ゲーミングPC向け NVIDIA GeForce GTX1070 GDDR5X搭載製品発表

3連ファンクーラーを搭載する  ZOTAC GeForce GTX 1070 AMP Extreme Core GDDR5

NVIDIAはGDDR5Xを山のように在庫をもっているようです。同じく在庫が山になっているGP104と組み合わせてRefreshした製品を投入しています。先にはGeForce GTX 1060の派生品としてGPUコアにGP104を、メモリにGDDR5Xを搭載したGeForce GTX 1060 (GDDR5X) が登場。今度はより高速なモデルであるGeForce GTX 1070にGDDR5X搭載版が登場しました。スペックはメモリがGDDR5Xとなる他は従来のGeForce GTX 1070ということです。

GDDR5X搭載GeForce GTX 1070はまずZOTACから登場しました。

型式 ZOTAC GeForce GTX 1070 AMP Extreme Core GDDR5

  • GPU:GeForce GTX 1070
  • CUDA数:1,920基
  • コアベースクロック:1,607MHz(リファレンス1,506MHz)
  • コアブーストクロック:1,797MHz(リファレンス1,683MHz)
  • メモリクロック:8,000MHz
  • ビデオメモリ:GDDR5 8GB
  • メモリバス幅:256bit
  • 出力インターフェイス:DisplayPort1.4×3、HDMI2.0b×1、DualLink DVI-D×1
  • VGAクーラー:IceStorm
  • バスインターフェイス:PCI-Express3.0(x16)
  • 補助電源:8pin×2
  • 外形寸法:325×148×56.6mm

メモリの速度は8Gbpsで、GDDR5Xを搭載するもののGeForce GTX 1080のように10Gbpsとはなっていません。GeForce GTX 1060のGDDR5X版もGDDR5からGDDR5Xに変更したにもかかわらず、メモリの速度が上昇していませんでした。今回のGeForce GTX 1070においてもメモリの速度はGDDR5版と同じ8Gbpsで、このスペックであればあえてGDDR5X版を搭載する意味に首をかしげてしまいます。GeForce GTX 1060にしろGTX 1070にしろ余剰のGDDR5Xの整理のためだけに出しましたと宣言しているようです。