AMD B550とA520チップセットの量産が今第1四半期に開始

(Source:wccftech)

ChinaTimesのレポートでは、AMDの第3世代Ryzenプラットフォーム向けのB550およびA520チップセットの生産は2020年第1四半期に予定されているとのことです。B550およびA520チップセットは、ASMediaにアウトソースするのではなくX570チップセットの場合のように、AMD自身によって開発されました。

AMD B550とA520チップセットの量産が今第1四半期に開始

製造される2つのチップセットには、B550とA520が含まれます。AMD Ryzenプラットフォームは現在、ハイエンド/マニア向けのポジショニングによりはるかに高い価格で提供されるAMDマザーボードをベースにしたX570チップセットを搭載しています。X470およびX370と比較して、X570マザーボードの大幅な価格上昇が見られました。マザーボードメーカーは、新しいX570デザインで200ドル未満を積極的にターゲットにしていますが、カバーする必要のある150ドル未満の市場は空白のままです。ChinaTimesはASMediaがSupermicro B550およびA520チップセットの注文を履行し、2020年の第1四半期に量産に入ると述べています。これらのチップセットに基づく小売製品は、上半期中には、入手可能になると予想されています。Computerbaseはこれについてさらに報告し、彼らの情報源と話したところ、ASMediaのロードマップはComputex周辺のB550チップセットベースの製品の可用性をターゲットにしていることが明らかになりました。この市場層に十分な帯域幅を提供し、追加のチップセット冷却を行わないPCIe 3.0を採用し、X570シリーズより最適化された価格で販売されることが期待されます。フラッグシップのX670チップセットを含むAMDの600シリーズチップセットの注文も2020年後半に量産される予定です。新しいプラットフォームチップセットは、全ラインナップで完全にPCIe 4.0に準拠します。また、第3世代Ryzenが10〜11か月間(市場地域に応じて)出荷されているため、マザーボードベンダーにもプレッシャーがかかります。そのため、ユーザーはより新しいチップセットに関心を持つようになります。しかし、愛好家に焦点を当てた最初の発売時には、X670製品はかなり高額なものになる予定です。AMDの7nm、Zen 2ベースのノートPC向けのRenoir APUおよびデスクトップ市場向けの第4世代Ryzen 4000 APUの最近の発売により、B550およびA520チップセットはオンボードのPCIe 3.0(X570のPCIe 4.0に対して)でも優れたコンボを実現します。低層チップは、X570ハイエンドマザーボードよりもはるかに優れた価値提案を提供します。