AMD Radeon RX 5600 XT 6GB CES2020で発表か?

(Source:wccftech)

Igor’s Labの由緒あるIgor は、流出したRadeon RX 5600 XTグラフィックカードの存在を確認し、2020年1月(CESに間に合うように)に彼自身のソースからのいくつかの仕様とともにカードが発売される可能性があると推測しています。RX 5600 XTは、AMDの最初の6GBベースのNaviカードであり、Navi 10ダイの約3/4になります。Igorは、彼のグラフィックカードリークのほとんどを発見しており、これを疑う理由はありません。

AMD Radeon RX 5600XTは、192ビットバスと6GB vRAMを備えた1920SP搭載

最初に知っておくべきことは、RX 5600 XTがNaviファミリーでAMDの最初の6GBカードになることです。これは、192ビットのバス幅を特徴とすることを意味します(理論的には12GBもサポートできます)。Igorの情報源によると、Navi 10のダイを本質的に1/4にカットすることです。Navi 10ダイには2560 SPが搭載されていますが、このGPUには1920SPが搭載されるという事です。これは、120個のテクスチャユニット、48個のROP、および3MBのL2キャッシュと結合されます。このカードは、RX 5700XTのパフォーマンスの約75%になります。

さらに、Igorは、RX 5500 XTが意図したターゲット市場に対して価格が高すぎることを考えると、売れ行きが良くなく、RX 5600 XTがこれらのギャップの一部を埋めることができることを明らかにします。この仕様で、これまでのPolaris GPUがAMDのラインナップに残していた隙間を埋め、古いVega 56製品の後継品として機能します。7nmノードに基づいて、これらのカードは非常に高いクロックを実現し、コア数とtflopの比率をかなり高くすることができます。Igorはさらに、既存のNavi 10 GPUのコアを無効にするためにハードウェアストラップを使用する可能性と、一部のAIBが問題を自分たちの手で処理することを決定する方法について説明しています。GPUは2020年の第3週に発売される予定です。ASUSやGigabyteのようなAIBは、これらのカードを最初に用意することが期待されており、既にインターウェブ上にカードのリストが表示されています。