AMD ハイエンドNavi GPUがRRA認定に合格

(Source:wccftech)

ハイエンドのAMD GPUに関するニュースです。「ATI-102-D18802」というコードネームのAMDデバイスはRRA認証(RRA認定とは韓国国立電波研究院の電磁両立性基準)を最近通過しました。AMDはこれを秘密にしておきたいと思っていたでしょうが、Zenで知られているように、リーク情報は最終的に秘密のベールを剥ぐものです。さらに先に進む前に、RRA認定を取得することが、製品を市場に投入する最終段階の最初のステップであることだからです。製品が店頭に並ぶのを見るまで、3ヶ月から6ヶ月かかりますが、RRA認定は、米国と同じように、すべての消費者ASICが韓国で通過しなければならないものです。ただし、米国とは異なり、RRAは公的ドメインで認証を公開しています。

AMD ATI-102-D18802 GPUは昨日RRA認証を取得しました。これは、AMDが今後のGPUの計画を確定的したのです。ここで使われている命名規則は、AMDがザウバ時代にマニフェストを出荷するために使用したものであり、簡単に解読できるものです。要約すると、ハワイのボードはC6XXXX、トンガのボードはC7XXXX、フィジーのボードはC8XXXX、ポラリスのボードはC9XXXX、ベガのボードはD12XXX、小さなナビのボードはD18XXXと名付けられました。

実際、コード名をより具体的に説明しているもの:

  • Hawaii XT had the C67101 code name.
  • Tonga had the C76501 code name.
  • Fiji XT had the C88001 code name.
  • Polaris 11 had the C91103 code name.
  • Vega 64 had the D12201 code name.
  • ‘Small’ Navi had the D18205 code name.

ここで非常に明確なパターンを見ることができるはずです。 最初の数桁は世代を表し、後続の数字は相対的なパフォーマンスメトリックを表します。Navi GPUを検討しているのは、3桁の英数字シーケンスが同じであるためです。つまり、D18です。後続の3桁はGPUの相対的なパフォーマンスを表し、805は205と比較してはるかに強力なNavi製品を表します。認定に合格したことを考えると、ハードウェアレベルでレイトレーシングをサポートするRDNA2ベースの完全なNaviダイを検討している可能性があります。これは、次世代のPlaystation 5とXboxを駆動するのと同じGPUです。おそらく、私たちはついに「大きな」Naviを最初に垣間見ることができます。これは、Naviのフラッグシップ製品が2019年下半期または2020年初頭よりも早くに発表されないということです。最低6か月は先の話である事です。さらには1年以上先の話なのかもしれません。これは、RRAが最終的にリリースされる前の、ほぼ1年前にRRAでVegaを発見した実績からいえる事です。