AMD Zen 3 Ryzen 4000「Vermeer」は、Ryzen 3000シリーズより17%IPCゲイン

(Source:wccftech)

AMDは間もなく、Ryzen 4000およびEPYC Milan CPU向けのZen 3コアアーキテクチャを発表します。Zen 3アーキテクチャは、パフォーマンスが大幅に更新されると予想されており、Zen 3が第3世代RyzenおよびEPYC Rome CPUを搭載したZen 2アーキテクチャを大幅に上回る2桁のIPC向上をもたらすことが報告されています。

Zen 3コアを搭載したAMD Ryzen 4000 CPUは、浮動小数点が50%増加し、IPCパフォーマンスが17%増加

Zen 3コアの主要な機能は、Zen 2を大幅にアップグレードするアーキテクチャになります。AMDによると、Zen 3デザインは、まったく新しいCPUアーキテクチャ、大幅なIPCゲイン、およびこれまでにない高速クロックを実現。Red Gaming Techによると、彼らの情報源は、Zen 3がZenロードマップに進化的な更新をもたらし、Zen 2に対する大きなIPCパフォーマンスアップを提供するとしています。Zenアーキテクチャの整数ユニットと浮動小数点ユニットの両方を活用する混合操作では、Zen 3は平均で17%のIPCゲインを実現できるとされています。また、整数演算は平均で10〜12%増加しますが、浮動小数点演算はパフォーマンスが最大50%増加することもあります。整数演算はほとんどの一般消費者向けアプリが使用するものですが、浮動小数点の重いアプリケーションでは、Zen 3は業界、特にサーバー市場(HPC /データセンター)にとって大きな飛躍をもたらす可能性があります。

また、EPYCプレゼンテーションのキャッシュデザインに大きな変更があり、Zen 3は、Zen 2に比べて各Zen 3コアがアクセスできるキャッシュを本質的に2倍にする統合キャッシュデザインを提供することを示しています。各CCDは2つのCCXで構成され、CCDには32 MBのL3キャッシュが含まれていますが、各CCXには個別の16 MBのL3キャッシュがあります。Zen 3を使用すると、32 MB + L3キャッシュ全体が両方のCCXで利用可能になります。また、Zen 3はスライドで示しているように32 MBを超えるキャッシュを搭載できます。Zen 3ベースのRyzenプロセッサーを第9世代Intel Core製品に近づける最大200-300 MHzのブーストが期待されるクロック速度に関する情報もあります。これは、IPCの大幅な増加とアーキテクチャの一般的な変更により、AMDが発表した革新的な製品でありながら、Ryzen 2000およびRyzen 1000プロセッサーを既に大きく上回る既存のRyzen 3000プロセッサーよりもはるかに高速なパフォーマンスをもたらすことになります。これらのチップから得られるパフォーマンスは素晴らしくCPUとその基盤となるアーキテクチャを比較するとき、クロック速度だけが最近の指標ではないことを示します。AMD Ryzen 4000のCPUとX670プラットフォームは2020年の終わりまでにラウンチすると予想されています。 AMDが約1か月前に、Ryzen 3000シリーズすべての販売開始を終えたことなどから、2020年8月から10月には、新しいRyzenシリーズの発売の可能性のあると考えられもう少し時間を待つ必要があります。

AMD CPU Roadmap (2018-2020)

Ryzen FamilyRyzen 1000 SeriesRyzen 2000 SeriesRyzen 3000 SeriesRyzen 4000 SeriesRyzen 5000 Series
ArchitectureZen (1)Zen (1) / Zen+Zen (2) / Zen+Zen (3)Zen (4)
Process Node14nm14nm / 12nm7nm7nm+5nm/6nm?
High End Server (SP3)EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
Max Server Cores / Threads32/6432/6464/128TBDTBD
High End Desktop (TR4)Ryzen Threadripper 1000 SeriesRyzen Threadripper 2000 SeriesRyzen Threadripper 3000 Series (Castle Peak)Ryzen Threadripper 4000 SeriesRyzen Threadripper 5000 Series
Max HEDT Cores / Threads16/3232/6464/12864/128?TBD
Mainstream Desktop (AM4)Ryzen 1000 Series (Summit Ridge)Ryzen 2000 Series (Pinnacle Ridge)Ryzen 3000 Series (Matisse)Ryzen 4000 Series (Vermeer)Ryzen 5000 Series
Max Mainstream Cores / Threads436934369316/32TBDTBD
Budget APU (AM4)N/ARyzen 2000 Series (Raven Ridge)Ryzen 3000 Series (Picasso 14nm Zen+)Ryzen 4000 Series (Renior)Ryzen 5000 Series
Year20172018201920202021?

