次世代 AMD RDNAゲーミングGPUには、機械学習機能を備えたプライマリGPUにスタックされたアクセラレータダイ?!

(Source:wccftech)

AMDの次世代RDNA GPUは、反復ごとに技術的に進歩しており、MCMテクノロジーはほんの始まりに過ぎません。AMDが公開した特許では、Coreteksが発見したように、チップメーカーが次世代GPUにスタック型アクセラレータダイを追加することについて説明しています。

AMDの次世代RDNA GPUは、機械学習機能を備えたプライマリGPUでスタックされたアクセラレータダイを搭載する可能性あり

GPU向けのAMDのMCMソリューションは、すでに最先端のテクノロジーを使用しており、チップレットベースのアーキテクチャで3D Infinity Cacheテクノロジーを搭載した次世代のRDNA GPUの噂もあります。最新の噂では、別のテクノロジーが次世代のRDNA GPUに登場する可能性があり、それはAPDまたはAccelerated ProcessorDieです。機械学習タスクを実行するように設計された、メインGPU(おそらくスタックチップレット)に統合されたダイと考えてください。

特許内に掲載されている2つの図では、APDダイは、メモリと機械学習アクセラレータダイの両方であり、メモリ、機械学習アクセラレータ、メモリ相互接続、ダイ間相互接続、およびコントローラが含まれていると記載されています。APDダイ内のメモリは、APDコアダイのキャッシュとして使用することも、行列乗算操作などの機械学習アクセラレータで実行される操作で直接使用することもできます。

APDコアダイでシェーダータスクを実行するように要求されると、ユニットは、機械学習算術論理ユニットのセットに、1つ以上のダイ間相互接続を介して機械学習タスクのセットを実行するように指示します。これらの特殊なAI / MLコアは、ゲーム側のDLSSスイートを強化し、DNNおよび機械学習タスクのHPCフロントを支援するNVIDIAのTensorコアに対するAMDの答えとなる可能性があります。このような特殊なコアは、特定のタスクをこれらのGPU支援アクセラレータにオフロードすることで企業がより高いパフォーマンスを発揮するため、RDNA3などの次世代GPUの主要コンポーネントになります。

機械学習アクセラレーター用のAMDスタックダイ特許の数字



このような特許が突然実現するわけではありません。これは12月2日に公開され、AMDはすでにその主力製品であるRDNA 3GPUをテープアウトしたと噂されています。APDが積み重ねられたチップレットになった場合、後でRDNA 3が大量生産されたときに簡単に統合できる可能性があります。そうでない場合は、RDNA4またはまったく別のものになってしまう可能性があります。パフォーマンスの向上に役立つのであれば、ゲーミングGPUに統合されることを望んでいる興味深いテクノロジーの1つです。

関連記事