IntelがDG1 GPUの噂で反撃

Intel Xe GPUの注目のコンセプトイメージ

(Source:wccftech)

先日、Chris HookがIntelを去りましたが、今、別のChrisが脚光を浴びステッピングされようとしています。IntelのChris Pirillo氏は、DG1が問題に直面し、キャンセルの可能性に直面しているという噂を打ち消す陽気な歌を投稿しました。私はメッセージが大声で明確に送信される方法について本当に面白いと思います。これは、CES 2020で公開(またはティーザー)が表示される可能性があることが期待できます。

Intel DG1 GPUは順調に機能しておりまもなく提供へ

インテルのDG1 GPUは、グラフィックスの世界への参入強化の為、最近では最も期待されている製品の1つです。一方でPonte VecchioはTitanを超えるGPUです。そのDG1は、現実に(デスクトップ)GPU業界を三つ巴状態に突入する始まりになります。先に進む前に、IntelのChris Pirilloによる完全なメッセージを以下に示します。

完全な調整は次のようになります。

  • GPU is a a-hummin
  • DG1’s still a-comin
  • The apps’ll all slay
  • my favorite way
  • Welcome,
  • Intel Graphics Odyssey

Intelの、DG1に関する問題(または予想以上の問題)があるという噂にはメリットがなく、GPUはすぐに登場することを暗示しているようです。以前の噂では、DG1 GPUはTiger Lake + 25%の能力で、TDP 25Wです。これが安価に登場すれば、非常に素晴らしいニュースです。Intelの強力な財政力から考慮すると間違いなく成し遂げる事が期待されます。

実際、噂では、Intelがこの特定のGPUを使い捨て価格で価格設定して市場に参入し、基本的にすべてのゲーマーに最低限のゲームパフォーマンスを提供できるようにすることを示唆しています。これは、Intelがこれまで行ってきたこととはまったく対照的な戦略ですが、AMDとIntelが最近役割を入れ替えたように思われ、IntelがGPUの価格を価値観以上のプレミアム化することを選択する事は考えにくいです。とは言っても、DG1はほぼ確実にIntelがVGA業界を三つ巴に持ち込む為の初期トレーニング手段であり、2021年の終わりからDG2がEOL化されるまで、真に競争力のある製品は期待できません。Intelがこのような退屈なコード名を使用することを選択した理由は、最終的にTitanをターゲットにした高性能な製品用意しているとして、これらのカードを宣伝したくないことにあります。これは、正直なところ、Intelが始まったばかりの現時点では不可能だからです。私は人々に伝え続けているように、DG2の後のカードはあなたが注意する必要があるものであり、これまでのところこれは私たちがPonte Vecchioとして知っているカードのようです。Intelは最近、AMDのシリコンデザインリーダーであるMasooma Bhaiwalaを採用して、個別GPUの取り組みに関するキャプテンに任命し、CEO のBob Swanの最近のコメントは、会社が何をするかに関係なく、GPUセグメントに多様化することを完全に決定していることを明らかにしています。CPU側で90%のシェアを獲得するという考え方ではなく、オールシリコンに集中してほしいと言っています。Intelが四半世紀の大部分で初めてトレーニングホイールを搭載することで事態は非常に厳しくなりますが、1つ確実なことは、2022年のIntelがすべて計画どおりであれば、印象的なラインナップが1つ加わるということです。