Red Gaming Techが共有する新しいロードマップがあります。2022年までのAMDのCPUリリース計画を示しています。ロードマップは大まかな見積もりに基づいていますが、ここで考慮すべき良い情報があります。まず、2020年半ば頃に出荷されるEPYC Milanプロセッサーがあり、SP3ソケットとのピン互換性、PCIe 4.0サポート、120から225WのTDPと最大64コアのSKU(さらに可能性あり)、9 8個のタイルがZen 3 CCDであり、単一のダイがEPYC RomeのようにI / O専用であるようにMCMデザインです。

次に、Ryzen 4000およびRyzen Pro 4000 「Vermeer」シリーズがあります。これらのシリーズは、AM4ソケットのサポートとPCIe 4.0 / DDR4メモリの互換性を備えています。Zen 3ベースのRyzen 4000 CPUは、CCXあたり8コアを提供し、Ryzen 3000プロセッサーとして2 CCDおよび1 I / Oダイ構成を保持すると言われていますが、AMDのCTOであるMark PapermasterのTomshardwareへのインタビューの声明、次世代のメインストリームチップでさえ、コア数が増加する可能性があることを指摘しています。

マークの回答は、32個のコアがRyzenプラットフォームで意味をなすかどうかを尋ねられた主流のラインナップに対するものでした。完全な返信は次のとおりです。

「主流のスペースには差し迫った障壁はありません。その理由は次のとおりです。ソフトウェアがマルチコアアプローチを活用するための追い上げ時間に過ぎません」とPapermaster氏は言います。「しかし、私たちはそのハードルを乗り越えました。今では、ますます多くのアプリケーションがマルチコアとマルチスレッドを活用できるようになっています。」「短期的には、コアの飽和点は見当たりません。コアを追加するときは、アプリケーションがそれを利用できるようになる前に追加したくないので、非常に思慮深くする必要があります。そのバランスを考慮しながら、私たちはその傾向を見続けると思います。」-AMD CTO, Mark Papermaster via Toms Hardware

それ以外にもEPYC Genoaの 言及もあります。これについては、ここで詳しく説明し、Ryzen 5000シリーズプロセッサについても詳しく説明します。両方のZen 4ベースのプロセッサラインアップはまったく新しいプラットフォームに基づいており、Ryzen 4000はAM5ソケットをサポートし、EPYC GenoaチップはSP5ソケットをサポートします。

これまでのところ、Zen 3搭載のRyzen 4000 CPUについて知っていることは

先週、AMDのSVPであるフォレストノロッドが、Zen 3が他の主要な機能強化とともに完全に新しいチップアーキテクチャを用意する事を明らかにしました。AMDは、7nm +プロセスノードに基づいて、いくつかの主要なIPCの改善と、Zen 3コアによる主要なアーキテクチャの変更を提供することを目指しています。コア数については、AMDはZen 3を含む将来のZenアーキテクチャで境界を押し続けたいと考えています。Zen2がZenのコア数を2倍にし、最大64コアと128スレッドを提供するように、Zen 3は改善されたノード。AMDのZen 2向けチップレット設計は、業界で最も先進的なものの1つであり、信じられないほど優れたパフォーマンス効率で多数のコアを提供します。そして、最新のアーキテクチャとともにプロセスノード(7nm +)が強化されました。

コアカウントについては、AMDはZen 3を含む将来のZenアーキテクチャで押し続けたいと考えています。Zen2がZenのコアカウントを2倍にし、最大64コアと128スレッドを提供するように、Zen 3は改善されたノード。AMDのZen 2用のチップレット設計は、業界で最も先進的なものの1つであり、非常に優れたパフォーマンス効率で多数のコアを提供します。7nm +プロセスノードが14nmから7nmのように大きなアップグレードではない場合でも、効率がいくらか向上します。EUVテクノロジーを使用して作られたTSMCの7nm +プロセスノードは、7nmプロセスよりも10%高い効率を提供し、7nmノードよりも20%高いトランジスタ密度を提供します。AMDがZen 3コアアーキテクチャにもたらすと予想されるすべてのアーキテクチャの変更については、こちらをご覧ください。

AMD Ryzen 3000 CPUがIntelの第9世代ラインナップとどれだけうまく競合しているかを考えると、AMDは、Intelがデスクトップ製品にすぐに10nmを提供することはないと考えて、メインストリームおよびHEDTデスクトップ市場で間違いなくIPCリーダーになるでしょう。IntelのComet LakeおよびRocket Lakeプロセッサでさえ14nmアーキテクチャを保持し、後者は14nmのWillow Coveアーキテクチャのバックポートになると予想されます。Zen 3アーキテクチャの詳細については、CES 2020でなんらかの詳細が明らかになると思います。待ちましょう。