次世代RadeonRX7000グラフィックスカード用のAMDNavi 33 RDNA 3 GPUは、4096コアを搭載

(Source:wccftech)

Greymon55からの新しい噂では、次世代のRadeon RX7000シリーズグラフィックスカードに電力を供給するAMDのRDNA3ベースのNavi33 GPUは、当初の予想よりも少ないコアを搭載しているようです。

AMD Radeon RX 7000’RDNA 3’Navi 33 GPUは4096コアを搭載すると噂され、パフォーマンスはNavi21よりも高速

以前、Greymon55はRDNA3ベースのNavi33 GPUで最大5120コアまたは20WGPを記述していましたが、彼の最新の情報は、WGPとコア数が少ないことを示唆しています。しかし、それは全体的なパフォーマンスが変化したことを意味するものではありません。数は少ないものの、Navi 33 GPUは、現在AMDのハイエンドセグメント向けのフラッグシップRDNA2チップであるNavi21GPUよりも高速なGPUパフォーマンスを提供します。

Radeon RX7700シリーズ用AMDRDNA 3 Navi 33 GPU

AMD Navi 33 GPUは、RDNA3ファミリー内のモノリシックセグメントを開始します。GPUは単一のダイを備えています。ダイはフラッグシップのNavi21 GPUと非常によく似ており、製造に6nmプロセスノードを利用することが期待されています。

フラッグシップのRadeonRX 7600XTグラフィックスカードに電力を供給するAMDの次世代RDNA3ベースのNavi33GPUの予備的なブロック図。 (画像クレジット:Olrak)

Navi 33 GCDには2つのシェーダーエンジンが搭載され、各シェーダーエンジンには2つのシェーダーアレイがあります(SEごとに2つ/合計4つ)。各シェーダーアレイは、以前は5つのWGP(SEあたり10 /合計20)で構成されると予想され、各WGPは32のALUを備えた8つのSIMD32ユニット(SAあたり40 SIMD32 / SEあたり80 /合計160)を備えています。これらのSIMD32ユニットは、RX 6900 XT(Navi 21 XTX GPU)と同じコア数である5120コアを構成するために組み合わされます。ただし、新しい数値に基づいて、RDNA 3 Navi 33GPUは合計16個のWGPまたは4096個のコアを備え、これが更新されたチップ自体の特定の構成なのか、新しいRadeon RX7000カードが各シェーダーアレイで1つのWGPが無効になっているNavi33チップのカットダウン構成であるのかわかりません。

興味深いことに、Kopite7kimiは、Navi33はGFX11アーキテクチャでのNavi23の代替品であると述べていますが、Navi 23は2048コアしか搭載しておらず、Navi33で搭載されているとされる量の半分です。Navi23GPUはRadeon RXで搭載されています。 6600シリーズカード。AMDがRX7900シリーズに電力を供給するNavi31、RX7800シリーズに電力を供給するNavi32、およびRX7700シリーズに電力を供給するNavi33でラインナップを一段上に移動したい場合を除き、Navi33がAMDのRX7600シリーズのラインナップに電力を供給すると想定できます。RX 7600のラインナップ以下は、ここで報告されているように、更新された6nm RDNA 2GPUに基づいていることになります。

AMD RDNA 3 Navi 3X GPU Configurations (Preliminary)

GPU NameNavi 21Navi 33Navi 32Navi 31
GPU Process7nm6nm5nm/6nm5nm/6nm
GPU PackageMonolithicMonolithicMCMMCM
Shader Engines424 (2 per GCD)6 (3 per GCD)
GPU WGPs402040 (20 per GCD)60 (30 per GCD)
SPs Per WGP128256256256
Compute Units (Per Die)804080120
160 (Total)240 (Total)
Cores (Per Die)5120512051207689
Cores (Total)512051201024015360
Memory Bus256-bit128-bit192-bit256-bit
Memory TypeGDDR6GDDR6GDDR6GDDR6
Infinity Cache128 MB256 MB384 MB512 MB
Flagship SKURadeon RX 6900 XTXRadeon RX 7700 XT?Radeon RX 7800 XT?Radeon RX 7900 XT?
TBP330W~200W~300W~400W
LaunchQ4 2020Q4 2021?Q4 2021?Q4 2021?

Navi 33(RDNA 3)は、256MBのInfinityキャッシュを搭載する予定です。各GPUは、2つのメモリ接続リンク(32ビット)も備えている必要があります。これは、128ビットバスインターフェイス用の合計4つの32ビットメモリコントローラーです。これにより、AMD Radeon RX7600シリーズのパフォーマンスがRX6800およびRX6900シリーズを約200WのTDPで上回ります。Navi 33 GPUは間もなくテープアウトされ、2022年10月頃に発売される予定です。

AMD RDNA Generational GPU Lineup

Radeon LineupRadeon RX 5000Radeon RX 6000Radeon RX 7000Radeon RX 8000
GPU ArchitectureRDNA 1RDNA 2RDNA 3 / RDNA 2RDNA 4
Process Node7nm7nm5nm/6nm?5nm/3nm?
GPU FamilyNavi 1XNavi 2XNavi 3XNavi 4X
Flagship GPUN/ANavi 21 (5120 SPs)Navi 31 (15360 SPs)Navi 41
High-End GPUNavi 10 (2560 SPs)Navi 22 (2560 SPs)Navi 32 (10240 SPs)Navi 42
Mid-Tier GPUNavi 12 (2560 SPs)Navi 23 (2048 SPs)Navi 33 (5120 SPs)Navi 43
Entry-Tier GPUNavi 14 (1536 SPs)Navi 24 (1024 SPs)Navi 34 (2560 SPs)Navi 44