AMDは、2025年までにデータセンターの30倍のエネルギー効率目標

人工知能とデータセンターのテクノロジーは、主要なテクノロジーの巨人であるAMD、Intel、NVIDIAのおかげで、昨年よりも大幅な進化を遂げています。昨年、AMDは、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)のワークロードとともに、このテクノロジーの研究開発を強化するためのビジネス戦略を設計しました。同社は、今後5年間で、2020年の重点分野と比較して特定の分野を30倍に拡大する予定です。AMDは現在、将来に備えており、業界とともに進化するための次世代データセンターの今後数年間の進歩に対する新たなニーズを認識しています。

AMDは、グラフィックカードおよびプロセッサ向けのAIおよびHPCアプリケーションの作業に注力

AMDは今週、さまざまな技術の進化とともに、現在の状況に関する情報を公開しました。AIセクションとHPCセクションの高速プラットフォームのエネルギー効率は、数年前からほぼ7倍向上しています。このテクノロジーには、AMD EPYCプロセッサライン、および同社のInstinctコンピューティンググラフィックスカードが含まれます。

過去2年間で、同社は1つの次世代プロセッサフ​​ァミリ、第3世代EPYCライン、およびAMDのCDNAテクノロジ構造に基づく2つの異なるグラィックカードを発売しました。AMDは、AIおよびHPCテクノロジーに焦点を当てるために、最後の2枚のグラフィックカードを厳密に作成しました。現在、現在のマシンは64-c EPYC7003ベースのCPUと4つのAMD Instinct MI250コンピューティングアクセラレータを利用しており、4つのMI50 Instinctアクセラレータを組み合わせた場合の約14倍のFP16 TFLOPSに達します。AMD Instinct MI250アクセラレータのバッチは、CDNA 2.0、1.0〜1.7GHzで処理する13312 SP、および500Wの消費電力で構成されています。そして、これはすべて、2020年に設定した同社の30×25の目標に沿ったものです。

AMDの30×25コンセプトは、AMDデータセンターデバイスの最も基本的な用語でパフォーマンスを拡張することを含むマルチパスガイドです。このコンセプトにより、同社は消費電力あたりのパフォーマンスの有効性をさらに高め、アプリケーションの最適化を実行し、製品スタックに注力して実行を強化し、電力使用率を下げることができます。2020年のハードウェアベースラインと比較すると、AMDはその目標に近づくでしょう。

「30×25の目標を達成するためにさらに多くのことがありますが、エンジニアの仕事に満足しており、これまでの結果に勇気づけられています。毎年進捗状況を報告しているので、ぜひチェックインしてください。」

—AMDの最高技術責任者であるMark Papermaster

30×25ベースライン比較用のAMDのマシンは、 AMD EPYC 7742プロセッサに基づくサーバーであり、64コア/128スレッドで構成されています。ブーストクロックは2.25GHz〜3.40GHzで、メモリ容量は256MB、消費電力は225Wです。4つのInstinct MI50コンピューティンググラフィックスプロセッサは第5世代のGCNであり、3840ストリームプロセッサが1450 MHz〜1725 MHzで動作し、300Wの電力レベルを消費します。AMDのスーパーコンピュータは、三角測量データの初期化を使用して、4KマトリックスDGEMMでMI50コンピューティンググラフィックスプロセッサーごとに5.26 TFLOPSを生成し、4KマトリックスでFP16の21.6 TFLOPSを生成し、1582Wの電力を消費しました。

このプロセステクノロジでは、AMDが96コアDDR5メモリをサポートする第4世代EPYCプロセッサへ移行すると、DDR5メモリへの変更により電力消費レベルが低くなるため、エネルギー効率が向上します。AIおよびHPCアプリケーションでのCDNAパフォーマンスの継続的な改善により、ソフトウェアとハ​​ードウェアの進化により効率が向上します。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)