NVIDIA Ampereは2020年予定、Samsungの7nmで製造へ

(Source:WCCF Tech)

NVIDIAの次世代GPUとなる「Ampere」は2020年にローンチ予定で、Samsungの7nm EUVプロセスで製造されるそうです。

WCCF TechではNVIDIAの「Ampere」がECCの認証を通ったことを以前報じていましたが、その最新情報となります。今回のDigiTimesの記事で、「Amepere」が2020年の予定であることがわりました。おそらくNVIDIAは「RTX」の哲学を継続し、「Ampere」では次の段階へと進むと見込まれる。「Turing」は軽度から中等度のPath traging worlkloadsとして、1080p、3ofpsでRay Tracingを扱うことが出来るが、「Ampere」ではより強化されると見込まれます。 

もう1つ今回の報道でわかったのは「Ampere」がSamsungの7nm EUVプロセスを用いることだ。プロセスの進化により、電力効率と性能の向上が見込まれます。

元のDigiTimesの記事は現時点では限定公開となっています。

「Ampere」の名を持つGPUについては紆余曲折があり、かつては現在の「Turing」に相当するGPUが「Ampere」だと噂されていたが、今回言われている「Ampere」は「Turing」次の世代のGPUになります。

現行の「Turing」はTSMC 12nmでの製造ですが、7nm EUVプロセスへの移行により、性能と電力効率の向上が見込まれると説明されている。TSMCからSamsungにファウンダリが移った理由は明確ではないが、過去にもNVIDIAはSamsungでGPUを製造しており、何かしらの理由(よりよい条件を提示された、あるいは製造容量や性能の問題)でファンダリが移ったとしても不思議ではないものです。(ちなみに、GP107がSamsung 14nmで製造されたGPU)WCCF Techの文章からはとりあえずNVIDIAが7nmのタイミングでEUVプロセスに移りたかったように捉えられます。