Intel 10nm Ice Lakeはサーバーとデスクトップをサポート

(Source:wccftech)

Intelの10 nm CPUについて多くの噂があります。その多くは、10 nmの製造プロセスが思うようにいかず、Intelはデスクトップユーザー向けに10nm CPUを製造しないことを示していました。いつもこれらのうわさは後にIntelによって反論され、10nmに関して歩留まりが改善しているとし、新しいノードに基づいたデスクトップCPUが現れると主張しています。こんなところに、Linuxカーネルメーリングリスト(LKML)のおかげで、Ice LakeデスクトップおよびサーバーCPUのサポートが追加されたことがわかりました。「Ice LakeのCPUモデル番号を追加する」というタイトルのパッチには、Ice Lake XのサーバーXeon CPU用のIce Lake X、Xeon D CPU用のIce Lake D、モバイル用のIce Lake L、デスクトップシリーズCPU用の通常のIce Lakeなどの名前を持つIce Lakeの製品に関する多くの詳細が含まれています。これは、近い将来、Ice Lakeがデスクトップユーザーおよびサーバーユーザーに向かうというIntelの主張を裏付けるものになります。これらのCPUが発売される時期については、2020年のどこかと考えられます。Xeグラフィックカードが7月か8月あたりに発売されるため、Intelは同じ10 nmノードの両方のプロセッサを追加できるからです。