AMD「Zen 4」5nm製品は2021年に発売予定、5nmの歩留まりは、7nmを超え

(Source:wccftech)

AMDは最近、猛烈な勢いで進んでおり、何も問題はないようです。China Timesからのこのレポート真実ならばというものですが、いつも信用に値する情報源なので安心してください。TSMCの5nmテストは非常にうまくいき、AMDを含む最初の3つの顧客はすでに確定されています。China Timesが取得したスケジュールによると、AMDの5nm製品は2021年初頭に発表される見込みで、量産は2020年後半に予定されています。

AMDがTSMC 5nmの生産能力を獲得する最初の3人の顧客のうち、NVIDIAが姿を消している

レポートで聞いて本当に驚くべきことは、TSMCの5nmの歩留まりが既に7nmを超えていることです。これは非常な偉業です。これは、TSMCの5nmが予想よりも早く実行可能になり、7nmから5nmへの移行も本格的に開始できることを意味します。最初のロットを納品される3つの顧客は、Apple、HiSilicon、AMDです。Appleが最初の一口を得るのは驚くことではありませんが、NVIDIAがこのリストから抜けているのを見るのは興味深いものです。というのも、彼らがプロセスの優位性をつかむために最初にオーダーすると仮定していたからです。なぜなら彼らはまだ7nm GPUを発売していません。私の理解では、NVIDIAがまだ7nmに移行していない理由は、歩留まりの問題だと感じています。TSMCが既に7nmよりも5nm高い歩留まりを達成できた場合、この統計値は2021年までに改善するだけであると推測できます。

一方、Intelのプレッシャーはさらに大きくなります。これは、10nmのプッシュに苦労しており、2021年までに7nmを達成することを目指しています。Intelの7nmは5nmにほぼ等しく、EUVに基づいているため、 EUVに基づいていない10nmよりも簡単に実行できます。Intelが2021年までに7nmに到達できる場合、少なくとも、TSMCと同等の立場になります。他のシナリオでは、Intelがさらに市場シェアを失います。TSMCの5nmプロセスは、レポートによると50%の歩留まりを超えており(これは現在7nmの歩留まりと思われます)、月間生産能力は50000ユニットから70000ユニットに増加し、80000ユニットが水平線上にあります。新しい5nmプロセスは、古い7nmプロセスの1.8倍の密度であり(AMDのMCM哲学のスケーラビリティをさらに提供)、クロック速度を15%向上させることができます。これは、現在それぞれ4.4 GHzと1700 MHzをネッティングしているCPUとGPUが、5.0 GHzと1955 MHzのマークを非常に簡単に超えられることを意味します。

正直なところ、AMDの運は尽きることがなく、TSMCが業界をリードし、他の誰よりも安い価格で処理しているためです。消費者からの不満があるとすれば、GPU側にも少し注意を向けることです。