NVIDIA GeForce RTX3090Tiの遅延は、450W GA102GPUの歩留まりに関している可能性あり?!

CES 2022に振り返って、NVIDIAはその主力製品であるGeForce RTX3090Tiグラフィックスカードについて、ゲーマーに月末の詳細情報をお楽しみにとお願いしました。私たちは2月に入って3日を過ぎており、NVIDIAはRTX3090Tiグラフィックカードを忘れているか、新しいフラッグシップで何かが本当に悪くなっているようにしか考えられないです。

NVIDIA GeForce RTX3090Tiの遅延は、十分な「フルファット」G102 GPUの調達に関係している可能性

現在、APAC市場にUSD$4000を超えるカスタムモデルがリストされています。Moore’s Law is Deadによる最新のビデオでは、NVIDIAがAIBパートナーと沈黙しており、GeForce RTX3090Tiグラフィックスカードに関してこれまで何も連絡していないことが報告されています。グラフィックカードは1月下旬に発表される予定でした。27日は噂の工場で知った最後の日でしたが、それは起こりませんでしたが、どちらもグラフィックカードに関する発表を見ていませんでした。それで、問題は何なのか? まあ、それはまだすべて単なる憶測ですが、MLIDの情報源は、私たち自身の情報源からも聞いたことがあるいくつかのことを指摘しています。まず、カードにPCBおよびBIOS関連の問題があり、後で解決されたことが報告されました。しかし、RTX3090Tiの最新版では、NVIDIAにはGeForceフラッグシップを意味のある量で生産するのに十分なAmpere GPUが不足しているようです。

NVIDIA GeForce RTX3090Tiは、RTXA6000に搭載されているのと同じGA102GPUを使用しており、元のGeforce RTX 3090が発売されてから1年以上経過しているため、Samsungでの歩留まりが向上していると予想されます。しかし、RTX 3090TiはGA102GPUだけを使用するのではなく、すべてが有効になっているフルファットダイを備え、クロック速度も高いため、TGPは350Wから450Wに跳ね上がりました。そして、適切な電力で適切なクロックを打つAmpere GA102ダイを製造することは、NVIDIAにとって困難な作業であることが証明されているようです。

しかし、GPUなどの製造が非常に難しいことを知っていたのに、なぜNVIDIAがGeForce RTX 3090Tiを最初に展示したのかという疑問が生じます。代わりに、カードを発表する適切な時期を待つこともできましたが、AMDがRDNA 2をどこかで更新することを知っていたので、彼らはまだ丘の王になるだろうと声明を出したいと考えていました。私たち全員が却下しているように見える他の要因は、3090Tiのメモリ側に電力を供給する新しい21Gbpsダイが大量に利用可能かどうかです。これらのダイはより高速で容量を2倍にする予定であり、GDDR6Xはすでに元のラインナップの生産における大きな制約でした。なので、それも考慮しなければなりません。

しかし、NVIDIA GeForce RTX3090Tiは「無期限に」遅れている状態ですが、未リリースのカスタムモデルをリストし、USD$4000前後の価格設定をしている小売業者がまだいくつかあります。ベトナムのそのような小売業者の1つは、GALAXのゲーマーEXブラックモデルの約8,800万ドンからの価格で予約注文を開始しました。これは、メーカーが提供しなければならないトップモデルでもありません。GALAXのトップモデルであるHOFExtremeは、約USD$6000以上の価格になる可能性があります。ベトナムでの入手可能性について私たちの情報源に尋ねたところ、彼は、カードの全額を支払うバイヤーは実際にグラフィックカードを手に入れることができると述べました。また、いくつかのメーカーはすべてのマーケティングの準備ができており、MSIのSUPRIM Xモデルがオンラインでリストされ、ASUSのTUF Gamingパッケージがリークされ、EVGAはすでに主力のKINGPIN Hybridの準備ができており、NVIDIAの注目を集めています。

(Source:wccftech)

関連記事