MSI GeForce RTX 3080 Ti 12GBおよびRTX3070 Ti 8GB「SUPRIM」シリーズGPUがリーク、6月販売開始?!

(Source:wccftech)

GPU市場は今のところ、手ごろな価格で入手する事は夢のまた夢ですが、VideocardzはNVIDIAからさらに多くのAmpereベースのカードの情報を受け取りました。RTX3080TiおよびRTX3070 Tiシリーズは、MSIの「SUPRIM」ブランドで紹介され、VRAMのアップグレードが含まれます。RTX 3080Tiは最終的にユーザーが魅力に感じるであろう12GB vRAMを搭載し、RTX 3070TiはRTX3070の8GBメモリです。

MSI RTX 3080 TiSUPRIMとRTX3070 SUPRIMがリークされ、5月に発表、6月に発売か?

Videocardzはまた、MSIのSUPRIMシリーズの製品情報ページのように見えるものを漏らしており、メモリの議論を完全に終わらせる必要があります。RTX 3080 Tiは、10240コアでRTX 3080(基本的にはわずかにカットされたRTX 3090)を大幅にアップグレードしたものです。一方、RTX 3070 Tiは、RTX3070よりもわずかにアップグレードされています。NVIDIA RTX3070Tiは、GA104-400 GPUに基づいており、48個のGPUクラスターに分割された6144CUDAコアを備えています。これは、非Tiよりも正確に2つ多く、RTX 3080よりも20少ないクラスターがあることを意味します。これは、RTX 3070よりも2つ多く、RTX 3080よりも20少ない48個のRTコアを備えています(RTX 3080は68個)。NVIDIAのラインナップのこのセグメントのROPは96であり、クロック速度はまだ確認されていません。これは、19Gbpsでクロックされる8GBまたは16GBのGDDR6Xメモリを備えた256ビットのメモリバスを備えています。現在、RTX3080Tiと一緒に2021年5月にリリースされる予定ですが、これは不安定な供給状況を考慮して変更される可能性があります。

以下は、RTX3070TiおよびRTX3080Tiに関するビデオカードの独占的な詳細を確認するツイートです。


指定されたメモリIDを使用して、使用されているメモリの完全な仕様をトレースできます。
注目すべきはRTX3070Tiが、その名のとおり強力ではないため、RTX3070の代替品として位置付けられています。2つのGPUクラスターの違いだけで、得られるパフォーマンスはそれほど多くありません。一方、RTX3080Tiは、まったく異なるようで、大きな違いがあります。RTX3080Tiには、RTX3080と比較して12個多いGPUクラスターがあり、合計10240コア(RTX 3090より2個少ない)です。80個のRTコアと112個のROPがあります。これは、12 GB GDDR6X vRAMバッファーおよび384ビットバスと結合され、合計912 GB/sになります。それは明らかにカードの怪物であり、仕様からは、RTX 3090のごくわずかな、それほど強力ではない代替品であり、NVIDIAのAmpereラインナップの真のフラッグシップであるようにも見えます。

Videocardzによると、グラフィックカードは5月29日に発表され、6月の最初の2週間に発売される予定です。これらのカードでNVIDIAがマイニングパフォーマンスをどれだけ損なうかを確認することも非常に興味深いでしょう。彼らがそれを十分に不自由にすることができれば、AIBと小売パートナーからMSRPの近くでこれらのカードが利用可能になる事が近い将来にあると期待します。