NVIDIA 次世代AdaLovelace GeForce RTX40 GPUはAmpereの2倍の速度ですが2倍の電力を必要とする可能性あり

(Source:wccftech)

NVIDIA Ada Lovelace GPUベースのGeForce RTX40シリーズグラフィックスカードは、2022年の主要な発売の1つです。新しいラインナップは、Ampereの2倍以上のパフォーマンス向上をもたらすと期待されていますが、これまでで最も電力を消費するラインナップの1つでもあります。

NVIDIA Ada Lovelaceを搭載したGeForceRTX 40 GPUは、Ampereよりも2倍の速度と2倍の消費電力

噂は、AMDとNVIDIAの次世代GPUの発売に関する詳細を積極的に共有しているGreymon55からのものです。彼の新しいツイートで、リーカーは、NVIDIAのGeForce RTXグラフィックスカードの次のアーキテクチャであるAda Lovelaceが、2倍のパフォーマンスを実現するだけでなく、消費電力も2倍になると主張しています。

以前のレポートに基づくと、AMDとNVIDIAの両方の次世代GPUが2倍以上のパフォーマンス向上を提供することになりますが、電力も劇的に増加するため、これは妥当なジョア法であると思われます。

NVIDIA Ada Lovelace GPUは、AMDのRDNA3ベースのRadeon RX7000シリーズグラフィックスカードと競合します。NVIDIAによるMCMの使用に関してはまだいくつかの推測があります。Hopper GPUは、主にデータセンターとAIセグメントを対象としており、 間もなくテープアウトされるとされており、MCMアーキテクチャを備えています。NVIDIAはAda Lovelace GPUでMCMデザインを使用しないため、従来のモノリシックデザインのままです。Ada Lovelace GPUは、TSMCの5nmプロセスノードを利用することが期待されており、アーキテクチャ上、一連の重要な革新をもたらします。

以前に噂されていた仕様は、コア仕様の大幅な更新を示しています。NVIDIA AD102「ADA GPU」は、Kopiteによって提供された暫定仕様(変更される可能性があります)に基づいて、18432 CUDAコアを備えているようです。これは、すでにTuringから大幅にステップアップしたAmpereに存在するコアのほぼ2倍です。2.2 GHzのクロック速度では、81  TFLOPの計算パフォーマンス(FP32)が得られます。これは、FP32計算能力の36TFLOPを搭載した既存のRTX3090の2倍以上のパフォーマンスです。

同時に、これらの巨大なパフォーマンスの数値は、全体的な電力消費量の増加を犠牲にして成し遂げられます。NVIDIAは、450WのTGPを備えたRTX3090Ti(伝えられるところによると最初のPCIe Gen 5.0グラフィックスカード)を出荷することがすでに期待されています。Ada LovelaceベースのGeForce RTX40シリーズは、最終的に500Wをはるかに超えるTDP、さらには約600Wになると予想されています。そのため、このようなハイパワーフィギュアをサポートできる新しいコネクタタイプが次世代のグラフィックスカード向けに設計されています。

Kopite7kimiもしばらくの間NVIDIA Ada Lovelace chipsのいくつかの仕様の詳細を示唆しています。

NVIDIA CUDA GPU (RUMORED) Preliminary

GPUTU102GA102AD102
ArchitectureTuringAmpereAda Lovelace
ProcessTSMC 12nm NFFSamsung 8nm5nm
Graphics Processing Clusters (GPC)6712
Texture Processing Clusters (TPC)364272
Streaming Multiprocessors (SM)7284144
CUDA Cores46081075218432
Theoretical TFLOPs16.137.6~80 TFLOPs?
Flagship SKURTX 2080 TiRTX 3090RTX 4090?
TGP250W350W450-600W?
ReleaseSep. 2018Sept. 202022 (TBC)

NVIDIA Ada Lovelace GPUファミリーは、Maxwellと同様の世代交代をPascalにもたらすことが期待されています。2022年第4四半期後半に発売される予定ですが、GPUの供給と可用性に基づいて、2023年に延期される可能性があります。