Intel Core i9-10900K 10コアCPUは、AMDの32コアThreadripper 3970Xと同程度の電力消費?!熱っ!!

(Source:wccftech)

IntelはCES 2020で第10世代デスクトッププロセッサを公開しませんでした。しかし、パートナーは今後のプラットフォームのい詳細について言及しました。Computerbaseに話を聞くと、多くのボードパートナーは、Comet Lake-Sプロセッサを発表しないというIntelの決定を高く評価してません。

Intel 第10世代フラッグシップ Core i9-10900K、10コア14nmは、全負荷で300W以上の電力を消費

マザーボードパートナーは、Intelの次世代プロセッサに対応する製品ライン全体を準備している間、アイドル状態にならなければならないという事実は非常に憂鬱だそうです。IntelはCES 2020の基調講演全体をモビリティ製品に焦点を当てましたが、競合他社であるAMDはRyzenデスクトップ製品やRyzenモバイル製品を含むすべての人に対象とした複数のプランを提供しました。IntelはDG1グラフィックスチップの発表でやや驚いた程度であったが、それを除けば、基調講演はAMDほど盛り上がっていませんでした。

Intelの400シリーズチップセットは、現時点では謎ではないことを指摘したいと思います。私たちは、小売業対応のマザーボードはで表示され、見てきたいくつかのベンチマークが漏れ、様々なボードメーカーからのフルラインナップをすでに確認しています。同じボードパートナーは、1か月先の2020年2月にハードローンチを行うことを期待しており、Intelがプロセッサーの仕様を近々公式に発表する可能性もあります。ASUSとMSIは、Intelの第10世代プロセッサーと、最終段階で修正する必要がある重要な情報について言及したプレスリリースを用意していました。しかし、主なポイントは、CES 2020フロアでIntelの第10世代デスクトップCPUがどのように機能しなかったかではなく、主力のIntel Core i9-10900Kメインストリームチップが最も電力を消費すること、14nmメインストリームチップでこれまでと同様の生産。このためか情報源によると、Intel Core i9-10900K 10コアプロセッサは300W以上の電力を消費することになります。

いくつかのマザーボードメーカーは、10コアが最大負荷で300ワットマークを超えることを明らかにしました。当然のことながら i9-9900KSはこの種のシナリオで既に250Wのマークを超えていました。-Computebase経由

マザーボードメーカーは、第10世代プロセッサーの新しいマザーボードの電力供給を更新するために素晴らしい仕事をしたと述べていますが、これはIntelが14nmノードを脇に置き、AMDに追いつく為に、10nmまたは7nmデスクトッププロセッサに移行する必要がある事を示しています。300W以上の電力消費は、最大4.9 GHzの全コアブースト周波数でロードに対するものです。

i9-10900Kは 10コア、20スレッド20 MBキャッシュ125W TDPを特徴とします。チップの基本周波数は3.7 GHz、ブースト周波数は5.1 GHzです。ただし、IntelのTurbo Boost Max 3.0テクノロジーを使用すると、チップはシングルコアで最大5.2 GHzをブーストでき、さらに良いのは4.9 GHzの全コアブーストです。この特定のチップの機能の一部は次のとおりです。

  • 最大4.8 GHzの全コアターボ
  • 最大5.3 / 4.9 GHzの熱速度ブーストシングル/オールコアターボ
  • 最大5.2 GHz Intel Turbo Boost Max 3.0
  • 最大10Cおよび20T
  • 最大DDR4-2933 MHzデュアルチャネル
  • 強化されたコアとメモリのオーバークロック
  • アクティブコアグループの調整

注目すべきは、7nm Zen 2コアを搭載したAMD Ryzen Threadripper 3970X 32コアプロセッサは、全コアで最大負荷時の最大消費電力が300W未満であることです。これは、Anandtechが3970Xのレビューで示しています。3970XがIntelのHEDTラインナップ全体にどのよう戦略的に圧勝し、その一般的なゲームパフォーマンスがi9-9900KSに驚くほど近いかを見ていました。

現在、AMD 3970Xは9900KS / 9900Kと比較して各コアのブーストクロックが低くなっているため、チップの電力効率が非常に高い理由の1つですが、AMDはIntelのラインナップとその7nm IPCのブーストにより、Intelの既存のチップのシングルコアパフォーマンスに匹敵するか、それを超えることさえあります。Intel自身のスライドでさえ、熱速度ブーストアルゴリズムではなく、より保守的な4.8 GHzの全コアブーストクロックでテストされた10900KのPL2制限を250Wに設定しています。現在、これらの数値は、平均または長期のユースケースシナリオのものではないかもしれませんが、これらのブースト機能が表示する瞬間的なものですが、それでも気になり、不適切な冷却の下では熱暴走につながる可能性があります。ハイエンドのCore i9-10900Kを購入するユーザーは 、それだけでは不十分な場合、AMDのECOモードは、16コアと32コアのチップが電力制限を抑えても非常に優れた性能を発揮する非常に便利な機能であることが示されています。

新しい7nm Zen 2コアがAMDにどれだけ大きな効率性をもたらしたかを示しており、Ryzen 4000「Renoir」プロセッサーを搭載したモバイルプラットフォームでデスクトップクラスのパフォーマンスを提供します。Intelは、AMDの提供品や今年後半に提供される次の提供品と競合できないことを認識しています。AMDのRyzen 3000は、Intelの第10世代の部品に対抗する競争力は十分あり、AMDはさらに値下げを検討していません。それでもデスクトップセグメントでの競争力を維持します。Intelの第10世代のラインナップでは、すべての部品でマルチスレッドと高速クロックを提供できますが、より多くの電力と強力な冷却が必要になります。AMDのZen3は今年後半に期待できとAMDは、すべてのセグメントで圧倒的なアーキテクチャ仕様により市場シェアをさらに拡大します。Intelは本当に自分のCPU戦略を再考する必要があります。このため次のRocket LakeマイクロアーキテクチャのRocket Lake-Sの開発が急ピッチで行われ、2020年年末~2021年年始に登場するという噂があります。