XeHPGゲーミンググラフィックスカード「DG2」プロトタイプがサンプリング中

(Source:wccftech)

IntelはGPUの野心に真剣に取り組んでおり、同社はISC 2021で、以前はDG2として知られていたXeHPGプラットフォームが現在パートナーにサンプリングされていることを発表しました。これは、設計とプロトタイピングが完成しただけでなく、会社がサンプリングと生産という旅の最終段階に入っていることを意味するため、これは大きなマイルストーンです。これはまた、ゲーマーが6か月以内に、おそらくCES2022で、最初のIntelディスクリートグラフィックスカードを目にする可能性が高いことを意味します。

ゲーマーにとって朗報!!IntelのXeHPGプロトタイプ「DG2」がIntelパートナーにサンプリング中

先週、Intelは会社を再構築してグラフィックスを中心に据え、IntelGPUチーフのRaja Koduriが率いる新しいビジネスユニットであるAccelerated Computer Systems and Graphics(ACSG)グループを作成しました。これはIntelの「Radeon」のようなものですが、名前に関しては確かにそれほどセクシーではなく、NVIDIAとAMDの複占を破る(そしてそれをトリオポリーに変える)ことに会社がどれほど真剣に取り組んでいるかを示しています。

IntelのXeHPGは、それぞれ8つのALUを備えた最大512の実行ユニットを提供する予定であり、合計4096のALU(またはコア)を構成します。ただし、実際には最大448のEUの大まかなパフォーマンスをすでに確認しており、失望することはありません。これはIntelの絶対的な最初の試みであることを念頭に置いて、最初のハードルは高くなく、商用のミッドエンドGPUには満足していましたが、Xe HPGのため、Rajaはそのハードルをさらに上げたものを用意することを計画しているようです。実際には、448EUレベルでNVIDAIのRTX3070と一致し、512EUレベルでそれを上回るはずです。


ただし、IntelがDG2をサンプリングしていると言った場合、デスクトップ製品ではなくGPUのモビリティバージョンについて話している可能性が高いことに注意する必要があります(両方とも個別になります)。これは、私たちが見ている最初の数値は電力効率に焦点を合わせており、TDPは最大消費電力100Wに制限されていることを意味します。デスクトップの状態では、苦労せず簡単に最大150Wに達する可能性があり、モビリティチップに表示されている1.8〜1.9 GHzのクロックは、2.0〜2.1GHzのマークを簡単に超えるはずです。

Intel Xe-HPG DG2 GPU Expected Specs

GPU VariantGPU SKUExecution UnitsShading Units (Cores)Memory CapacityMemory BusTGP
Xe-HPG 512EUDG2-512EU512 EUs409616/8 GB GDDR6256-bitTBC
Xe-HPG 384EUDG2-384EU384 EUs307212/6 GB GDDR6192-bitTBC
Xe-HPG 256EUDG2-384EU256 EUs20488/4 GB GDDR6128-bitTBC
Xe-HPG 192EUDG2-384EU192 EUs15364 GB GDDR6128-bitTBC
Xe-HPG 128EUDG2-128EU128 EUs10244 GB GDDR664-bitTBC
Xe-HPG 96EUDG2-128EU86 EUs7684 GB GDDR664-bit~120W

このレベルのパフォーマンスは、4K 60標準を超えることを計画しておらず、レイトレーシングのハードウェアサポートがあることを考慮すると、機能に関してはNavi GPUの現在のラインナップよりもすでに進んでいる大多数のゲーマーにとって十分すぎるほどです。レイトレーシングのハードウェアサポートのおかげで、XeSSの形式で実際のDLSS競合他社も登場します。これは、機械学習/モーションベクトルでサポートされるアップスケーリングの形式です。

IntelがXeSSを適切に実行できれば、Xe HPGが提供する価値は、もちろん、マイニングパフォーマンスが悪いと仮定すると、絶対に驚異的です。驚くべきマイニングパフォーマンスがあることが判明した場合(そして、そうでないことを示唆するものは何もないことを認めます)、このGPUの価格も高騰する可能性があります。Xe HPGがTSMCプロセスで製造されることを考えると、供給上の利点もありません。ただし、確かなことが1つあります。それは、GPUの展望は、いまいましいものを購入できるかどうかにかかわらず、非常に競争が激しくなっているということです。