MCJ 第8世代CPU インテル® Core™ i7-8700K 搭載ゲーミングPC 10月13日(金)販売開始

MCJが、ゲーミングPCブランド「G-Tune」より、最新の第8世代6コア12スレッドCPU「インテル® Core™ i7-8700K プロセッサー」を搭載したハイエンドゲーミングPC「MASTERPIECE i1630PA1-SP」を2017年10月13日(金)午前10時より販売開始すると発表しました。最新の第8世代CPUと、高性能グラフィックス「GeForce® GTX 1080 Ti」を搭載。これにより、高負荷な3DCGや物理演算を活用したゲームプレイの挙動を高速化。また、冷却性や外付けデバイスの拡張性も高く、M.2形状のSSDの冷却性を向上させるM.2シールドの搭載や、様々な外付けデバイスに対応可能なようにUSB3.1ポートなどの複数のI/Oポートを内蔵。周辺機器には、高精度レーザーセンサーを内蔵したゲーミングマウス「G-Tune Laser Mouse」と、ゲームプレイに特化したゲーミングキーボード「G-Tune Mechanical Keyboard」が付属しているので、製品ご購入後、すぐに快適なゲームプレイ環境を整えることができます。製品価格は 299,800円(税別)。詳細はこちら→

製品特長

■最新6コア12スレッドCPUと高性能グラフィックス搭載による高速映像処理
最新の6コア12スレッドCPU「インテル® Core™ i7-8700K プロセッサー」と、高性能グラフィックス「GeForce® GTX 1080 Ti」を搭載しており、高負荷な3DCGや物理演算を高速に処理することができ、快適なゲームプレイを実現します。また従来の4コア8スレッドCPUである「インテル® Core™ i7-7700K プロセッサー」を搭載した製品と比べ、コア数だけではなく最大周波数が4.50GHzから4.70GHz、キャッシュが8MBから12MBに増大しており、高速な処理が求められるゲーミングパソコンに最適なプロセッサーとなっております。

■M.2 SSD向けM.2シールドを搭載し、冷却性能を向上
本製品は、標準で M.2 SSD 向け M.2 シールドを搭載しています。これにより放熱性を高め、M.2 SSD に負荷がかかる際の高熱化を抑制することが可能です。特に、高速なデータ転送を可能にするものの、発熱が大きい傾向にある、PCI Express 接続の NVMe 対応 M.2 SSD に対して信頼性を高めることができます。

■USB3.1ポートなどの複数のI/Oポートを内蔵
様々な外付けデバイスに対応可能なように、複数のI/Oポートを内蔵しています。高速なデータ転送を可能とするUSB3.1ポートをType-A形状で2ポート(Gen2 背面×2)搭載しています。また、VRデバイスなどの接続に使用されるUSB3.0ポートをType-A形状で6ポート(前面×2、背面×4)内蔵し、旧来の周辺機器に採用が多い、USB2.0ポートも2ポート(前面×2)内蔵しているためレガシーな周辺機器にも対応する柔軟性を備えています。

高精度レーザーセンサーを搭載したゲーミングマウスが付属。
8200 DPIの非常に高精細なレーザーセンサーを内蔵したゲーミングマウス「G-Tune Laser Mouse」が付属します。DPIアップ/ダウン切り替えボタンとLEDインジケータを搭載しており、ゲームプレイ中の様々な環境の変化に合わせて即座にマウス動作を変更、DPI設定状態を確認することができます。

■ゲームプレイに特化したゲーミングキーボードが付属
ゲームプレイ時に使用頻度が高いスペースキーに100mmのスペースを確保したオリジナルのキーレイアウトを採用した、ゲーミングキーボード「G-Tune Mechanical Keyboard」が付属します。高速な動作とスムーズな打鍵感を実現するCherry MX 黒軸 メカニカルキースイッチを採用しており、キースイッチは堅牢なアルミニウム合金のトップフレームに実装されています。押下圧力は60g、2.0mmで反応するキースイッチが良好なレスポンスを提供し、5000万回のキーストローク耐久性でハードなゲームプレイ環境をサポートします。

関連記事