AMD 第三世代Ryzen Threadripper 32コアが11月19日発売

(Source:wccftech)

連日、情報が上がっているAMD Ryzen Threadripper 3000シリーズについてですが、販売日についての情報がようやく出てきました。

AMDはTR4 +ソケットをベースにした3つの第3世代Ryzen ThreadripperプロセッサーAMD Ryzen Threadripper 3990X、3970X、3960X CPUとTRX40マザーボードの発表は11月5日に予定-11月19日に最初のSKUが発売され、1月にフラッグシップへとつながっていきます。Ryzen Threadripper 3980Xについての言及はありませんが、残りのラインナップが発表された後に何等かあるようです。

ラインナップのフラッグシップであり、最大64コアと128スレッドを提供するRyzen Threadripper 3990XがCES 2020で発表され、数週間後にハードリリースが行われる可能性もあります。AMDは11月に発売する2つのSKUについて、24コア/ 48スレッドSKUからになると述べています。このモデルはRyzen Threadripper 3960Xで、これに続くRyzen Threadripper 3970Xがより多くのコアとスレッドを搭載することでもあります。

AMD 3rd Gen Ryzen Threadripper Processor SKUs

CPU NameCPU CoresCPU ThreadCPU PredecessorBase ClockBoost ClockCacheTDPPriceLaunch
AMD Ryzen Threadripper 3990X/WX64 Core128 ThreadAMD Ryzen Threadripper 2990WX (32 Core / 64 Thread)TBDTBDTBD~280W$2399 US?2020年1月1日
AMD Ryzen Threadripper 3980X/WX48 Core96 ThreadN/ATBDTBDTBD~280W$1999 US?2020年1月1日
AMD Ryzen Threadripper 3970X/WX32 Core64 ThreadAMD Ryzen Threadripper 2970WX (24 Core / 48 Thread)TBDTBDTBD~250W$1499 US?2019年11月1日
AMD Ryzen Threadripper 3960X24 Core48 ThreadN/ATBDTBDTBD~250W$999 US?2019年11月1日

AMD WRX80 ‘Workstation’ Ryzen Threadripper 3000プロセッサー

WRX80シリーズでは、純粋なワークステーションのラインアップになります。このプラットフォームを中心に構築されたプロセッサは、EPDIC 7002製品と同様の仕様であり、UDIMM、RDIMM、LRDIMMフレーバーで8チャンネルDDR4-3200をサポートし、最大2 TBのメモリをサポートする1 DIMM /チャネルをサポートします。TRX40シリーズのようなOCサポートはありませんが、SATAに32の切り替え可能なレーンを備えた96-128 Gen4 PCIeレーンの対応となります。WRX80プラットフォーム用のワークステーションラインアップであるグループ「B」シリーズプロセッサも、280W TDPになりますが、Tcase Max温度が81C、Tctl Maxが100Cの異なるキャパシティをもっています。AMDがThreadripper 3000シリーズで支配的な地位を保ちたいと考えると、7nmプロセスノードのおかげで追加されたクロックだけでなく、マルチスレッドのパフォーマンスやコア数増加になるものの、AMDは価格を現在のレベルに近づけたいと考えているようです。これまでに確認した一部のリークパフォーマンスベンチマークでは、32コアの製品が既存のRyzen Threadripper 2990WX 32コア製品よりも最大70%高速化され、平均で35%のパフォーマンス向上が確認されています。AMDのRyzen Threadripper 1000からRyzen Threadripper 2000へのジャンプの傾向を見ると、前世代のコアパリティを備えた新しいプロセッサーは、ほぼ同じ価格で、以前の価格から200ドルから300ドル削り取られています。1950Xは2950Xになり、200ドルも安くなりました。

パフォーマンス出力に関しては、新しいダイレイアウトのテストが必要ですが、以前の2世代よりも相互接続が強化されより洗練されているため、キャッシュとレイテンシのパフォーマンスがシステム全体の応答性を大幅に向上させる可能性があります 。AMDは間違いなく、新しいチップでIntelのLGA 2066とLGA 3647製品の両ラインを目指します。一方、Intelは、今後のCore-XシリーズはSkylake-Xに比べて1ドルあたり2倍のパフォーマンスを備えたはるかに優れた価値提案を提供すると述べていますが、実際のベンチマークとレビューではまだ見られません。

AMD Ryzen Threadripper Generation Comparison

Family NameAMD 1st Gen Ryzen ThreadripperAMD 2nd Gen Ryzen ThreadripperAMD 3rd Gen Ryzen Threadripper
CPU ArchitectureZen 1Zen+Zen 2
Process Node14nm12nm7nm
Max CPU Cores163264?
Max CPU Threads3264128?
PCIe SupportPCIe Gen 3.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 4.0
Max PCIe Lanes6464128?
Max L2 Cache8 MB16 MB32 MB?
Max L3 Cache32 MB64 MB256 MB?
SocketTR4TR4TBD
ChipsetX399X399TRX40, TRX80, WRX80
Launch201720182019