AMD Radeon RX 6800ベンチマークがリーク、RTX3070よりも高速

(Source:wccftech)

最新のAMDRadeon RX 6800「BigNavi」グラフィックカードベンチマークがBasemarkにリークされ、Videocardzによって確認されました。ベンチマークは、来週発売される「BigNavi」GPUベースのRX6000シリーズ製品のパフォーマンスを比較しています。

AMD Radeon RX 6800  GBグラフィックスカードがベンチマークされ、GeForce RTX3070よりも高速

AMD Radeon RX 6800は、少なくとも現時点では印象的なグラフィックカードです。GeForce RTX 30シリーズのライバルに対する完全なパフォーマンスの可能性を知るにはまだ1週間かかりますが、ベンチマークはちょいちょいリークされており、今回のリークは、驚くほど強力なRTX3070をノックアウトすることを示しています。

リークした最新のベンチマークは、AMD Radeon RX 6800(Basemarkデータベース内にRadeon RX 6900シリーズとしてリストされている)を示しています。グラフィックカードは、2つのBigNaviベースのグラフィックカードの残りの部分に電力を供給する同じNavi21 GPUに基づいているため、RX6900シリーズカードとして表示されます。グラフィックカードは、MSI MEG X570 GODLIKEマザーボード、AMD Ryzen 9 3900X(12コア)CPUで構成され、最新のドライバーバージョン(27.20.14501.1206)を実行するX570プラットフォームでテストされました。

パフォーマンスに関しては、AMD Radeon RX 6800(Non-XT)GPUはDX12 APIで14,635ポイント、VulkanAPIで13,846ポイントを獲得しました。GeForce RTX 3070は、Vulkan APIで13,662ポイント、DX12APIで13,368ポイントを獲得しています。GeForce RTX 2080 Tiは、DirectX 12 APIで14,089ポイント、VulkanAPIで14,691ポイントを獲得しています。GeForce RTX 2080 Tiは、Vulkanでわずかに高速に動作するGeForce RTX 3070よりも、VulkanAPIで大きなブーストを受け取ります。

パフォーマンスの数値を見ると、Radeon RX6800はGeForceRTX 3070よりも約7〜8%速く、GeForce RTX 2080 Ti(DirectX 12)よりも4%速く、VulkanAPIと同等です。これらの利点を見ると、Radeon RX6800はRTX3070の手ごわい競争相手であり、小売価格はUSD$80高く、パフォーマンスとメモリが2倍になっています。確かに、カードのTBPはRTX3070の220W TGPと比較して250Wと高くなっていますが、得られるより高いパフォーマンスを見ると、30Wの違いはそれほど重要ではないです。

AMD Radeon RX6800が2.5GHz以上の平均クロックにオーバークロック!

Basemarkベンチマークに加えて、AMD Radeon RX 6800は、オーバークロック時に平均クロック速度2.5GHzで動作していることが示されました。ほんの数日前に、Radeon RX 6800XTについて同様の結果が投稿されました。グラフィックカードの平均消費電力は約208Wで、ピーク時の消費電力は269Wで、250WTBPをわずかに上回っています。GPUの温度は平均60度で、最大63度に達していました。CapFrameXキャプチャ分析ツールを使用して、60秒間しか実行されないもので測定しています。



GPU-Zのリークされたスクリーンショットは、クロックが2.2から2.3GHzのまわりで平均しており、長期使用時には温度が最大74度に保たれていました。GPU温度のホットスポットは95度で報告されています。

AMD Radeon RX 6800XT「BigNavi21XT」GPU搭載16GBグラフィックスカード

AMD Radeon RX 6800 XTには、72個のコンピューティングユニットまたは4608個のSPを備えたカットダウンSKUであるNavi 21 XT GPUが同梱されます。このカードは、256ビットバスインターフェイス全体で16 GBのGDDR6メモリ、512 GB / sの合計帯域幅、およびリファレンス仕様で2015MHzベースと2250MHzブーストのクロック速度も備えています。AMD Radeon RX 6800 XTには、リアルタイムのレイトレーシングワークロード専用の72個のレイアクセラレータも搭載されています。このカードは、300WのベースTBPを備え、工場でオーバークロックされたモデルが350Wを超えています。これは後日販売開始になります。

標準メモリに加えて、Radeon RX6800シリーズグラフィックスカードは、GPUダイに128MBのインフィニティキャッシュも備えています。キャッシュは、1080pHDを超える解像度でより高いパフォーマンスを実現するために帯域幅を増やすのに役立ちます。128MBのInfinityCacheは、標準の512 GB / sの帯域幅を3.25倍に増やし、すべてのBig NaviGPUベースのグラフィックカードで最大1.664TB / sの実効帯域幅を提供します。

AMD Radeon RX6800「BigNavi21XL」GPU搭載16GBグラフィックスカード

AMD Radeon RX 6800グラフィックスカードは、3840ストリームプロセッサの60コンピューティングユニットを備えた、さらに削減されたNavi21「BigNavi」GPUを備えています。AMD Navi 21 XL GPUは、リファレンススペックで1815MHzゲームのクロック速度と2105MHzブーストクロックを備えています。

また、Navi 21 XLGPUを搭載したAMD Radeon RX 6800は、ストッククロックで250WのTBPを備えている可能性があるとも述べられています。このカードは、16 GB GDDR6メモリの同じVRAM構成、512 GB / sのネット帯域幅を提供する16Gbpsでクロックインするメモリを備えた256ビットバスインターフェイスを備えています。

AMD Radeon RX6000シリーズグラフィックスカードの価格と入手可能性

AMDのRadeon RX6900XTのグラフィックスカードは、12月8日になります。AMD Radeon RX 6900 XTの価格はUSD$999と予想されており、AMDがAIBパートナーに計画に含まれる可能性のあるカスタム製品の承認を与えない限り、今年は参照専用モデルになると予想されます。Radeon RX6800XTおよびRadeon RX6800は、それぞれUSD$ 649とUSD$ 579で、11月18日に販売予定です。