AMD CPUロードマップ!?

今後予定されている、「Zen 2」や「Zen 3」を使用したデスクトップ向けProcessorのコードネームが公になりましたね。

2017 2018 2019 2020
HEDT Threadripper Threadripper2nd Gen Castle Paek Next Generation HEDT
AM4 CPU Summit Ridge Pinnacle Ridge Matisse Vermeer
AM4 APU Bristol Ridge Raven Ridge Picasso Renoir

HEDT向けの「Castle Peak」を除くと、2019年以降のCPU/APUは画家の名前がコードネームになっていますね(マティス、ピカソ、フェルメール、ルノワール)。2018年は、「Zen+」で、「Pinnacle Ridge」と「第2世代Threadripper」が登場するのは目新しいものではありませんね。AM4 APUには、「Zen」世代の「Raven Ridge」でこちらは既に流通し、年度末商戦の起爆剤になっているようです。2019年は、少なくともHEDT向けとAM4 CPUは、「Zen 2」に移行し、前者が「Castle Peak」、後者が「Matisse」。同時期のAM4 APUである「Picasso」は、以前“Zen+”世代ともいわれていましたが、「Zen 2」世代と認識されているようです。(「Picasso=Zen 2」世代とすると、「~Raven Ridge」は「Zen / Zen+」、画家シリーズは、「Zen 2 / Zen 3」となる)。2020年は、AM4 CPUが「Vermeer」、AM4 APUが、「Renoir」で、「Zen 3」世代と考えられている。AMDは、2020年までのCPUアーキテクチャを「Inflection」の世代と「Optimization」の世代を交互に繰り返すことをロードマップ上で明らかにしています。「Inflection」の世代は新たなプロセス技術と新CPUコアが導入される世代、「Optimization」の世代はプロセスの成熟と効率性の向上を行う世代となる。「Zen」は14nmプロセスと「Zen」そのものの導入の世代で、「Inflcetion」の世代、「Zen+」は14nmプロセスを改良した12nmプロセスとアーキテクチャの改良を行う「Optimization」の世代になります。
「Zen 2」では新プロセスとして7nmへ、またCPUアーキテクチャにも手が加わり、「Inflection」の世代となります。「Zen 3」は7nm+の予定で、7nmプロセスが一世代成熟したもの。CPUアーキテクチャについては、中身はほとんど伝わっていない。「Zen 2」を何かしらの形で改良される(マイナーチェンジにとどまるか大幅改良されるのか不明)のは確かの様です。日本オリンピックイヤーくらいまで、Intelとシーソーゲームをするのは間違いなさそうで、DIYユーザーは十分に楽しめる事が判明したように感じます。