Intel Rocket Lake Core i7、Core i9CPUのラインナップと仕様

(Source:wccftech)

Intelの今後のRocket Lakeプロセッサーのニュースを待っているなら、今日私はあなたのために何かを持っています。私たちの情報源の1つは、Intelの今後のCorei9およびCorei7 Rocket Lakeファミリの完全な技術仕様を提供してくれました。IntelのRocket Lakeアーキテクチャは、6年以上ぶりの重要なアーキテクチャのアップグレードであり、PCIe4.0を搭載する予定です。これにより、IntelはAMDのPCIe 4.0を搭載したZenプラットフォームと同等になるなど、SkylakeよりもIPCが大幅に向上します。

Intel Rocket Lake Corei7およびCorei9 CPUラインナップ、最終ターボブースト周波数

始める前に、B-0ステッピングは本質的にQSサンプルであり、このリビジョンは通常最終的なものですが、Intelはこれらをさらに磨くことを決定する可能性があることを覚えておいてください。その場合、最終的にはこれよりも優れている可能性がありますが、悪くはありません。同社の主力製品であるRocket Lake CPUであるCore i9-11900Kは、Intelの信じられないほど成熟した14 nmプロセスのおかげで、驚異的な5.3GHzシングルコアと4.8GHzオールコアのブーストにすることができます。

私たちが見ているIPCの増加と相まって、これはAMDのZen3ラインナップに信じられないほどの競争圧力をかけるはずです。この結果より、Intelが2021年にAMDからパフォーマンスの王冠を取り戻したとしても、納得いくものと考えています。Intelは、Corei7およびCorei9ファミリで合計10個のSKUを発売する準備をしています(少なくとも近い将来)。TDPの範囲は、わずか25Wから125Wまでです。エネルギー効率と生のパフォーマンスのどちらを好むかによって、誰にとっても豊富なバリエーションがあります。IntelのフラッグシッププロセッサであるIntel Core i9-11900Kは、5.3GHzの驚異的なシングルコアブーストと4.8GHzのオールコアを備えています。これらは、この速度で動作することが認定されたスーパービンチップであり、まとめて出荷されます。これが14nmであることを考えると、これらのSKUの可用性は非常に良好であるはずです。このファミリには、Core i9-11900KF、Core i9-11900T、Core i9-11900、およびCore i9-11900Fがあります。Intelは、Core i9-11900Tを使用して35W TDPで3.7GHzのオールコアブーストを提供することさえできています。

Core i7パーツの場合、すべてのコアブーストは約4.6 GHzになり、シングルコアブーストは5.0GHzになります。これらは、Core i9パーツよりもはるかに安価な、ビンの少ないものです。それらは、前世代(skylakeベースのuArch)およびPCIe 4.0に比べて18%のIPCの増加を提供しますが、仕様云々よりも現時点で最も重要なことは供給面です。AMDは、TSMCがボトルネックになっているため、Intelは、Rocket Lakeを大量に出荷できれば、市場シェアを獲得する本当のチャンスがあります。14nmに基づいていることを考えると、それだけでは不可能な理由はないと思われます。リークされたベンチマークに基づくと、Corei7ファミリのパフォーマンスはAMDのZen3ベースの製品よりもわずかに劣るか同等になると予想されます。

Rocket Lakeは、ほぼ6年以上でIntelが提供する最もエキサイティングな製品になりつつあります。14nmの成熟度とすぐに利用できるボリュームにより、同社は「プロセス分離」哲学の販売に成功するかもしれません。複数の供給制約(メモリ/材料など)に依存するGPUとは異なり、CPUは主に生産工場に依存します。そしてIntelの工場は14nm用に完全にツール化されており、これは失われた市場シェアの一部を取り戻すチャンスと考えられています。

関連記事