NVIDIAが今月RTX2060の供給を削減し、GeForce RTX30シリーズGPUの生産能力を向上

(Source:wccftech)

NVIDIAは、古いGPUの供給を停止することにより、GeForce RTX30シリーズGPUの生産を増やすことを計画しているようです。レポートはITHomeからのもので、アジア太平洋地域の技術関係者は、NVIDIAが古いGPUの供給を半分に減らして、新しいチップに集中することを期待していると述べています。

NVIDIAは今月GeForceRTX 30シリーズの供給を優先すると予想し、Ampere GPUの生産能力の増加は、2021年下半期の株価と価格の改善へ

今年の初めに、NVIDIAはRTX 2060、GTX 1660 SUPER、GTX 1650Tiなどの古いGeForceRTX20シリーズとGeForceGTX 16シリーズカードを再導入しました。NVIDIAはまだCMPシリーズを発売しておらず、ゲーマーに何かを届けようと懸命に努力していました。しかし、鉱山労働者が手に入れることができるGPUをまだ飲み込んでいたため、彼らの戦略はそれほど成功しませんでした。先日、CMPシリーズが正式に登場したので、NVIDIAはゲームの供給をAmpere GPUに再び集中させることを決定しました。確かに、Turingアーキテクチャは暗号マイニングユーザーとオンオーダー向けに引き続き作成されます。暗号通貨は過去数週間で大幅に低下し、回復していないようです。これにより、NVIDIAは、古いGPUの生産を再び停止し、AmpereベースのGeForce RTX30シリーズグラフィックスカードなどの次世代部品に移行することができました。

今月から、NVIDIA GeForce RTX 2060グラフィックスカードの供給が半分になり、主要なパートナーへの出荷も大幅に削減されます。この動きで開かれる生産能力は、Ampereアーキテクチャに基づくGeForce RTX30シリーズGPUに優先されます。これはまだGeForceGTX 16シリーズを使用したままですが、これらも今後数か月でカットオフされると予想されます。これにより、GeForce RTX 30チップの生産能力が向上し、2021年の後半までに価格と可用性が正常化される事が期待できます。

NVIDIAは、さまざまな暗号通貨アルゴリズムでのマイニングを制限する新しくAmpere GPU内にLHRの「LiteHashRate」テクノロジーをすでに実装しています。LHRの実装はまだ破綻しておらず、それは本当に良い兆候であり、私たちはこのままとどまることを望んでいます。CMPのラインナップも、NVIDIAの前回の決算報告で報告されているように好調だったため、全体としては順調に進んでいますが、GPUの不足が解消されるまでにはしばらく時間がかかります。