススコア、2576総合スコア
  • RX 5600 XT 3DMark Time Spy Extreme-  2791グラフィックススコア、2891総合スコア
  • RX 5600 XT Fire Strike-  18906グラフィックススコア、14341総合スコア
  • RX 5600 XT Fire Strike Extreme-  9198グラフィックススコア、8087総合スコア
  • RX 5600 XT Fire Strike Ultra-  4738グラフィックスコア、4672総合スコア
  • RX 5600 XT Fire Strike Ultra-  4756グラフィックススコア、4688総合スコア

AMD自体は、RX 5600 XTがGTX 1660 SUPERよりも最大15%高速で、GTX 1660 Tiよりも20%高速であることを示していますが、クロックを追加すると、以前に示したものよりも優れたパフォーマンスが期待できます。Radeon RX 5600 XTは、279ドルの価格にプレミアムカスタムモデル価格が乗った価格で1月21日に小売市場に出るようです。